転職の基礎知識

ブラック企業の見分け方は?転職エージェントでは教えてもらえる?

ブラック企業の見分け方は?転職エージェントでは教えてもらえる?

皆さまが就職活動する時に一番心配していることは、誤ってブラック企業に入社してしまったらではないでしょうか。

名前の売れている企業だから安心だと思い、入る前はいいところだと思っても、実はパワハラが横行していたり、希望する配属部署ではなかったり、残業時間が聞いていた話と違うなど沢山の事例が発生しています。

もちろん面接では自社の悪い面まで教えてくれないので、見分けるのが難しいでしょう。

そこで、今回はブラック企業の見分け方と転職エージェントで教えてもらえるのかを解説していきます。

【スポンサーリンク】

ブラック企業はある程度、転職エージェントで見極めできる!

そもそものブラック企業の定義は以下の3つに分類されます。

  • 長時間労働・ハラスメントが常態化している
  • 残業代や手当の未払いなどの違法労働が行われている
  • 採用・離職が繰り返され社員が「使い捨て」状態になっている

転職エージェントは、無料で皆さまの転職のサポートしてくれるありがたい人材紹介会社です。

多くの転職エージェント会社は企業との提携があり、何度も転職者を企業に送り出している実績を持っていることが多いです。

その後、実際にその転職者からの実際に働いてみた感想などのフィードバックを含め転職エージェントと提携している企業の情報はそろっているため、

ブラック企業の見分けが転職エージェントで可能になるでしょう。

注意として転職エージェントも歩合給というのがあり、無茶に入社させようとしてくるエージェントもいることを理解しましょう。

この場合の解決方法としては担当者を変えてもらう、あるいはいくつもの転職エージェントを登録しておくことをおすすめします。

中にはブラック企業を排除した転職エージェントも存在しますので有効に利用していきましょう。

ホワイト企業でもつらいことは沢山あることを理解しておきましょう!

必ずしも退職率が高いのがブラック企業だけでは無いことを理解しておきましょう。

どんなにホワイト企業をうたっている企業でも配属先の上司までがホワイトかどうか定かではありません。

特に大手企業になると無数の部署が存在し、様々な人が在籍しています、もちろん同僚や上司に部下と合う合わないの問題も出てきます。

この事ばかりは転職エージェントでもわかりません。

まずは自身の市場価値を転職する前に高めておくことをおすすめします、どんな企業でも優秀な部下はそんなに怒られることも無いです。

転職を急ぐのであれば自分の経験を元に得意な職種での転職をすすめします。

転職エージェントの選び方

転職エージェントは全国に500社以上あると言われております。

大手では総合転職エージェントという幅広く紹介してくれる会社や、2名~10名規模の小規模の会社が多いです。

小規模の転職エージェントでは他社との差別化を図るために、それぞれのIT・介護・営業など特定分野に特化している場合が多いのです。

なにより企業側も固定の転職エージェントをリピートしてくれている企業が多いのです。

これは転職者からすると自身の希望する分野の職種に特化した転職エージェントを利用することで応募先企業の内部事情まで教えてくれて、

さらには応募企業への内定率も転職エージェントが引き上げてくれる事でしょう。

おすすめとしてはやはり大手総合転職エージェントよりある特定の分野に特化した転職エージェントを利用することをおすすめします。

dodaなら専門スタッフがトータルサポート

転職エージェントのメリット

転職エージェントの中にはブラック企業を100%排除した企業を紹介してくれる会社もあります。

最初からある程度ブラック企業を除いて転職活動できるのは転職者にとってもありがたいことです。

そのほか転職エージェントでは以下のサポートも無料で受けられます。

受けられるサポート
  • 面倒な応募先企業の手続きをすべて代行してくれる
  • あなたの強みやPRポイントを整理してくれる
  • 過去データから万全な面接対策をしてくれる
  • あなたに合った非公開求人を探してきてくれる
  • あなたのことを営業してくれるため、他の候補者より有利になる
  • 年収交渉を引き受けてくれる
  • 退職トラブルの相談相手になってくれる

これらはすべて無料で利用して頂けます。

まずは担当のエージェントにブラック企業に対して懸念してることを伝えておきましょう。

エージェントの中には成績のために無茶に入社させようとしてくる者もいます。

この場合は担当者を変更してもうか他の転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用して転職した方の6割が平均3社~5社の転職エージェントを利用していたというデータも出ていますのでなるべく複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

まとめ

ブラック企業の見分けは素人の目線では厳しいものがあります。

すごく名前が売れている大企業でさえブラック企業の認定をされています。

ここは内部事情に詳しい転職エージェントや、ブラック企業を排除した転職エージェントを上手く利用していく事が一番の近道ではないかと考えられます。

ぜひ一度の人生ですし、ホワイト企業で充実した生活をGETしていただければとおもいます。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。