カタカナ語

アプリケーションの意味とは?ソフトウェアとの違いや英語での使い方も解説

アプリケーションの意味とは?ソフトウェアとの違いや英語での使い方も解説

「アプリケーション」という言葉を聞いたことはありますか?

ITやスマートフォンの普及により日常生活ではもちろん、ビジネスシーンにおいても、もはや聞かない日はないという言葉かと思います。

しかし、聞いたことはあるものの、実際に聞かれたら説明は出来ないという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、その「アプリケーション」という言葉について解説します。

【スポンサーリンク】

「アプリケーション」の意味とは?

「アプリケーション」とは英語の「application」で、コンピューター上で使われるプログラムを意味する言葉です。

本来は「アプリケーションソフトウェア」というもので、これを省略して「アプリケーション」と呼んでいます。

これをさらに省略して「アプリ」として用いられています。

ただ一般的に「アプリ」と言った場合は「スマートフォン用のアプリケーション」という意味で用いられています。

「ソフトウェア」との違いとは?

「アプリケーション」と混同しがちな言葉として「ソフトウェア」があります。

「ソフトウェア」とは、コンピューター上で動作するプログラムを意味する言葉です。

本来の呼び名の通り、アプリケーションもソフトウェアです。

ソフトウェアは、大きく分けてシステムソフトウェアとファームウェアとアプリケーションソフトウェアなどがあります。

システムソフトウェアはOS(オペレーティングシステム)を指し、ファームウェアはハードウェアを制御するソフトウェアです。

「アプリケーション」の使い方

「アプリケーション」とは、「コンピューター上で使われるプログラム」を意味する言葉でしたね。

ここでは、「アプリケーション」という言葉がどのように使われているか、実際の使用例を見てみましょう。

  • アプリケーションエラー
  • アプリケーションエンジニア
  • Webアプリケーション

などがあります。

一つずつ、詳細を見てみましょう。

「アプリケーションエラー」とは

「アプリケーションエラー」とは、英語の「application error」でアプリケーションの実行中または実行時に生じるエラーです。

「アプリケーションエラー」と言った場合は主に、これ以上、そのアプリを起動できないほど致命的なものを指し、アプリケーション内の日付が違うなどの小さなものまでは含まないことが多いです。

「アプリケーションエンジニア」とは

「アプリケーションエンジニア」とは、英語で「application engineer」で、アプリケーションを作る技術者を意味します。

IT業界の広がりで「アプリケーションエンジニア」の需要はとても高まっていますね。

「webアプリケーション」とは

「Webアプリケーション」とは、ウェブ(web)またはインターネットなどのネットワークから利用するアプリケーションソフトウェアを意味します。

Webメールなどを使っていると「アプリで開く」と言った選択肢がありますよね。

あれはwebアプリとして使っているということになります。

英語でネイティブはどのように使う?

「アプリケーション」という言葉を実際の英語圏では、どのように使っているのでしょうか。

英語圏で日本語のように「application」として、そのままの意味で使うことも出来きなくはないですが、伝わりづらい時が多いです。

英語で「application」とは、「申し込み」や「適用」と言った意味を持つ言葉です。

日本語で使うときのように使いたい場合は「mobile application」(モバイルアプリケーション)と言った方が伝わりやすいです。

また「アプリ」という省略形は伝わりません。

英語圏で「アプリケーションソフトウェア」を省略する時は「app」=「アップ」と言うのが一般的です。

「application」の英語例文

実際の英語圏での使用例として、以下の例文を参照ください。

Ex 1) Nice photo. It should be good for your application form.

(いい写真だね。申込用紙に使うのに最適です。)

Ex 2) Which type of application this can be used?

(こちらは、どんなものに使うこと(適用する)ができますか?

Ex 3) I recommend installing this mobile application before you leave.

(ここを出る前にこのアプリをインストールしていった方がいいでしょう。)

まとめ

いかがでしょうか?

もはや聞かない日はないという程に浸透し、使われている「アプリケーション」という言葉の意味と、その使い方、そして英語での例を見てみました。

それらを通じて、「アプリケーション」という言葉を理解できたかと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。