カタカナ語

コンテクストの意味とビジネスでの使い方!ハイ・ローコンテクストとは?|英語例文

「コンテクスト」という言葉を聞いたことはありますか? 言葉というものは、時代や情勢、人々の使い方によって新しい言葉が生まれるのはもちろん、 もともとの意味から転じて新しい意味が生まれた、複数の意味を持つようになる生き物のような側面を持っていますよね。 そんな言葉の一つの例として「コンテクスト」が挙げられるかもしれません。 ここでは、その「コンテクスト」という言葉について解説します。 「コンテクスト」の意味とは? 「コンテクスト」とは英語の「context」で、辞書などで意味を調べれば、「文脈」や「脈絡」と日本語訳される言葉です。 そこから転じて、ビジネスシーンなどで用いられるときは「意図」や「言葉の背景」という意味合いで使われることがあります。 例えば、 「コンテクストを読んで対応してください」 と言った場合には、「(言葉通りにとらないで)意図を汲んで対応してください」というニュアンスになります。 【使用例】 会社に遅刻してしまった際に、上司に「今、何時だと思っているんだ?」 と聞かれ「10時半です」と答える人は「コンテクストを読んでいない」と言うことになってしまいます。 上司が本当に今が何時なのかを知りたくて、遅刻してきた社員に何時かを聞いているのではありませんよね。 このように言葉の裏にある意図を読む必要がある際などにコンテクストがよく使われます。 「context」という言葉は、「文字」や「文」を意味する「text」という単語の前に「con」が付いた形をしています。 「con」が頭に付いた場合は「with」=「一緒に」という意味合いが付加されます。つまり「context」は「文と一緒に来るもの」という意味合いがあるのです。 余談ですが、この「con」のように、ある単語の前に付加することで別の単語となるようなものをprefixといいます。 >>レスポンスの意味と使い方!レスポンスが早い・遅い・レスポンスタイムとは? 「ハイコンテクスト」と「ローコンテクスト」 文化やコミュニケーションの分野で「ハイコンテクスト」や「ローコンテクスト」という言葉が使われます。 言葉の意味合いそのものではなく、文脈を読んで理解しあう文化を「ハイコンテクスト文化」と言います。 詩や俳句などの文化はハイコンテクストであるといえますね。 互いにある程度の共通の価値観や文化を共有している必要があります。 逆に言葉を重視する文化が「ローコンテクスト文化」です。 論理的な議論には適した文化と言えます。 「コンテクスト」の使い方 「コンテクスト」とは、日本語で「意図」や「言葉の背景」を意味する言葉でしたね。 ここでは、「コンテクスト」という言葉がどのように使われているか、実際の使用例を見てみましょう。 【使用例】 「コンテクストを読んだ提案をしましょう。」 「日本のハイコンテクストな文化に生粋のアメリカ人が馴染むのは大変です。」 「現代社会ではコミュニケーションのローコンテクスト化が求められています。」 などとして用いられていますね。 英語でネイティブはどのように使う? 「コンテクスト」という言葉を実際の英語圏では、どのように使っているのでしょうか。 英語圏でも「context」として、そのままの意味で使うことが出来ます。 実際の英語圏での使用例として、以下の例文を参照ください。 「context」の英語例文 Ex 1) [responsivevoice buttonposition="after"]We misunderstood each other just because we do not know the context.[/responsivevoice] (我々は互いの意図がわかっていなかったらか誤解してしまっただけだ。) Ex 2) [responsivevoice buttonposition="after"]It will be easy to capture if you can give the context behind.[/responsivevoice] (後ろにある意図を教えてくれたら、より簡単に理解できるでしょう。) Ex 3) [responsivevoice buttonposition="after"]You must create right context to present.[/responsivevoice] (プレゼンをするためには、まず正しい文脈を作らなければならないよ。) まとめ いかがでしょうか? 様々なシーンで用いられている「コンテクスト」という言葉の意味と、その使い方、そして英語での例を見てみました。 それらを通じて、「コンテクスト」という言葉を理解できたかと思います。 上記で述べたように、言葉とは生き物のような側面を持ちます。 よく使われていた「KY」=「空気読めない」などの表現も最近では使われなくなってきましたが、ここで紹介した「コンテクスト」は、正にその「空気」を意味していると言えますよね。 最後までお読みくださり、ありがとうございました。

「コンテクスト」という言葉を聞いたことはありますか?

言葉というものは、時代や情勢、人々の使い方によって新しい言葉が生まれるのはもちろん、
もともとの意味から転じて新しい意味が生まれた、複数の意味を持つようになる生き物のような側面を持っていますよね。

そんな言葉の一つの例として「コンテクスト」が挙げられるかもしれません。

ここでは、その「コンテクスト」という言葉について解説します。

【スポンサーリンク】

「コンテクスト」の意味とは?

「コンテクスト」とは英語の「context」で、辞書などで意味を調べれば、「文脈」や「脈絡」と日本語訳される言葉です。

そこから転じて、ビジネスシーンなどで用いられるときは「意図」や「言葉の背景」という意味合いで使われることがあります。

例えば、

  • 「コンテクストを読んで対応してください」

と言った場合には、「(言葉通りにとらないで)意図を汲んで対応してください」というニュアンスになります。

【使用例】

会社に遅刻してしまった際に、上司に「今、何時だと思っているんだ?」

と聞かれ「10時半です」と答える人は「コンテクストを読んでいない」と言うことになってしまいます。

上司が本当に今が何時なのかを知りたくて、遅刻してきた社員に何時かを聞いているのではありませんよね。

このように言葉の裏にある意図を読む必要がある際などにコンテクストがよく使われます。

「context」という言葉は、「文字」や「文」を意味する「text」という単語の前に「con」が付いた形をしています。

「con」が頭に付いた場合は「with」=「一緒に」という意味合いが付加されます。つまり「context」は「文と一緒に来るもの」という意味合いがあるのです。

余談ですが、この「con」のように、ある単語の前に付加することで別の単語となるようなものをprefixといいます。

>>レスポンスの意味と使い方!レスポンスが早い・遅い・レスポンスタイムとは?

「ハイコンテクスト」と「ローコンテクスト」

文化やコミュニケーションの分野で「ハイコンテクスト」や「ローコンテクスト」という言葉が使われます。

言葉の意味合いそのものではなく、文脈を読んで理解しあう文化を「ハイコンテクスト文化」と言います。

詩や俳句などの文化はハイコンテクストであるといえますね。

互いにある程度の共通の価値観や文化を共有している必要があります。

逆に言葉を重視する文化が「ローコンテクスト文化」です。

論理的な議論には適した文化と言えます。

>>外資系企業での転職面接でアピールすべきはプライベートとコミュニケーション能力?!

「コンテクスト」の使い方

「コンテクスト」とは、日本語で「意図」や「言葉の背景」を意味する言葉でしたね。

ここでは、「コンテクスト」という言葉がどのように使われているか、実際の使用例を見てみましょう。

【使用例】

  1. 「コンテクストを読んだ提案をしましょう。」
  2. 「日本のハイコンテクストな文化に生粋のアメリカ人が馴染むのは大変です。」
  3. 「現代社会ではコミュニケーションのローコンテクスト化が求められています。」

などとして用いられていますね。

英語でネイティブはどのように使う?

「コンテクスト」という言葉を実際の英語圏では、どのように使っているのでしょうか。

英語圏でも「context」として、そのままの意味で使うことが出来ます。

実際の英語圏での使用例として、以下の例文を参照ください。

「context」の英語例文

Ex 1) We misunderstood each other just because we do not know the context.

(我々は互いの意図がわかっていなかったらか誤解してしまっただけだ。)

Ex 2) It will be easy to capture if you can give the context behind.

(後ろにある意図を教えてくれたら、より簡単に理解できるでしょう。)

Ex 3) You must create right context to present.

(プレゼンをするためには、まず正しい文脈を作らなければならないよ。)

まとめ

いかがでしょうか?

様々なシーンで用いられている「コンテクスト」という言葉の意味と、その使い方、そして英語での例を見てみました。

それらを通じて、「コンテクスト」という言葉を理解できたかと思います。

上記で述べたように、言葉とは生き物のような側面を持ちます。

よく使われていた「KY」=「空気読めない」などの表現も最近では使われなくなってきましたが、ここで紹介した「コンテクスト」は、正にその「空気」を意味していると言えますよね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。