カタカナ語

アジェンダの意味とは?レジュメや目次との違いと英語での使い方|例文つき

アジェンダの意味とは?レジュメや目次との違いと英語での使い方|例文つき

「アジェンダ」という言葉を聞いたことはありますか?

最近、ビジネスや会議、講演会等で耳にする機会が増えてきましたね。

また、今注目の地球環境問題について世界的な議論の先駆けとして評価されている「アジェンダ21」という会議が1992年にブラジルで開催されました。

日本でも、一般的なワードになりつつあるようですが、正直よく意味がわからないという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、その「アジェンダ」という言葉について解説します。

【スポンサーリンク】

「アジェンダ(agenda)」とは?

「アジェンダ」とは英語の「agenda」で、日本ではビジネスにおいて「会議の議題」や「議事項目」という意味で使われています。

また政治的な分野では、アジェンダは「行動指針」や「やるべきこと」というような意味にもなります。

上記の「アジェンダ21」は政治的な分野での意味、後者の例ですね。

本記事では、日本のビジネスでよく使う「会議の議題」の意味を中心に解説したいと思います。

アセスメントの意味とは?エバリュエーションとの違いや英語での使い方|例文つき
アセスメントの意味とは?エバリュエーションとの違いや英語での使い方|例文つき「アセスメント」という言葉を聞いたことはありますか? 最近、ビジネスシーンやニュース等、様々な分野で耳にするようになりました。 ...

「アジェンダ」の日本での使い方

「アジェンダ」とは日本語で「会議の議題」という意味でしたね。

ここでは、日本のビジネスシーンでの実際の使用例を見てみましょう。

実際の使い方としては、例えば、

  • 本日の会議のアジェンダは、お手元の資料を参照ください。
  • 次回の講演会のアジェンダをメールに添付しました。
  • 来週のプレゼンテーションのアジェンダを明日までに提出してください。

などのような文脈で使われます。

なぜアジェンダが重要?

アジェンダを共有することは会議や講演会、プレゼンテーション等のビジネスシーンで重要なことです。

まず最初にアジェンダを共有することで、今から行われる会議等において、

  • 「どうゆうことを話しすのか」
  • 「どうゆうことを議論したいか」

の大筋を、あらかじめ参加者全員に知らせることが出来き、その会議や講演会の円滑化を促してくれるでしょう。

ビジネスシーンにおいて遅れを取らないためにも「アジェンダ」という言葉を理解しておきたいですね。

「アジェンダ」は目次のようなもの?

これだけ聞くと目次のようなもの?と思われている方も多いかと思います。

はい、その通りです。

「目次」は「アジェンダ」と近い意味であると言えます。

言い換えれば、「アジェンダ」は「会議や講演会での目次」であると言えるでしょう。

なので、小説本等の目次を「アジェンダ」とするのは、意味がズレてしまいますね。

ちなみに「目次」は英語で「table of contents」とするのが一般的です。

レジュメとの違い

混同しやすいカタカナ語として「レジュメ = resume」があります。

上記の通り、アジェンダは「会議内容の目次」といった意味なので議題の概要を羅列/列挙したものです。

一方でレジュメは、その各項目の詳細を記した資料などを指します。

似たような場面で使われる単語なので混同しないようにしましょう。

英語でネイティブはどのように使う?

同じ「アジェンダ」という言葉を実際の英語圏ではビジネスの場面で、どのように使っているのでしょうか。

実際の英語圏でも「agenda」といい、意味も大きく変わりません。

日本語で使うときと同様の意味/ニュアンスで、そのまま使えます。

以下の例文を参照ください。

英語表現の例文

Ex 1) Here is the agenda of this meeting.

(こちらが本会議の会議項目になります)

Ex 2) What is the meeting agenda today?

(今日の会議項目は何ですか?)

Ex 3) Please refer the document on your hand for the agenda.

(アジェンダはお手元の資料を参照ください。)

英語圏では例2のように「meeting agenda」と表現することも多々あります。合わせて覚えておくとよいかと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ビジネスなどの場面で、耳にするようになってきた「アジェンダ」という言葉の意味と、その具体例を日本語と英語で見てみました。

合わせて「目次」や「レジュメ」との違いについても触れましたね。

それらを通じて、「アジェンダ」という言葉の理解できたかと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。