×
言葉の意味と使い方

「波紋」の意味と使い方!「波紋を呼ぶ・波紋が広がる」とは?【例文つき】

「波紋」の意味と使い方!「波紋を呼ぶ・波紋が広がる」とは?【例文つき】

「波紋」という言葉の意味をご存知でしょうか。

文字から判断すると、「波」の「紋様」かな?といったイメージですね。

ニュースなどで、誰それの発言が「波紋を呼んでいる」とか、ある事件が「波紋を広げている」といった使われ方をしています。

この「波紋」には文字通り水の模様を指す意味と、比喩的にニュースやビジネスシーンでも使われるような意味とがあります。

ぜひきちんと確認しておきましょう。

今回は、「波紋」の意味と使い方!「波紋を呼ぶ・波紋が広がる」とは?【例文つき】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「波紋」の意味

「波紋」には二つの意味があります。

「水面に落ちたときに、幾重にも輪を描いて広がる波の模様」「次々と周囲に動揺を与えて行くような影響」です。

「はもん」と読みます。

水面に石などを投げ込むと、ポチャンとなって輪の形の模様が次々広がっていきますよね。

あれが「波紋」です。

それが転じて、水面に波紋ができて広がって行くように、ある物事がきっかけになって次々周囲に及ぼす影響」という比喩的な意味になったのです。

「波紋」の使い方

「波紋」は水面にできる模様のことを指して使うか、周囲に次々与える影響のことを指して使います。

ビジネスシーンで使う場合は、職種にもよるでしょうが大抵は二番目の「次々と周囲に及ぼす影響」という意味で使うでしょう。

例文で使い方を確認しましょう。

【例文】

  1. 水面に現れては消える波紋の美しさに目を奪われた。
  2. 波紋をイメージしたデザインのジュエリーが発売された。
  3. 九月入学論が波紋と議論を呼び起こしている。
  4. 彼がSNSに投稿した動画が波紋を広げている。

「波紋を呼ぶ・波紋が広がる」とは?

「波紋」は、多く「波紋を呼ぶ」または「波紋が広がる」という使い方をします。

ニュースなどでも「○○が波紋を呼んでいる」などとする使い方がよく見られます。

「波紋を呼ぶ」は、「周囲の変化や動揺を招く」という意味です。

「波紋が広がる」は「一つの出来事から多方面に影響が生じる」という意味です。

どちらも、「波紋」の意味がわかればそれを呼び起こすとか、それが広がるということなのでわかりやすいと思います。

【例文】

  1. 彼の不適切な発言が波紋を呼んだ。
  2. 中国のこのニュースは日本にも波紋を呼び、SNSでは様々な意見が飛び交った。
  3. 大臣の発言は瞬く間に世界中で波紋を広げた。
  4. A社の倒産は業界中に波紋を広げることとなった。
  5. 彼女の発言は会社中に波紋を投げかけた。

「波紋を呼ぶ」は、元々は誤用とされていた用法だと言われています。

「波紋」はもともと水面に何かが落ちて現れる模様のことですから、その「波紋」を「呼ぶ」ということはないということですね。

「波乱を呼ぶ」と混ざったのかもしれません。

ですが、今では「波紋を呼ぶ」としてニュースなどで使われており、正しい用法として定着しています。

同じように「波紋を投じる」「波紋を投げかける」も、「波紋」は投げるものではないとして誤用とされていましたが、こちらも今では一般的に使われています。

「波紋」の類義語

「波紋」の類義語には次のようなものがあります。

  • 旋風(社会の反響を呼ぶような突発的な出来事。また、それによる反響)
  • 波乱(激しい変化や曲折のあること。また、そうした事態。 騒ぎ・もめごとなど)
  • センセーション(世間の耳目を驚かせる事件や事柄。また、大評判)

「波紋を呼ぶ」「波紋が広がる」などの言い換え表現は

  • 影響を及ぼす
  • 刺激を与える
  • 議論を引き起こす
  • 世間を騒がせる
  • 波及する(波紋が広がるように、影響が徐々に広い範囲に及んでゆくこと)
  • 一石を投じる(反響を呼ぶような問題を投げかける)
  • 物議をかもす(世間の論議を引き起こす)
  • 旋風を巻き起こす(事件を起こして社会的に大きな話題になる、世間を騒がせる、大きな注目や喝采を浴びる)

まとめ

「波紋」は水面に石を投げた時の輪の模様のことです。

そして、そこから比喩的に、周囲に次々与えて行くような影響のことを指します。

「波紋」の意味を正しく理解しておけば、「波紋を呼ぶ」「波紋が広がる」といった言い回しが出てきても、文脈を正しく理解しやすいと思います。

ぜひ参考になさってくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。