言葉の意味と使い方

「生む(生まれる)・産む(産まれる)」の違いは?使い方を例文つきで解説

「生む(生まれる)・産む(産まれる)」の違いは?使い方を例文つきで解説

「生む(生まれる)・産む(産まれる)」は、どちらも日常的によく使う言葉ですよね。

「生む」でも「産む」でも、何かが誕生するという意味で使っていると思います。

この「生む(生まれる)・産む(産まれる)」の違いはどこにあるのでしょうか?

使い分け方をぜひ確認しておきましょう。

今回は、「生む(生まれる)・産む(産まれる)」の違いは?使い方を例文つきで解説についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「生む(生まれる)・産む(産まれる)」の違いは?

「生む(生まれる)」と「産む(産まれる)」は、どちらも何かが誕生するということですよね。

同じように思えますが、「生む(生まれる)・産む(産まれる)」の違いは次のようになります。

  • 「生む」は「それまでなかったものを新たに生じること」
  • 「産む」は「母体が胎児や卵を体外に排出すること」

「生む(生まれる)」は、何かが誕生すること、発生すること、つまり新しい何かができるということを指して広く使います。

出産することや産卵することも「生む」ということもありますが、こちらは「産む(産まれる)」を使うのが一般的です。

ですので、「子供がうまれる・うまれた」などと言いたい場合は「産まれる・産まれた」を使います。

つまり

  • 「産む」は出産や産卵のこと
  • 「生む」は生物以外についても使える

ということになります。

では、それぞれの意味を詳しくみていきましょう。

「生む(生まれる)」の意味

「生む」は「母体が胎児や卵を体外に出す」「物事を新たに生じる」という意味です。

「うむ」と読みます。

「生まれる」の場合は「子が母親の胎内から出る」「新しく作り出される」という反対側からの表現になります。

出産や産卵を意味する「うむ」も「生む」と表記することがありますが、そのほかの意味でも使う言葉です。

生物については「誕生する」と言う意味で、また生物以外については「新しく作り出す」という意味で使います。

ですので、「作品を生む」とか「制度を生む」、「愛情が生まれる」などと言うことができます。

物事が新たにできること、ある状況や感情が生じることなど、それまでなかったものが新たに作り出されることを「生む」「生まれる」と表します。

「産む(産まれる)」の意味

「産む」は「母体が胎児や卵を体外に出す」という意味です。

「うむ」と読みます。

こちらはいわゆる分娩、出産、産卵といった言葉で表される、人間や動物ほか生物が子や卵を「うむ」という時に使います。

「産まれる」であれば、子や卵が母の胎内から出てくることを言います。

分娩すること、子や卵が胎内から出てくると言うことに焦点を当てた言葉です。

「生む」のように生物以外のものについて広く使うということはないので、こちらは使う場面は限られてきますね。

「生む(生まれる)・産む(産まれる)」の使い分け方

「生む(生まれる)・産む(産まれる)」は、

  • 「生む」は広く物事が生じることを指して使う
  • 「産む」は生物が出産・産卵することを指して使う

という使い分けができます。

それぞれの使い方を例文で確認しておきましょう。

「生む(生まれる)」の例文

  1. 異分野の二人がコラボレーションした結果、素晴らしい作品が生まれた。
  2. 日頃の地道な努力が良い結果を生むのだ。
  3. この新技術は莫大な利益を生むだろう。
  4. 憎しみからは何も生まれない。
  5. 生まれ変わったら猫になりたい。
  6. 鳶が鷹を生む。

「産む(産まれる)」の例文

  1. 双子の男の子が産まれた。
  2. 昔は「小さく産んで大きく育てる」と言ったものだ。
  3. うちの軒先でツバメが卵を産んだ。
  4. 案ずるより産むが易し。

「生む(生まれる)・産む(産まれる)」の類義語

「生む(生まれる)・産む(産まれる)」の類義語には次のようなものがあります。

【「生む(生まれる)」の類義語】

  • 生み出す
  • 生じる
  • 引き起こす
  • 作り出す
  • 誕生する

【「産む(産まれる)」の類義語】

  • 産み落とす
  • 出産
  • 分娩

「生む(生まれる)・産む(産まれる)」の対義語

「生む(生まれる)・産む(産まれる)」の対義語には次のようなものがあります。

【「生む・産む」の対義語】

  • 殺す
  • 葬る

【「生まれる・産まれる」の対義語】

  • 死ぬ

なお、これは出産するとか誕生するといったことの対義語です。

物事が生じる、生産するといった意味での「生む(生まれる)」の対義語なら

  • 消費
  • 廃棄
  • 破壊
  • 消滅

といった言葉が挙げられます。

まとめ

「生む(生まれる)・産む(産まれる)」は似ていましたが、「生む(生まれる)」の方が色々な状況で使える広い意味を持っています。

「生む(生まれる)」はこの世に生じること全般を言い、「産む(産まれる)」は出産の時だけに使う言葉という違いでしたので、ぜひ覚えておきましょう。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。