資格・通信講座

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を活かす仕事は?将来性はあるの?

私がFP2の資格を取りたいと思ったきっかけは、株式投資を始めたことです。 当時は、アベノミクス相場が始まって1年以上が経過した時期で、すでに多くの銘柄の株価が大幅上昇した状況でした。 そして、その時期に株式投資を始めた私は、予想していた以上に投資成績が好転しないため、何が原因なのだろうと悩んでしまいました。 そこで、CAPMなどの株式価値の算出する理論を勉強できるFP2の資格を取りたいと思ったのです。 ここではFPの将来性やFP資格を活かす仕事について書きたいと思います。 FPの将来性は?FP資格を活かす3つの業態 FPの将来性は、良好だと考えます。 約20年前から、ファイナンシャルプランナーという資格は脚光を浴びるようになってきましたが、年々、FPのビジネスのすそ野は着実に広がりを見せています。 1,資産運用のコンサルティング FPの取り扱い分野は多岐にわたりますが、ひとつは資産運用分野におけるコンサルティング業務が挙げられます。 FPが、株式投資や投資信託の運用、FXの取引や不動産取引に関して、その時代にあわせた内容で顧客に対してアドバイスを行うのです。 現在であれば、新型コロナウイルス感染流行の長期化が確実視されているため、世界経済の不況突入が確実視されています。 そのため「この非常時に、どのような投資行動をとるべきか」といったテーマで、アドバイス活動をおこなうことができれば、FPビジネスは成功します。 また、資産運用分野では、セミナーの講師としての活動や、書籍の出版においても成功の余地が大きいです。 株式投資などの投資活動に熱心な人々は常に一定の割合で存在するだけでなく、老後の年金生活に不安を抱く人々は常に専門家からのアドバイスを必要としています。 このため、的確な投資行動をアドバイスできるFPは、大きな収入を得ていく可能性が高いです。 2,保険ビジネス ふたつめは、保険ビジネスが挙げられます。 いまや、生命保険や医療保険の営業マンはFPの資格が欠かせません。 保険ビジネスの世界に入るためには、FP資格が入口となっているとさえ言えます。 そして、保険業界は長年飽和状態になっているといわれていますが、けっしてビジネスチャンスがないわけではありません。 むしろFPにとっては、ビジネスチャンスがあふれているのが保険業界です。 具体的には、街頭でよく見かける「ほけんの窓口」といった相談ビジネスです。 これらのお店では、顧客から「現在入っている終身保険で問題ないのか」や「保険料を軽減しつつ、医療保障を手厚くしたい」など、保険に関するさまざまな相談を受けています。 そのうえで、FPが顧客のニーズに適していると考えられる保険商品を提案し、保険契約を獲得することで手数料収入を得ています。 現在、保険業界ではこのビジネス手法が拡大しています。 FPという資格が顧客から信頼されているため、顧客が自分の家族構成や年収、資産まで伝えたうえで、適切な保険の提案を望んでくれています。保険分野でのFPの将来性は、高いです。 3,資産運用、税金面でのコンサルティング 最後に、FPの将来性という点では、資産運用と兼ねた税金面でのコンサルティングビジネスが挙げられます。 この分野は、主に富裕層がターゲットとなります。 従来は、信託銀行が主に顧客としてきた地主層です。 地主層は現代社会でも多く存在しており、彼らは相続税負担や贈与税負担をできるだけ軽減しつつ、土地や金融資産を子孫に残していきたいと考えています。 彼ら地主層に対するコンサルティングビジネスの分野は、FPにとって開拓余地の大きな分野といえます。 まとめ FPの資格を取得することは、自分が金融部門で仕事をするときに有益なだけではありません。 自分の人生設計をたてるうえで、必要な多くの知識を得ることができます。 株式投資では、株式の理論値の算定方法を学ぶことができるため無謀な投資をしなくて済みます。 さらに、年金制度や所得税、相続税など税制まで学ぶことができるため、自分の老後までを見通したうえで、合理的な経済行動をとることが可能となります。

私がFP2の資格を取りたいと思ったきっかけは、株式投資を始めたことです。

当時は、アベノミクス相場が始まって1年以上が経過した時期で、すでに多くの銘柄の株価が大幅上昇した状況でした。

そして、その時期に株式投資を始めた私は、予想していた以上に投資成績が好転しないため、何が原因なのだろうと悩んでしまいました。

そこで、CAPMなどの株式価値の算出する理論を勉強できるFP2の資格を取りたいと思ったのです。

ここではFPの将来性やFP資格を活かす仕事について書きたいと思います。

【スポンサーリンク】

FPの将来性は?FP資格を活かす3つの業態

FPの将来性は、良好だと考えます。

約20年前から、ファイナンシャルプランナーという資格は脚光を浴びるようになってきましたが、年々、FPのビジネスのすそ野は着実に広がりを見せています。

1,資産運用のコンサルティング

FPの取り扱い分野は多岐にわたりますが、ひとつは資産運用分野におけるコンサルティング業務が挙げられます。

FPが、株式投資や投資信託の運用、FXの取引や不動産取引に関して、その時代にあわせた内容で顧客に対してアドバイスを行うのです。

現在であれば、新型コロナウイルス感染流行の長期化が確実視されているため、世界経済の不況突入が確実視されています。

そのため「この非常時に、どのような投資行動をとるべきか」といったテーマで、アドバイス活動をおこなうことができれば、FPビジネスは成功します。

また、資産運用分野では、セミナーの講師としての活動や、書籍の出版においても成功の余地が大きいです。

株式投資などの投資活動に熱心な人々は常に一定の割合で存在するだけでなく、老後の年金生活に不安を抱く人々は常に専門家からのアドバイスを必要としています。

このため、的確な投資行動をアドバイスできるFPは、大きな収入を得ていく可能性が高いです。

2,保険ビジネス

ふたつめは、保険ビジネスが挙げられます。

いまや、生命保険や医療保険の営業マンはFPの資格が欠かせません。

保険ビジネスの世界に入るためには、FP資格が入口となっているとさえ言えます。

そして、保険業界は長年飽和状態になっているといわれていますが、けっしてビジネスチャンスがないわけではありません。

むしろFPにとっては、ビジネスチャンスがあふれているのが保険業界です。

具体的には、街頭でよく見かける「ほけんの窓口」といった相談ビジネスです。

これらのお店では、顧客から「現在入っている終身保険で問題ないのか」や「保険料を軽減しつつ、医療保障を手厚くしたい」など、保険に関するさまざまな相談を受けています。

そのうえで、FPが顧客のニーズに適していると考えられる保険商品を提案し、保険契約を獲得することで手数料収入を得ています。

現在、保険業界ではこのビジネス手法が拡大しています。

FPという資格が顧客から信頼されているため、顧客が自分の家族構成や年収、資産まで伝えたうえで、適切な保険の提案を望んでくれています。保険分野でのFPの将来性は、高いです。

3,資産運用、税金面でのコンサルティング

最後に、FPの将来性という点では、資産運用と兼ねた税金面でのコンサルティングビジネスが挙げられます。

この分野は、主に富裕層がターゲットとなります。

従来は、信託銀行が主に顧客としてきた地主層です。

地主層は現代社会でも多く存在しており、彼らは相続税負担や贈与税負担をできるだけ軽減しつつ、土地や金融資産を子孫に残していきたいと考えています。

彼ら地主層に対するコンサルティングビジネスの分野は、FPにとって開拓余地の大きな分野といえます。

まとめ

FPの資格を取得することは、自分が金融部門で仕事をするときに有益なだけではありません。

自分の人生設計をたてるうえで、必要な多くの知識を得ることができます。

株式投資では、株式の理論値の算定方法を学ぶことができるため無謀な投資をしなくて済みます。

さらに、年金制度や所得税、相続税など税制まで学ぶことができるため、自分の老後までを見通したうえで、合理的な経済行動をとることが可能となります。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。