言葉の意味と使い方

「暖かい」と「温かい」 の使い分け方は?意味と違いを解説!|例文

「暖かい」と「温かい」 の使い分け方は?意味と違いを解説!

「暖かい」と「温かい」は、どちらも「あたたかい」と読みます。

どちらもあたたかいことを表す(笑)、身近な言葉ですよね。

ですが、その使い分け方は意外と難しいのではないでしょうか。

気温があたたかい時は「暖かい」か「温かい」かどちらかな?などと迷ってしまうこともありそうですね。

ぜひきちんと確認しましょう。

今回は、「暖かい」と「温かい」 の使い分け方は?意味と違いを解説!についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「暖かい」と「温かい」の違い


「暖かい」と「温かい」はどちらも「あたたかい」と読み、区別が難しい言葉ですね。

この違いは簡単にまとめると、

  • 「暖かい」は「寒い」の反対
  • 「温かい」は「冷たい」の反対

となります。

「暖かい」は主に気温、「温かい」は主に物の温度について使いますが、他の使い方や例外もありますので、それぞれについて詳しくみていきましょう。

「暖かい」の意味

「暖かい」は「寒すぎも暑すぎもせず、ほどよい気温である」「金銭が十分にある」「色感がやわらかく、冷たい感じがしない」という意味です。

「あたたかい」と読みます。

いわゆる心地よい温度で「あたたかい」というものは色々ありますが、「暖かい」の場合は気温のように体全体で感じるものをいいます。

つまり、「スープがあたたかい」などではなく、「部屋が暖かい」「暖かい地方」のように使います。

「冷たい」ではなく、「寒い」の反対ということです。

それから、金銭に関することもこの「暖かい」を使います。

お金を多めに持っていて「懐があたたかい」という時は「暖かい」なんですね。

また色について、いわゆる暖色のことを「暖かい色調」などと言います。

「暖かい」はこのような意味で使う言葉です。

「温かい」の意味

「温かい」は「物が冷たすぎも熱すぎもせず、程よい状態である」「思いやりがある」という意味です。

こちらも「あたたかい」と読みます。

温度に関係して言うと、「暖かい」が気温のことを言うのに対し、こちらの「温かい」は物の温度、手で触ったり口に入れたりするものについて使います。

「温かいお湯」「温かいシチュー」などと使います。

「寒い」ではなく、「冷たい」の対義語になります。

また、「温かい」は心についても使います。

思いやり、いたわりの心があるという意味で「温かいもてなし」「温かい言葉」などと言います。

「暖かい」と「温かい」の使い分け・例文

「暖かい」と「温かい」は、どちらも日常生活で非常によく使う言葉です。

字で表す時に、どちらか迷ってしまうこともあると思います。

  • 「寒い」の反対が「暖かい」
  • 「冷たい」の反対が「温かい」

という区別ができることはご説明しましたが、ここに当てはまらない場合もあると思います。

例えば次のような場合はどちらの「あたたかい」でしょうか。

「あたたかい雰囲気」

これは、「温かい」です。

心があたたまるというときは、「温かい」を使います。

他にも気持ち、心、言葉、笑顔、家族、人柄などなど、まごころや思いやりがある、優しい気持ちになれるなど、心があたたかくなるという時には「温かい」を使います。

「あたたかい季節」

この場合は「暖かい」です。

「寒い季節」の反対だな、と考えるとわかりやすいでしょう。

他にも、気候、日差しなど、体全体で感じるあたたかさ、「寒さ」の反対のあたたかさという時には「暖かい」を使います。

「あたたかいセーター」

これは「暖かい」です。

気温ではなく物について言っているので「温かい」では?と思う人もいるかもしれません。

ですが、これはセーター自体が発熱して温かいわけではなく、セーターを着ることで寒さがなくなり暖かさを感じるということですから「暖かい」を使います。

例文で確認しておきましょう。

「温かい」の例文

  1. この店は手作りのインテリアが多く、温かい雰囲気だ。
  2. 彼の温かい気持ちを感じる。
  3. この国の人々の温かい心に触れ、感動した。
  4. 温かいお言葉をありがとうございます。
  5. 温かいスープをどうぞ。

「暖かい」の例文

  1. 長い冬が過ぎ、やっと暖かい季節になった。
  2. 暖かい部屋でアイスを食べるのが好きだ。
  3. 山は寒いので、暖かい服装で行こう。
  4. 今日は懐が暖かいので少し高い店に行こう。
  5. 暖かい色調のインテリアでまとめた部屋だ。

「暖かい」と「温かい」の類義語

「暖かい」と「温かい」の類義語には次のようなものがあります。

気温や物などの温度が「あたたかい(暖かい・温かい)」であれば類義語は

  • 温暖
  • ぬくい
  • ポカポカした
  • 穏やかな
  • ホカホカの
  • 温もりのある

思いやりの気持ちなどの「温かい」は

  • 心温かい
  • 優しい
  • 情け深い
  • 親切
  • 和やか
  • 温和

といった言葉が類義語として考えられます。

「暖かい」と「温かい」の対義語

「暖かい」と「温かい」の類義語は次の通りです。

  • 「暖かい」の対義語は「寒い」
  • 「温かい」の対義語は「冷たい」

まとめ

「暖かい」と「温かい」は使い方が違いましたね。

迷った時は「寒い」の反対か、「冷たい」の反対かと対義語を思い浮かべるといいですね。

ぜひ参考になさってください。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。