転職エージェント

転職エージェントを複数利用ってどうなの?使い分け方とメリット・デメリットを解説!

「転職エージェントを複数利用しても大丈夫?」と、疑問に思ったことはありませんか?

転職エージェントを上手に使い分ける方法を知ることで、あなたの転職活動が効率的になります。

それだけではありません。

内定を勝ち取るための武器としても利用できるのです。

ここでは、大手転職エージェントでキャリアコンサルタントとして勤務していた私から、〝転職エージェントの複数利用法〟についてご紹介をしたいと思います。

転職エージェントを複数利用するメリット・デメリットに触れつつ話を進めていきますので、本記事を読むだけで冒頭の疑問がスッキリするはずです。

それではさっそく進めていきましょう!

【スポンサーリンク】

転職エージェントを複数の掛け持ちとは?

転職エージェントには複数登録をしましょう!

こう言うと、「浮気しているみたいで、転職エージェントの担当者にネガティブな印象をもたれそう」といった声を聞くことがあります。

そんなことはありません。

私は大手転職エージェントで勤務していましたが、dodaやリクルートエージェントといった業界大手の転職エージェントだけでなく、

立ち上げたばかりのベンチャーの転職エージェントにも登録している人は少なくありませんでした。

「本気で転職を考えているんだな」と、転職エージェントが受ける可能性がありますので、前向きに考えてください。

そもそも転職エージェントを複数利用することは、禁止されていません。

転職活動においては、キャリアの選択肢を増やすための賢い進め方だと覚えておきましょう。

転職エージェントを複数利用するメリット

転職エージェントを複数利用するメリットは、主に次の3つです。

  1. 自分にマッチした転職エージェントが見つかりやすくなる
  2. 客観的なアドバイスを得られやすい
  3. 独自の求人が分かるようになる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

1.自分にマッチした転職エージェントが見つかりやすくなる

転職エージェントの担当者によって、サービスのクオリティに違いが出ます。

新人が担当することも十分考えられます。

業界知識も未熟なキャリアコンサルタントが担当することで、「自分はどこの企業からも必要とされていないんだ」「魅力的な企業が見つからない」などと、自信を失って転職活動が滞るかもしれません。

複数のエージェントを掛け持ちしていることで、そうした〝はずれの担当者〟がつくリスクを軽減することができます。

転職エージェントごとに社風や担当者の個性も違います。

自分にマッチした担当者を選ぶ意味でも、転職エージェントを複数利用すべきです。

2.客観的なアドバイスを得られやすい

客観的なアドバイスを得られやすい点は、転職エージェントのメリットの1つと言えるでしょう。

自分自身の経歴に対して、第三者の客観的アドバイスは貴重です。

「求人企業から見て、私の経歴はどう思われますか?」と、転職エージェントの担当者に疑問をぶつけても大丈夫です。

経歴によっては、「もう少し今の会社で経験を積んだほうが良い」と、場合によっては転職をしないアドバイスをもらえることがあります。

さらに、「転職エージェントの○社ではこのように助言を受けましたが、どのように思われますか?」と、別の転職エージェントの担当者に感想を求めてみるのもおすすめです。

複数のエージェントの担当者から客観的なアドバイスを聞くことで、自分自身にとって本当に有用な情報が絞り込まれていくでしょう。

3.独自の求人が分かるようになる

転職エージェントに複数登録をしていても、紹介される求人が同じことは珍しくありません。

そのため、転職エージェントを複数利用していると、どの求人が独自の案件かが分かるようになります。

独自の求人だと、その転職エージェントが採用の窓口を任されている独占状態なので、書類選考が通りやすかったり、内定までのプロセスが早くなるなどメリットがあります。

転職エージェントを複数利用するデリット

次に、転職エージェントを複数利用するデメリットについてご紹介したいと思います。

具体的には次の2つです。

  1. 進捗管理が大変になる
  2. 担当者への連絡が遅れがちになる

注意点を解説していきますね。

1.進捗管理が大変になる

複数利用していると、「どの求人を、どのエージェントから応募したか分からない」といった、悩みを聞くことがあります。

進捗管理が大変になるのが、複数の転職エージェントを利用するデメリットです。

少し手間ですが、「いつ、どの転職エージェントから、どの企業に応募したか」といった、応募企業のリスト化をしておきましょう。

2.担当者への連絡が遅れがちになる

仕事も忙しく、転職エージェントを何社も利用していると、担当者への連絡が遅れがちになります。

「基本的なコミュニケーションができない人」と、悪い印象を持たれてしまいかねません。

転職エージェントを複数利用するのであれば、メール返信や電話の折り返しなどスピード対応を心がけましょう。

まとめ

転職エージェントを複数利用することについて、メリット・デメリットに触れつつ解説をしてきましたがいかがでしたでしょうか?

本記事でご紹介した内容を参考に、納得のいく転職活動につなげて頂ければ幸いです。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。