カタカナ語

「アウトソーシング」の意味とは?派遣やBPOとの違いや英語での使い方|例文つき

「アウトソーシング」の意味とは?派遣やBPOとの違いや英語での使い方|例文つき

「アウトソーシング」という言葉を聞いたことはありますか?

今や様々なビジネスシーンで、「アウトソーシング」という言葉を耳にする機会が増えてきたことと思います。

しかし、聞いたことはあるものの、実際に聞かれたら説明は出来ないという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、その「アウトソーシング」という言葉について解説します。

【スポンサーリンク】

「アウトソーシング(outsourcing)」の意味とは?

「アウトソーシング」とは英語の「outsourcing」で、日本語では「外部調達」や「外部委託」という意味の言葉です。

業務の一部を外部の企業や人に発注することを示します。外部(out)から調達(sourcing)するという意味ですね。

動詞形である「アウトソース」=「outsource」と言われる場合もあるので、合わせて覚えておきましょう。

インセンティブの意味とは?ボーナスや賞与、ロイヤルティとの違いと英語での使い方|例文
インセンティブの意味とは?ボーナスや賞与、ロイヤルティとの違いと英語での使い方|例文「インセンティブ」という言葉を聞いたことはありますか? ビジネスの世界で、ここ数年で一気に耳にする言葉になってきたなと感じますよね...

「派遣/人材派遣」との違いとは?

「アウトソーシング」と混同してしまいがちな言葉として、「派遣」や「人材派遣」があります。

「アウトソーシング」とは、依頼する業務全般を外部企業に委託するものです。

作業スペースの確保、人材の管理、工程やスケジュールなど、全てを委託された企業が担います。

一方で「人材派遣」とは、必要な人材を手配してもらうものなので、自社内で作業スペースを確保し、業務を行い、認罪の管理や業務の詳細など派遣先の指示や指導のもとで行います。

「アウトソース」は業務の管理者が社外の人間であり「人材派遣」は業務の管理者が社内の人間であるという違いですね。

「BPO(Business Process Outsourcing」との違いとは?

「BPO(Business Process Outsourcing」とは、企業のビジネスプロセスの一部を外部に委託することを意味します。

業務を代行してくれるだけではなく、経営戦略の一環として業務を担い、企業運営の最適化や効率化などを行うことを目的としています。

一般的に、「アウトソーシング」とは、経理や人事などの補助的なシステムの運用を委託するのに対して、経営そのものの一部を委託するのが「BPO」ということになります。

「請負」との違いとは?

「請負」または、「業務請負」とは、仕事の完成を目的としていて、成果物が完成するまでの方法やその過程についても一任される業務形態を指します。

「アウトソーシング」と似ていますが、「アウトソーシング」は業務の過程についても依頼側が指示することができるという違いがあります。

「アウトソーシング」の使い方

「アウトソーシング」とは、日本語で「外部調達」や「外部委託」を意味する言葉でしたね。

「アウトソーシング」という言葉がどのように使われているか、実際の使用例を見てみましょう。

「アウトソーシング」の例文

  1. 「ソフト開発をアウトソーシングして最適化を図る。」
  2. 「その業務をアウトソーシングするデリットも考えましょう。」
  3. 「そのシステムの運用はアウトソーシングされています。」

などと用いますね。

英語でネイティブはどのように使う?

「アウトソーシング」という言葉を実際の英語圏では、どのように使っているのでしょうか。

英語圏でも「outsourcing」として、そのままの意味で使うことが出来ます。

また動詞の形で「outsource」として使われることも多いです。

実際の英語圏での使用例として、以下の例文を参照ください。

また「outsource」で一語です。

「out sourcing」ではないので注意しましょう。

「outsourcing」の英語例文

Ex 1) You can outsource all these tasks if it helps.

(もし、それで助けになるなら、これらの全ての業務をアウトソースしてもいいですよ。)

Ex 2) I am considering outsourcing this task to the company A.

(この業務を会社Aにアウトソーシングすることを検討しています。)

Ex 3) The payroll system is the most common task that companies outsource.

(給料システムは企業がアウトソースする一番、一般的な業務です。)

まとめ

いかがでしょうか?

様々なビジネスシーン使われる「アウトソーシング」という言葉の意味と、その使い方、そして英語での例を見てみました。

それらを通じて、「アウトソーシング」という言葉を理解できたかと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。