言葉の意味と使い方

「続柄」とは?誰から見て書くもの?正しい読み方や意味を解説!

「続柄」とは?誰から見て書くもの?正しい読み方や意味を解説!

「続柄」は、色々な書類に記載するように求められることがありますよね。

「続柄」を「ぞくがら」と読んでいる人も多いと思いますが、実は正式な読み方は違っているんです。

「続柄」って何?どう書けばいいの?と迷ってしまうことがないよう、しっかり確認しておきましょう。

今回は、「続柄」とは?誰から見て書くもの?正しい読み方や意味を解説!についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「続柄」の正しい読み方

続柄の読み方

「続柄」の正しい読み方は、「つづきがら」です。

びっくりした人もいるかもしれませんね。

「ぞくがら」と読んでいた人も多いと思います。

「続柄」は本来は「つづきがら」と読みます。

「続き柄」と書かれることもありますが、法令では送り仮名を省略して「続柄」と表記します。

「き」がないので、そのまま普通に読むと「ぞくがら」かな?と思ってしまいますよね。

今では「ぞくがら」と読む人の方が多くなっており、「ぞくがら」でも間違いではないとされています。

「続柄」は「つづきがら」が正しい読み方で、「ぞくがら」は誤読が定着して一般的になった読み方ということです。

「続柄」の意味

「続柄」は「親族としての関係。親子・夫婦・兄弟などのつながり」という意味です。

読み方は「つづきがら」ですが、俗な読み方では「ぞくがら」とも読みます。

二者の血縁関係や婚姻関係を指す言葉です。

  • 親、祖父母、子、孫といった、血が繋がっている人
  • 配偶者、配偶者の両親など、婚姻によって親戚になった人

といった人と、基準になる人との関係を「続柄」といいます。

誰から見て書くもの?

「続柄」は、色々な書類に記載する機会があります。

住民票などを役所で申請する時、年末調整の書類を職場に提出する時、そのほか公的な書類には「続柄」を書く欄があることが多いですね。

この「続柄」は、基準となる人から見てこの人は「妻」とか、この人は「父」などというように書きます。

書くことが多いのは、「世帯主から見た続柄」と、「自分から見た続柄」です。

世帯主というのは、その世帯の代表者です。

例えば、夫婦と子供二人の四人家族で、夫(あるいは妻)が世帯主などとなっています。

このような家族で夫が世帯主である場合は、世帯主から見た続柄は

(例)世帯主から見た続柄の場合
  • 本人(世帯主)
  • 長男
  • 次男

となります。

多くの書類に書くことがあるのはこのパターンでしょう。

住民票では、子どもについて「長男」「次男」などの区別なく、みな「子」とします。

妻が自分から見た続柄を書く場合は、

(例)妻から見た続柄の場合
  • 本人(妻)
  • 長男
  • 次男

となりますね。

長男が自分から見た続柄を記載する場合は

(例)長男から見た続柄の場合
  • 本人(長男)

となります。

このように、「続柄」は誰を基準とするかで変わります。

世帯主から見た「続柄」を書く機会が多いですが、場合によってはそれぞれの家族が自分から見た「続柄」を書くことになりますので注意してください。

住民票や年末調整、確定申告の時はどう記載する?

「続柄」の書き方で迷うことが多いパターンをいくつかご紹介します。

住民票

一人暮らしを始めたとか結婚したとかで、住民票を移すために「続柄」を記載することがあります。

住民票では世帯主が基準になりますので、次のように記載します。

  • 世帯主 本人
  • 配偶者 妻、夫
  • 子ども 子
  • 世帯主の父母 父、母
  • 配偶者の父母 妻の父、妻の母、夫の父、夫の母
  • 世帯主の兄弟姉妹 兄、姉、弟、妹
  • 配偶者の兄弟姉妹 妻(夫)の兄、妻(夫)の姉、妻(夫)の弟、妻(夫)の妹
  • 配偶者の連れ子 夫の子、妻の子

子どもについては、住民票では「長男」「次男」などの区別なく、みな「子」とします。

年末調整

年末調整では、申告者から見た関係を記載します。

世帯主が申告する場合は、「あなたとの続柄」欄には「本人」と書きます。

申告者が妻で、世帯主が夫であれば「あなたとの続柄」は「夫」と書きます。

間違えて「妻」と書いてしまうことがよくあるようですが、世帯主があなたからみて何に当たるのかということですから「夫」とします。

他も、あなた(申告者)からみて「子」「母」などのように書いていきます。

確定申告

確定申告は、住民票と同じく世帯主を基準とします。

世帯主が申告するなら「世帯主との続柄」を「本人」とします。

夫が世帯主で妻が申告する時は、「世帯主との続柄」に「妻」と書きます。

このように、書類によって誰を基準にするかが違っていますので、その都度記入欄や記載例をよく確かめましょう。

「続柄」の類義語

「続柄」の類義語には次のようなものがあります。

血縁(血の繋がりがある関係)

縁つづき(親類関係にあること)

親戚(血縁や婚姻によって結びつきのある人)

縁故(血縁・姻戚などによるつながり)

まとめ

「続柄」についてお分りいただけたでしょうか。

基準になる人が誰かをしっかり確認して、その人からみてどういう関係にあたるかを書きます。

書類に記入するときなど、注意してみてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。