「安堵」の意味と使い方!「安堵の胸をなでおろす」とは?【類義語・対義語】

「安堵しました」

「彼は安堵の胸をなでおろした」

「安堵」という言葉は、テレビや小説の中でも時々見聞きしますね。

くだけた会話の中ではあまり聞かないと思いますが、ビジネスシーンでもしばしば使われる言葉です。

使われている状況から考えて、ほっとした、みたいな意味かな?ということはお分かりかと思います。

ですが正確な意味となると、「堵」という見慣れない字も含まれていますし、はっきりとは分かりにくいのではないでしょうか。

よく聞く言葉だけに、きちんと意味や使い方を確認しておきたいですね。

今回は、「安堵」の意味と使い方!「安堵の胸をなでおろす」とは?【類義語・対義語】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「安堵」の意味

「安堵」は「気がかりなことが除かれ安心すること」という意味です。

「あんど」と読みます。

「安堵」には、ほかに「垣根のうちの土地で安心して生活すること」「中世において、権力者から土地所有権を公認されること」という意味もあります。

一般的に現代の生活で「安堵」と言うと最初の意味になります。

心配事がなくなり、緊張から解放され安心することを意味します。

ただ「安心だ」というだけでなく、「心配がなくなる」という意味がある点がポイントです。

「安堵」の「安」は「安心」の「安」ですね。

「堵」の方はあまり使わない漢字かもしれませんが、垣根や囲いを意味する漢字で、そこから「安」と「堵」で垣根の中で安心して暮らす意味になったと言うことです。

さらにそれが転じて「心が安らぐ」「心配がなくなって安心する」という意味になりました。

「安堵」の使い方

「安堵」は上で述べたように、心配事がなくなって安心というときに使います。

「安堵」は「安心」と言い換えても意味は通じますから、話し言葉の時は「安心」と言うことが多いでしょう。

「安堵」はどちらかと言うと書き言葉の時によく使いますし、話し言葉としても親しい友人との会話などではなく、ビジネスシーンや改まった場での会話などで使うような少し難しい言葉です。

「安堵する」といった形が基本ですが、後で述べる「安堵の胸をなでおろす」のような慣用句的な使い方も多いです。

【例文】

  • 彼女の無事を聞いて安堵した。
  • 初めてのイベントが無事成功をおさめて安堵した。
  • 先月の売り上げが集計され、まずまずの結果に安堵する声が上がった。
  • 代表選手に選ばれなくて残念だと思う一方、安堵する自分もいるのだった。

「安堵の胸をなでおろす」とは?

「安堵」はよく「安堵の胸をなでおろす」という言い回しをします。

「安堵の胸をなでおろす」とは、「安堵する」「ほっとする」という意味です。

「胸をなでおろす」だけで「安心、安堵する。ほっとする」という意味なのですが、「安堵の」とつけることでより安堵した様子が強調されますね。

他にも「安堵」は

  • 安堵のため息をつく
  • 安堵の息を漏らす
  • 安堵の声が上がる
  • 安堵の表情を浮かべる
  • 安堵感でいっぱい

などの使い方をします。

いずれも、要は「安堵した」という意味なのですが、「安堵してため息をつく」「安堵して声を上げる」など、その時の気持ちやとったリアクションにより色々なバリエーションがあるわけです。

【例文】

  1. 彼は港の明かりを目にした瞬間、ようやく無事に航海を終えたのだと安堵の息をついた。
  2. 彼女は物音にビクッとしたが、野良猫だとわかって安堵の息を漏らした。
  3. 彼が姿を見せ、無事でいたことにひとまず安堵の声が上がった。
  4. 彼女は救出された時安堵の表情を浮かべた。
  5. 試合後のインタビューで、彼は「今は安堵感でいっぱいです」と述べた。

「安堵」の類義語

「安堵」の類義語、言い換え表現には次のようなものがあります。

  • 安心(気がかりなことがなく心が落ち着き安んじること)
  • 人心地(生きた心地。ほっとくつろいだ感じ)
  • 心ゆるび(気持ちがくつろぐこと)
  • 一安心(ひとまず安心すること)
  • ほっとする(緊張が解けて安心するさま)
  • 胸のつかえがおりる(心配していることが解決して安心すること)
  • 重荷を下ろす(気にかかっていたことが解決して安心する)
  • 枕を高くする(安心して寝る。安心して暮らす)
  • 愁眉をひらく(心配事がなくなってほっとした顔つきになる)
  • 胸をなでおろす(安堵するさま)

「安堵」の対義語

「安堵」の対義語は「危惧」「懸念」です。

  • 危惧(悪い結果になりはしないかと心配し恐れること)
  • 懸念(気にかかって不安がること)

他にも「憂える」「恐れる」「心配する」「不安に思う」といった言葉も、反対の意味を表す言葉と考えられるでしょう。

まとめ

「安堵」は気がかりなことがなくなってほっと安心することを意味します。

「安心しました」「よかったです」などというよりも「安堵しました」などと言ったほうが改まったかたい感じもしますね。

ビジネスシーンでも使いやすい言葉だと思いますので、ぜひ使ってみてください。

最後までお読みくださりありがとうございました!

【合わせて読みたい】
→→「溜飲が下がる」と「溜飲を下げる」の意味の違いと使い方!【類語・例文】
「懸念」と「危惧」の違いは?意味と使い分け方!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



仕事ですぐ使える語彙力

【ベストセラー1位】

アマゾン語彙力本のなかで一番売れている本。
敬語でなんて返したらいいかの受け答えが書いているだけでなく、他の言い換え表現もいくつか載っているので読むだけでかなり語彙力アップが期待できます。30万部突破も納得の内容。

敬語の意味がしっかりと書かれていて、プラスワンの豆知識や類義語などもあるのでちゃんと理解して言葉を選べるようになります。
挨拶、メールなどビジネスシーンを網羅しているので、お得感のある一冊。

前作の「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」の続編で、よくある場面順になんと表現したらいいかがイラスト入りで解説されているので、前作よりさらに読みやすさがアップ。
「こんなとき、なんて言うんだっけ?」という時は、場面を探して辞書のように使える一冊。

大人の対応は「返し」が違う

職場、友人など、人間関係における40の悩みを、大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない、腹も立たない。嫌味さえもサラリとかわす。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと楽になる。

この記事が役にたったらシェア!