言葉の意味と使い方

「従事」の意味と使い方!「勤務」との違いは?【類義語・例文】

「従事」の意味と使い方!「勤務」との違いは?

「従事する」という言葉がありますね。

ビジネスシーンではよく見聞きする言葉です。

また、履歴書を書くときや就職、転職活動をするときにも使う必要があることも多い言葉です。

使う機会がある割には、改めて意味を調べたりすることもなさそうな言葉なので、この機会に確認しておきましょう。

似た言葉の「勤務」についても、違いを理解しておきたいところですね。

今回は、「従事」の意味と使い方!「勤務」との違いは?【類義語・例文】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「従事」の意味

「従事」は「もっぱらその仕事に携わること」という意味です。

「じゅうじ」と読みます。

この説明でもまだ少しわかりにくいかもしれませんね。

「もっぱら」は「他のことに関わらないでそのことに集中するさま」です。

「携わる」は「ある事柄に深く関係する」という意味です。

つまり、「従事」は一途にある仕事や研究などに深く関係することを言うわけです。

また、「従」は「従う」のほかに「たずさわる。仕事につく」という意味がある漢字です。

「事」は「ことがら」「仕事」「つかえる」といった意味がある漢字です。

漢字の意味からも、「仕事に携わる」ことだなとわかりますね。

「従事」の使い方

「従事」は、ある仕事などに「従事する」という形で使うことが多いです。

「○○の仕事に従事しています」なら、「○○の仕事をしています」という意味で使えるわけです。

「従事」の例文

  1. 彼女はあの企業で医薬品の研究に従事している。
  2. 営業担当として新規開拓営業に従事する。
  3. 新技術の導入により、医療従事者の業務効率を改善する。
  4. 彼は会社で広報活動に従事している。

「勤務」との違いは?

「従事」はざっくり言うと「その仕事などをする」ということでしたね。

ある仕事をする場合、「勤務する」というのもよく使う言葉だと思います。

「従事」と「勤務」の違いを簡単に言うと

  • 「従事」は「その仕事を行うこと」
  • 「勤務」は「会社などに勤めて仕事をすること」

となります。

「勤務」は「会社などに勤めて仕事をすること。またその仕事」という意味で、読み方は「きんむ」です。

こちらの方がさらに「従事」よりも身近な言葉でしょっちゅう見聞きし、使う機会もあるかと思います。

「勤務」は「会社などに勤めて」という点が「従事」とは違っています。

所属する場所があって初めて「○○勤務」「○○に勤務している」などと言えるわけです。

「従事」は「研究に従事する」「○○の業務に従事する」というように、仕事内容そのものを指して、それを仕事としてやっています、という意味になるわけです。

例文でそれぞれ確認しておきましょう。

【「従事」の例文】

  1. 前職では、経理補助の業務に従事しておりました。
  2. 医薬品研究に従事しています。

【「勤務」の例文】

  1. ○○商事に勤務し、経理補助をしています。
  2. 医薬品会社に勤務しています。

「従事」の方は仕事内容や業種などに対して使い、「こういう仕事をしている」と説明するときに使えます。

それに対し、「勤務」は会社など勤めているところについて使い、「こういうところに勤めて仕事をしている」と説明するときに使えるわけです。

ですから、「○○会社に勤務して、××業務に従事している」などということもできます。

「従事」の類義語

「従事」の類義語には次のようなものがあります。

  • 従業(業務についていること)
  • 服務(仕事に従事すること)
  • 執務(事務・業務についていること)
  • 携わる(ある仕事に関係する。従事する)
  • 就く(ある役職に身を置く。また、就職する)

他にも文脈により、「担当する」「仕事をする」などなど、いろいろ言い換えできそうですね。

まとめ

「従事」の意味や使い方についておわかりいただけたでしょうか。

「その仕事に携わる」ということで、もし職務経歴書などを書く機会があれば、使いやすい言葉だと思います。

「勤務している」ということとの違いも、混同してしまいがちなのでぜひ覚えておいてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
アバター
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。