「辟易する」の意味は「うんざりする」?正しい使い方と類語は?

「辟易する」という言葉は、いろいろな場面で見聞きすることがあると思います。

大体は「うんざりする」というような意味で使われているようです。

でも、「辟」などという漢字、普段使うことはあまりないですよね。

「易」も、占いの「易者」や「簡易」などという熟語では目にしますが、どうしてそれが「うんざりする」意味の言葉に使われるのでしょうか?

「辟易」は難しそうな響きの言葉ですが、意外と日常的に使われていたりします。

一体どのような意味があり、どのような使い方をするのが正しいのでしょうか?

今回は、「辟易する」の意味は「うんざりする」?正しい使い方と類語は?について、ご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「辟易する」の意味

「辟易」は「へきえき」と読みます。

「辟易する」とは「うんざりして嫌気がさす」という意味です。

「易」も、「い」などの読み方もありますので「へきえき」と正確に覚えておきましょう。

「辟易」の「辟」には「罪、重い刑罰」という意味と「避ける」という意味があります。

「易」には「変える、入れ替える」「占い」「たやすい」という意味があります。

「辟」の「避ける」という意味と、「易」の「変える」という意味をとって「辟易」という言葉ができました。

「辟易」は、元々は中国の歴史書『史記』に出てくる言葉でした。

「道を避けて場所を変える」という意味だったそうです。

それが転じて「相手を恐れ逃げる」という意味になりました。

そこから、「たじろぐ」という意味を持つようになり、今では「閉口する、うんざりする、嫌気がさす」といった意味で使われるようになりました。

要は「辟易する」と文中に出てきた場合は、「うんざりする」と置き換えても意味はほぼ同じですので、覚えておくとよいですね。

「辟易する」の使い方

「辟易」は名詞で、また「~する」という動詞をつけて「辟易する」という風に使います。

ですので、文法的に正しい使い方としては「辟易する」「辟易して」「辟易させられる」などになります。

たまに「辟易と」「辟易な」などという使い方をしている人もいますが、これは間違いということになります。

先ほど意味を確認したように、「うんざりする」「嫌気がさす」「たじろぐ」といった場面で使います。

「悩む」や「怒る」、「反抗する」のような意味は含みません。

ですので、相手に対して言い返したりして働きかけるのではなく、自分(相手、周囲)が「うんざりして嫌だなぁ」と思っている、というときに使う言葉です。

【例文】

  1. 相手の剣幕に辟易する。
  2. 保険会社のしつこい勧誘には辟易させられる。
  3. 部長の高圧的な態度には周囲も辟易している。
  4. 毎日毎日同じ作業の繰り返しでみんなすっかり辟易している。

「辟易する」の類語

「辟易する」に似た言葉、別の言い方をいくつか挙げておきます。

「辟易する」がとっさに思い浮かばないときや、もっとくだけた言い方をしたいときなどには言い換えて使うことができますね。

「うんざりする」という意味では

  • 飽きる
  • 食傷する
  • うんざりする
  • 嫌気がさす

「手に負えなくて困る」という意味では

  • 閉口する
  • 戸惑う
  • わずらわしい

「相手の勢いに圧倒される、引きさがる」という意味では

  • 尻込みする
  • ひるむ
  • たじろぐ

などなどがあります。

同じ「辟易する」と言っても、状況により意味は少し違っているかもしれません。

毎回繰り返されることにうんざりしてすっかり飽きている、という場合もあれば、相手の勢いに押されて困っている、という場合もあるでしょう。

言い換えることでそのニュアンスが変わってしまわないように、適した意味の言葉を選ぶよう気をつけてくださいね。

まとめ

「辟易する」という言葉について考えてきました。

仕事をする上で、また日常の些細な場面でも、「辟易する」ことって結構多いのではないでしょうか。

「辟易」は難しそうでありながら、身近な言葉でもあります。

「辟易する」の意味を理解して、ぜひ使ってみてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



仕事ですぐ使える語彙力

【ベストセラー1位】

アマゾン語彙力本のなかで一番売れている本。
敬語でなんて返したらいいかの受け答えが書いているだけでなく、他の言い換え表現もいくつか載っているので読むだけでかなり語彙力アップが期待できます。30万部突破も納得の内容。

敬語の意味がしっかりと書かれていて、プラスワンの豆知識や類義語などもあるのでちゃんと理解して言葉を選べるようになります。
挨拶、メールなどビジネスシーンを網羅しているので、お得感のある一冊。

前作の「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」の続編で、よくある場面順になんと表現したらいいかがイラスト入りで解説されているので、前作よりさらに読みやすさがアップ。
「こんなとき、なんて言うんだっけ?」という時は、場面を探して辞書のように使える一冊。

大人の対応は「返し」が違う

職場、友人など、人間関係における40の悩みを、大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない、腹も立たない。嫌味さえもサラリとかわす。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと楽になる。

この記事が役にたったらシェア!