「潮流」の意味と使い方!「時代の潮流」とは?【類語・例文】

「時代の潮流に乗っている」「IT時代の新潮流だ」

ビジネスシーンではしばしば見聞きする「潮流」という言葉。

ニュースでもよく耳にしますよね。

前後の言葉や全体の文脈から、なんとなく意味はわかるかと思います。

ですが、きちんと「潮流」の意味を調べる機会って、あまりないのではないかと思います。

「潮流」ってどういう意味なのか、「時代の潮流」とは一体なんなのか、この機会に確認しておきませんか。

今回は、「潮流」の意味と使い方!「時代の潮流」とは?【類語・例文】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「潮流」の意味

「潮流」は「潮の流れ。潮の満ち引きによって起こる海水の流れ」「時勢の動き。時代の傾向」という意味です。

「ちょうりゅう」と読みます。

漢字はそのまま「潮の流れ」という字ですよね。

海はいつも同じ高さではありませんよね。

月と太陽の引力によって潮の満ち引きがおこります。

それにともなって、海岸付近や海峡の海の水は一定方向に流れ、たいていの場合1日に2回ずつ流れの方向が変わります。

時とともに流れが反対方向に変わり、また時が経てば反対方向に変わり……という様子から、比喩的に「時代の傾向」という意味で使われるようになったのです。

「潮流」の使い方

「潮流」は「海の水の流れ」という意味と、それを比喩的に用いた「時代の傾向」という意味と、二つの意味がありました。

潮の流れという意味でも、「潮流情報」「潮流図」などの言葉があり、漁業や船舶の運航、海洋工事、マリンレジャーなど海に関係する人々にとってはおなじみの言葉だと思います。

潮流のエネルギーを用いた「潮流発電」というものもあります。

ですが、ビジネスシーンなどで使われる「潮流」は、職種にもよりますが一般的には二番目の意味でしょう。

人々の考え方やライフスタイルの変化、流行など、その時代の傾向を表します。

「潮流に乗る」「潮流を読む」などのいろいろな形で使われますので例文で確認しましょう。

【例文】

  1. 新しいビジネスの潮流に乗る。
  2. IT業界の潮流を読む。
  3. 社会の潮流を見極める。
  4. 現代アート界の潮流を一望できる展覧会。
【スポンサーリンク】

「時代の潮流」とは?

「潮流」はよく「時代の潮流」という使われ方をします。

ビジネスシーンでも何かと耳にする言葉ですよね。

新聞やビジネス書にもよくでてきます。

この「時代の潮流」は「その時代の傾向」「その時代の流行」といった意味です。

「潮流」だけで「時代の傾向」という意味ではあるのですが、「時代の潮流」としたほうが「その時代の」という意味がはっきり強調されます。

また海流の意味の「潮流」と混同することもなくなりますね。

多く「時代の潮流に乗る」という使い方で、「世間で注目されているものを自分も注目する」「流行を取り入れる」「世の中の傾向に従う」というような意味になります。

言い換えるなら「トレンドを掴む」「時代の先端を行く」といったところでしょうか。

【例文】

  1. 時代の潮流に乗り彼の起業は大成功した。
  2. 時代の潮流を読む。
  3. これが時代の潮流に乗って誕生した新しいSNSである。

「潮流」の類語

「潮流」の類語には次のようなものがあります。

  • 趨勢(ある方向へと動く勢い。これからどうなっていくかという様子)
  • 動向(事態の動いていく方向)
  • 大局(物事全体の成り行き)
  • トレンド(動向、傾向や流行りのこと)
  • 風潮(時代とともに変わる世間一般の傾向)
  • 流行(ある現象が一時的に世間に広まること)
  • 傾向(物事の状態や性質が全体としてある方向へ向かうこと)

いずれも何かの傾向が一般的に変化する、またはあるものが人気になるといったときに使う言葉です。

まとめ

「潮流」はその字の通り「潮の流れ」という意味の言葉でした。

そこから転じて「時代の流れ」を表すようになったんですね。

時代とともに、人々の考えや好みも潮の流れのように変わっていきます。

仕事をしていく上で、敏感に「潮流」を捉えて流れに乗っていきたいものですね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



仕事ですぐ使える語彙力

【ベストセラー1位】

アマゾン語彙力本のなかで一番売れている本。
敬語でなんて返したらいいかの受け答えが書いているだけでなく、他の言い換え表現もいくつか載っているので読むだけでかなり語彙力アップが期待できます。30万部突破も納得の内容。

敬語の意味がしっかりと書かれていて、プラスワンの豆知識や類義語などもあるのでちゃんと理解して言葉を選べるようになります。
挨拶、メールなどビジネスシーンを網羅しているので、お得感のある一冊。

前作の「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」の続編で、よくある場面順になんと表現したらいいかがイラスト入りで解説されているので、前作よりさらに読みやすさがアップ。
「こんなとき、なんて言うんだっけ?」という時は、場面を探して辞書のように使える一冊。

大人の対応は「返し」が違う

職場、友人など、人間関係における40の悩みを、大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない、腹も立たない。嫌味さえもサラリとかわす。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと楽になる。

この記事が役にたったらシェア!