「栄転」の意味とは?「昇進」との違いは?【類義語・対義語】

「彼は本社に栄転した」

「この人事異動は栄転だ」

「ご栄転おめでとうございます!」

仕事をしていると、「栄転」という言葉をしばしば耳にしますね。

使われるシーンからも、いいポジションにつく、偉くなるみたいな、いい意味の言葉だということはわかると思います。

ぜひしてみたい(?)「栄転」ですが、他にも「今より偉くなる」意味の言葉って色々ありますよね。

中でも「昇進」は「栄転」以上によく使われる言葉かもしれません。

どちらも地位が上がる意味なら、どのように使い分けるとよいのでしょうか。

ぜひ確認しておきましょう。

今回は、「栄転」の意味とは?「昇進」との違いとは?【類義語・対義語】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「栄転」の意味

「栄転」は「今までよりもよい地位に移りかわること」という意味です。

「えいてん」と読みます。

「栄えて」「転じる」と書きますね。

「栄える」とあるので、漢字からも意味はわかりやすいといえるでしょう。

「栄転」は今までよりも高い地位や役職につくという意味です。

栄転のお祝いを伝える時など、人の栄転について述べる時は「ご栄転」ということも多いです。

【例文】

  1. 彼はもうすぐ本社営業部に栄転するらしい。
  2. 彼女が支店長に栄転する。
  3. ご栄転おめでとうございます。

「昇進」の意味

「昇進」は「官位、地位が上がって行くこと」という意味です。

「しょうしん」と読みます。

こちらは「昇る」「進む」と書きますね。

その通り、地位がのぼって進むわけです。

例えば肩書きが課長から部長に変わるなど、今のポジションよりも上のポジションに変わることを意味します。

こちらも人に言う時は「ご昇進」とも言います。

【例文】

  1. 昇進して部長になった。
  2. 彼は真面目で優秀なのになかなか昇進しない。
  3. このたびのご昇進おめでとうございます。

「栄転」と「昇進」の違い

「栄転」も「昇進」も、それぞれ地位がよくなることを表しますね。

ではこの二つの違いをみていきましょう。

  • 「栄転」は「転勤や異動で地位が上がること」
  • 「昇進」は「異動せずに地位が上がること」

となります。

「栄転」は「栄えて」「転じる」と書きますので、転勤したり、部署が変わったりするのに伴って昇進するということなのです。

「昇進」の方は転勤するという意味はなく、同じ部署や同じ支店などのままで地位が上がるということを表します。

例えば

  • 静岡支社の課長が、東京本社の部長になる……これは「栄転」ですね。
  • A支店の主任がB支店の支店長になった……これも「栄転」です。

一方、

  • 総務部課長が総務部長になった……これは同じ部署内なので「昇進」です。
  • A店のチーフが店長になった……これも同じ店の中なので「昇進」ですね。

会社の場所や部署など、勤めるところが変わって、さらに地位が上がった時に「栄転」を使いますので、覚えておきましょう。

「栄転」と「昇進」の類義語

「栄転」と「昇進」の類義語には次のようなものがあります。

  • 出世(世間に出て、人に知られるよい地位、身分になること)
  • 栄進(地位、役職などが上がること)
  • 栄達(出世すること。高い地位、身分を得ること)
  • 昇級(等級、階級があがること)
  • 昇任(役が上になること)
  • 昇叙(現在より上の官職や位階を授けられること)
  • 登庸(人の官位、地位などを引き上げて用いること)

「栄転」と「昇進」の対義語

「栄転」の対義語は「左遷」です。

「左遷」は「それまでの官職、地位から低い官職、地位におとすこと」という意味です。

昔の中国で、右を尊び左を卑しんだというところからできた言葉だそうです。

ビジネスもののドラマとか、実際に仕事をしていても噂話で「あいつは左遷されたらしい」なんて聞くこともありそうですよね(笑)。

「栄転」はめでたいものですが、「左遷」はされたくないものですね。

「昇進」の対義語は「降等」「降格」です。

「降等」は「階級を1階級下げること」です。

旧陸海軍の懲罰の一つなので、今現在「降等」という言葉を使うことはあまりありませんね。

「降格」は「格式、地位などが下がること」という意味です。

部長から課長への降格など、こちらは日常的に見聞きする言葉かと思います。

「栄転」と「昇進」の違いは、「栄転」の方は異動や転勤など、それまでと違うところで地位が上がる点でしたね。

対義語である「左遷」と「降格」も同じような違いがあります。

「左遷」は例えば花形部署から暇な部署に移されるとか、本社から理法の営業所に転勤とか、今の職場と違うところに移されて地位が下がるということを表します。

それに対し、「降格」は同じ職場で役職が下になるという意味になります。

まとめ

「栄転」と「昇進」という、二つの言葉についておわかりいただけたでしょうか。

「栄転」も「昇進」も、会社で働く人にとってはいい言葉、おめでたい言葉ですよね。

自分の「栄転」や「昇進」はもちろんですが、人が「栄転」や「昇進」をした時にお祝いを述べたりする機会もあると思います。

二つの言葉の違いをしっかり理解して使い分けたいですね。

ぜひ参考になさってください。

最後までお読みくださりありがとうございました!

・合わせて読みたい→「顕彰」と「表彰」の違いは?意味と使い分け方!【例文つき】

 

合わせて読みたい記事



仕事ですぐ使える語彙力

【ベストセラー1位】

アマゾン語彙力本のなかで一番売れている本。
敬語でなんて返したらいいかの受け答えが書いているだけでなく、他の言い換え表現もいくつか載っているので読むだけでかなり語彙力アップが期待できます。30万部突破も納得の内容。

敬語の意味がしっかりと書かれていて、プラスワンの豆知識や類義語などもあるのでちゃんと理解して言葉を選べるようになります。
挨拶、メールなどビジネスシーンを網羅しているので、お得感のある一冊。

前作の「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」の続編で、よくある場面順になんと表現したらいいかがイラスト入りで解説されているので、前作よりさらに読みやすさがアップ。
「こんなとき、なんて言うんだっけ?」という時は、場面を探して辞書のように使える一冊。

大人の対応は「返し」が違う

職場、友人など、人間関係における40の悩みを大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない、腹も立たない。嫌味さえもサラリとかわす。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと楽になる。

この記事が役にたったらシェア!