転職の基礎知識

非公開求人の会社名を知る方法はある?応募する際のメリットデメリットは?

非公開求人の会社名を知る方法はある?応募する際のメリットデメリットは?

この記事では非公開求人の社名を知る方法、応募する際のメリットデメリットを紹介していきます。

まずひとつの結論として非公開求人は転職エージェントとの面談後、ヒアリングを元に候補先として非公開の求人が紹介されるので、その時に会社名を知ることができます。

基本的に転職エージェントが非公開を握っていますので、転職エージェント利用しない限りは非公開求人を知る余地はないでしょう。

それでは非公開求人の詳細を解説していきます。

【スポンサーリンク】

企業が非公開求人にする意図

人気な企業であるため会社名を公開して募集すると応募が殺到してしまう可能性があり、ある程度のフィルターをかけたいのが本当のところだと思います。

企業が求める人材とかけ離れた層の求人が沢山増えても、それらの応募を選別するだけでもかなりの手間となるためだと考えられます。

または企業が競合他社に求人内容を元に動向を知らせないための対策として非公開にしているケースも見受けらえます。

とにかくシークレットにしたいという企業の意図があります。

これらをまとめると↓

非公開にする理由
  • 新しい事業を立ち上げる際に公募を行うと、これから何をしようとしているかの事業戦略が他社に丸分かりになるために非公開にしている
  • リストラをおこなった企業が新しい人材を確保する際に非公開求人を採用するケース。リストラ社員の不満を避けるため。
  • 最も多い理由が大量応募を避ける。大手企業や人気職種の場合、転職サイトやハローワークに公開求人を出すと応募が殺到するために非公開にする。
  • 何かあった時にすぐに人員の確保ができるように転職エージェントに臨時で求人をかけるケースがある。

このように企業側でも非公開を利用するメリットが沢山あります。

ですので非公開求人が怪しいと思っていた人もこのように意図が見えてくれば納得してくれるはずです。

それでは非公開求人に応募するメリット・デメリットを解説していきます。

非公開求人に応募するメリット

非公開求人のメリットとして挙げられるのは以下の点です。

  • 誰もが知る有名企業、優良企業あるいは人気の職種である可能性が高い
  • 専門的なスキルや経験・実績を持っている人にとっては、魅力的な求人が多い
  • 働きやすい職場、自分の能力や特性が活かせる職場に出会える、経験値に応じて金額面においても大きく評価してくれる転職が期待できる
  • 若ければ専門的なスキルなどがなくても、ポテンシャルを見込んでの採用も十分にある

要約していきます。

非公開求人のほとんどが大手企業もパターンが多く、内部事情などを外に出したくないために、提携している転職エージェントに一任している場合が多くあります。

そのために専門性が求められるケースもあるが、若いのであれば自己PR次第では全然可能性があるのも事実です。

なによりもすべてにおいて高条件になるケースが多く非公開の魅力のひとつだと言えます。

非公開求人に応募するデメリット

非公開求人のデメリットとして挙げられるのは以下の点です。

  • 専門性が高い求人が多い、分野に特化したスキルや経験が必要。
  • 若さで転職を優位にもっていける事ができるが、中年転職者に対しては即戦力を求められることが必須。
  • すでにブラック企業としての認定された企業も非公開求人を出すケースが稀にある。

つまり、40歳前後で非公開求人に応募する場合は、即戦力と過去の実績がアピールポイントになります。

非公開求人は企業側がある程度絞って採用したいのに対して応募者である転職者もその企業の職種にあったスキルを事前に身に着けておくことが重要です。

公開求人と非公開求人の割合は?

求人雑誌や求人サイトを見ても同じような内容・年収の求人が溢れているケースが多いです。

たしかに多くの求人が掲載されていますが、それらは求人全体の約30%程度といわれており、残りの70%は登録者のみが知れる非公開で求人募集されているのです。

つまり多くの求人を知りチャンスを掴むためには、非公開求人の利用が必要不可欠なのです。

幅広く自身の可能性を広げていくには非公開求人を狙いに行きましょう。

非公開求人をたくさん選びたい場合

非公開求人の大多数は転職エージェントに依頼されているケースがほとんどです。

こうなってくると転職エージェントを複数利用した方がより多くの非公開求人を見つけることができます。

エージェントには非公開求人を探している旨をしっかり伝えましょう。

加えてなぜ非公開求人を探しているのかの意図も伝えていきましょう。

複数の転職エージェントを使うと確かに大変ですが一生にかかわる転職のことなので慎重にすすめていくことが転職を成功させるポイントといえます。

\非公開求人90%の転職エージェントはコチラ↓/

まとめ

非公開求人の会社名を知るには、転職エージェントの面談を受けて非公開求人を応募したいと意思表示することで転職エージェントからの紹介されます。

企業もシークレットにしたいからこそ非公開求人にしていますので、会社名だけ知ることは不可能でしょう。

ですが複数の転職エージェントを利用していく事で非公開求人を拾える可能性が増えますので、おすすめします。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。