「唖然」「呆然」「愕然」の意味と違い!使い分け方を解説!

驚いた様子を表現する際、どんな言葉を使いますか?

代表的なのが、「唖然」「呆然」「愕然」の三つだと思います。

どれも「あまりのことに驚いている」というイメージで、似たような意味があるイメージですよね。

でも、詳しく調べてみると、やはり少しづつ意味が違うんです。

「唖然」「呆然」「愕然」にはどんな違いがあるのでしょうか?

正しい意味を知って、使い分けれるようになりたいですよね!

という事で、今回は「唖然」「呆然」「愕然」の意味と違い!使い分け方についてご説明致します!

【スポンサーリンク】

「唖然」「呆然」「愕然」の意味

「唖然」「呆然」「愕然」のそれぞれの意味を調べてみました。

「唖然(あぜん)」は、「思いがけない出来事に驚きあきれて声も出ないさま。あっけにとられるさま」という意味があります。

「呆然(ぼうぜん)」は、「あっけにとられているさま」という意味と、「気抜けしてぼんやりしているさま」という意味があります。

「愕然(がくぜん)」は、「非常に驚くさま」という意味があります。

やはり、どれも意味が似ていますね!

どのように使い分ければよいのでしょうか?

「唖然」「呆然」「愕然」の使い分け方

意味だけ調べてみましたが、なかなか違いが分かりづらいですよね。

もっと詳しく違いを調べてみました。

「唖然」の「唖(あ)」は、「言葉が話せない」という意味です。

また、「然(ぜん)」は、状態を表す言葉です。

なので、「唖然」は、驚きのあまり、声も出せないという様子を表していると言えます。

「呆然」の「呆(ほう)」は、元々、赤ちゃんをおむつで包んだ姿を現しているそうです。

この事から、「ぼんやりする」「おろか」という意味があります。

そのため、「呆然」は、驚きのあまり、ぼんやりしてしまう様子を表しているようです。

「唖然」と「呆然」は、驚いた時の表情や様子を表しています。

いわゆる「開いた口が塞がらない」「言葉が出ない」「頭が真っ白になった」というような状態でしょうか。

様子をイメージしやすいですよね。

また、「愕然」の「愕(がく)」は「おどろく」という意味です。

つまり、そのまま「驚いた状態」という意味ですね。

驚いた様子を表現する「唖然」と「呆然」に対し、「愕然」は、驚いた様子というよりは、内面の状態を説明していると言って良いかも知れません。

また、驚きの度合いとしては、「唖然」と「呆然」より「愕然」の方が強いニュアンスがあると言って良いでしょう。

状況に応じて使い分けてみましょう。

【例文】

  1. 昨日まで元気だった友人の突然の訃報に、呆然とした。
  2. あまりの部屋のちらかりように唖然とした。
  3. 乗るはずだった飛行機が運航中止となり、呆然と立ち尽くしていた。
  4. 母は突然の知らせを受け、衝撃のあまり床に座り込んで呆然としている。
  5. 私は治療法に関する研究結果を見て愕然としてしまった。
  6. 初の全国大会に出場したが、周囲との実力の差に愕然としてしまった。
「呆然」と「茫然」の違い

「呆然(ぼうぜん)」と同じ読み方で「茫然(ぼうぜん)」があります。

「茫然」は、「漠然として、つかみどころのないさま」という意味です。

また、「呆然」と同じ意味もあり、「呆然」「茫然」が同じように使われる事も多いです。

しかし、「あっけにとられて、我を忘れる」という意味の「茫然自失(ぼうぜんじしつ)」の場合、「呆然」ではないので注意しましょう。

【類語】

  • 茫然
  • 狼狽
  • 驚愕
  • 開いた口が塞がらない
  • 言葉が出ない
【スポンサーリンク】

まとめ

いかがでしたか?

「唖然」「呆然」「愕然」という三つの言葉の意味を調べていきました。

どれも似ている言葉ですが、驚いた様子に少しづつ違いがある事が分かりましたね。

現代のように写真や映像が無かった時代は、言葉で状況などを記して説明する必要がありました。

そう考えると、「唖然」「呆然」「愕然」も文字を読んだだけで、その様子が目に浮かんでくるようですよね。

正しい日本語の意味を知って、上手に使い分けていきましょう。

宜しければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



仕事ですぐ使える語彙力

【ベストセラー1位】

アマゾン語彙力本のなかで一番売れている本。
敬語でなんて返したらいいかの受け答えが書いているだけでなく、他の言い換え表現もいくつか載っているので読むだけでかなり語彙力アップが期待できます。30万部突破も納得の内容。

敬語の意味がしっかりと書かれていて、プラスワンの豆知識や類義語などもあるのでちゃんと理解して言葉を選べるようになります。
挨拶、メールなどビジネスシーンを網羅しているので、お得感のある一冊。

前作の「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」の続編で、よくある場面順になんと表現したらいいかがイラスト入りで解説されているので、前作よりさらに読みやすさがアップ。
「こんなとき、なんて言うんだっけ?」という時は、場面を探して辞書のように使える一冊。

大人の対応は「返し」が違う

職場、友人など、人間関係における40の悩みを、大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない、腹も立たない。嫌味さえもサラリとかわす。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと楽になる。

この記事が役にたったらシェア!