「妙案」の意味と使い方!「良案」「名案」との違いは?【例文】

「妙案」という言葉があります。

何か困った時に、いいアイディアが出されたら「それは妙案ですね」という風に使うことがあります。

若者言葉ではなくて、ちょっと年配の方のほうが使いそうな言葉ですが、よく耳にはするのではないでしょうか。

ビジネスシーンでも使われる言葉ですので、意味や使い方を調べておきましょう。

また、似た意味の言葉「良案」「名案」との違いについても確認しておきましょう。

今回は、「妙案」の意味と使い方!「良案」「名案」との違いは?【例文】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「妙案」の意味

「妙案」は「たいそういい思いつき」という意味です。

「みょうあん」と読みます。

「妙」という字は、「妙な話」というように、「奇妙」という意味もありますね。

ですが、他に「美しい」「たくみな。詳しい。念入りな」という意味もあります。

「妙案」の場合は「たくみな案」ということで、「良い考え」「素晴らしい思いつき」という意味になります。

「妙案」の使い方

「妙案」を使った例文で使い方を確認しておきましょう。

【例文】

  1. なるほど、それは妙案だな。
  2. 何か妙案が浮かんだらしい。
  3. これという妙案もなく、その場は解散となった。
  4. この問題を解決する妙案ははたしてあるのだろうか。

「良案」「名案」との違いは?

「妙案」に似た言葉に「良案」「名案」があります。

「良案」は「良い考え」という意味です。

「りょうあん」と読みます。

「名案」は「すぐれた案。良い考え」という意味です。

「めいあん」と読みます。

「妙案」も「良案」も「名案」もだいたい同じですよね(笑)。

ですが、細かく見ていくと微妙なニュアンスの違いがありますので、使い分け方を確認しておきましょう。

まず「良案」と「名案」の違いはほとんどありません。

「良」は「よい」という意味ですよね。

「名」は「名人」「名探偵」などというように、「すぐれて名高い」という意味があります。
ですので、

  • 「良案」は「これならうまくいくだろうという良い考え」
  • 「名案」は「みんなが感心するような良い思いつき」

となり、「名案」のほうが「他の人が感心するような」いいアイディアというニュアンスがあるのです。

ですが、実際には同じように用いられ、また「名案」のほうがよく使われるようです。

これらと「妙案」の違いとしては、「妙」のほうが「奇妙」という意味もあるぐらいですから、「他と違っていて、不思議なほどすぐれている」という意味になります。

ですから、「妙案」は特に「他の人が考えそうもない」「びっくりするような」いい考え、という、思いついた人を褒めるようなニュアンスになるわけです。

まとめると

  • 「妙案」は「他の人がなかなか思いつかないような良い考え」
  • 「良案」は「それでうまくいくような良い考え」
  • 「名案」は「みんなが感心するような良い考え」

となるでしょう。

三つ共に似たような意味で、類義語ではあるのですが、細かい違いがありましたね。

【スポンサーリンク】

「妙案」の類語

「妙案」の「良案」「名案」以外の類語は次のようなものがあります。

  • よいアイディア
  • いい方法

文脈によっては

  • 奇策(人の思いつかない変わったはかりごと)
  • 秘策(人に知られていない特別な策略)
  • 奥の手(最後の手段。奥義。極意)

などの言葉で言い換えられることもあるでしょう。

「妙案」の対義語

「妙案」の対義語は「愚案」です。

「愚案(ぐあん)」は「ばかばかしい、くだらない考え」という意味です。

「妙案」と反対の意味になりますね。

ただし、「愚案」は自分の意見をへりくだって言うときにも使われる言葉です。

「愚」は「おろか。ばか」という意味の漢字ですが、自分や自分に関する物事につける謙称でもあります。

自分の妻を「愚妻」、息子を「愚息」などと言うのと同じですね。

「自分の案」という意味で「愚案」ということもありますので、意味は文脈から判断しましょう。

まとめ

「いい考え」「ナイスアイディア」と言っても、その中には「妙案」や「良案」「名案」のように色々なニュアンスの色々な言葉があるものですね。

よく聞く言葉も、改めて意味や使い方、違いを考えてみると日本語の奥深さに気付かされます。

ぜひ参考になさってくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



この記事が役にたったらシェア!