言葉の意味と使い方

「知己」の読み方や意味と使い方!「知己を得る」とは?|類義語・例文

「知己」の読み方や意味と使い方!「知己を得る」とは?|類義語・例文

「知己」という言葉を知っていますか?

読み方を間違えている人も多い言葉なので、注意が必要です。

「知己を得る」などの言い回しで、ビジネスシーンや新聞・ニュースなどでもよく使われています。

ぜひこの機会に意味や使い方を確認しておきましょう。

今回は、「知己」の読み方や意味と使い方!「知己を得る」とは?|類義語・例文についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「知己」の読み方

知己の読み方の画像

さて、「知己」の読み方ですが、これは「ちき」と読みます。

「自己」の「己」と同じですから、「ちこ」だと思っている人も多いかもしれませんね。

「己」の音読みは「コ」「キ」があり、「キ」と読むのは他に「克己(こっき)」などがありますが、あまり馴染みのない読み方でしょうからしっかり覚えておきましょう。

「知己」は「ちき」と読みます。

「気が置けない」を間違った意味で使ってない?使い方を例文つきで解説
「気が置けない」を間違った意味で使ってない?使い方を例文つきで解説「気が置けない」という言葉を使ったことがありますか? いろいろな場面でよく耳にするこの「気が置けない」ですが、実は間違った意味で使...

「知己」の意味

「知己」は「自分のことをよく理解してくれている人」「知り合い。知人」という意味です。

読み方は「ちき」でしたね。

親友や理解者といった、自分のことを深く理解してくれる人という意味と、単に知り合いであるという意味と、ふた通りあります。

「己(おのれ)」を「知る」と書きますが、これがどうして親友などの意味になったのでしょうか。

「知己」の語源は司馬遷の『史記』です。

「士は己を知る者の為に死す」という一節があり、ここの「己を知る者」というのは「己の才能を認めて重用してくれる主君」という意味です。

ここから、「自分を知ってくれる人」というのが「自分について理解のある人」、つまりそうした親友や深く自分を理解してくれる人物という意味で広く使われるようになったのです。

「知己」の使い方

4人組の女友達(知己)

「知己」は、「自分の心をよく知ってくれる人」や「知り合い」という意味で使います。

自分をよく理解してくれる知り合いという意味で、親友などを指して使います。

または、単に「知り合い」という意味もありますので、そんなに深く理解しあっているような関係でなくても、普通の知人のことを「知己」とも言います。

「彼は知己が多い」などというのは、普通に知り合いが多いという意味でしょう。

ですが、人を紹介するときに「彼は私の中学時代からの知己で」などと言うのは、「彼は親友です」といい意味で紹介しているということが多いでしょう。

広く知り合いという意味で使われますので、親友なのかちょっとした知り合いなのかは文脈から判断するということになります。

また、「知己」は「友達」とか「知り合い」というのに比べてやや古い印象の、堅苦しいイメージのある漢語です。

そのため、気軽な会話ではなく文章中や改まった場面での会話、スピーチなどでよく用いられます。

【例文】

  1. 彼は私の三十年来の知己です。
  2. 彼女は○○さんの知己で、信頼できる人だそうだ。
  3. 知己を頼って上京した。
  4. 彼女は知己が多い。
「親睦」の意味と使い方! 「親睦会」と「懇親会」の違いは?
「親睦」の意味と使い方! 「親睦会」と「懇親会」の違いは?【類義語・対義語】「親睦」という言葉を使ったことがあるでしょうか。 「親睦を深める」とか、「親睦会」などの使い方をし、ビジネスシーンでもおなじみの言...

「知己を得る」とは?

「知己」の使い方の一つに「知己を得る」というものがあります。

「知己を得る」は、「自分のことをよく理解してくれる人、親友を得る」ということです。

「親友ができる」とか「友人になる」といった言い方よりも、重みがありますのでこれも文章中や、あらたまった場で使われる言葉です。

【例文】

  1. これまでの人生で多くの知己を得ることができ、充実した日々を送っている。
  2. 大学で同じ目標を持つ知己を得たことで人生が楽しくなった。
  3. 有名な学者と知己を得ることができてとても光栄だ。

「知己」の類義語

「知己」の類義語には次のようなものがあります。

  • 親友(とても仲が良い友人)
  • 朋友(友達。友人)
  • 旧友(古くからの友達)
  • 仲間(一緒に物事をする間柄)
  • 知り合い(顔、名前、人柄などを知っている人)
  • 知人(互いに知っている人)
  • 顔なじみ(いつも会っており顔を見慣れている人)

「知己」の対義語

「知己」の対義語には次のようなものがあります。

  • 他人(つながりのない人)
  • 赤の他人(全く関わりのない人)
  • 縁もゆかりもない(なんの繋がりも関係もない)
  • 第三者(当事者以外の人)
「赤の他人」はなぜ赤?意味や語源と「他人」との違いを解説!【類義語・対義語】
「赤の他人」はなぜ赤?意味や語源と「他人」との違いを解説!【類義語・対義語】「赤の他人」という言葉はよく見聞きするのではないでしょうか。 ドラマのセリフにもありそうですが、日常会話でもしばしば使われる言葉で...

まとめ

「知己」は「親友」とか「知り合い」を指す言葉でしたね。

かしこまった場で使えるかたい印象の言葉です。

普段の会話で使ったことがないという人も、仕事の場などで使う機会もあるかもしれません。

「ちき」という正しい読み方とともにしっかり覚えておきましょう。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。