言葉の意味と使い方

「一張羅」の意味や語源!褒め言葉?それとも失礼?服以外はなんて言う?【類義語・対義語】

「一張羅」の意味や語源!褒め言葉?それとも失礼?服以外はなんて言う?【類義語・対義語】

「一張羅」という言葉を知っていますか?

「一張羅を着ていく」などと使います。

あまり若い人の間では使わなくなった言葉かもしれません。

そこで、「一張羅」について、意味や語源も調べてみました。

今回は、「一張羅」の意味や語源!褒め言葉?それとも失礼?服以外はなんて言う?【類義語・対義語】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「一張羅」の意味

「一張羅」は「その人が持っている中で最もよい衣服」「たった一着きりの衣服」という意味です。

「いっちょうら」と読みます。

意味がふた通りありますね。

持っている服の中で一番いいもので、ここぞと言う時にその服でキメていくような衣服のことを「一張羅」と言います。

また、他に服がなく、その一枚しかなくて着たきりで代えられない衣服のことも「一張羅」と言います。

服が一枚しかないなんてちょっと今では考えられないことですが、物がなかった昔には、着物が一枚きりしかないということもあったのでしょうね。

今でも、たとえばスーツを一着しか持っていない時にこちらの意味で「一張羅のスーツ」などと言う事があります。

「一張羅」の語源

「一張羅」は、「一挺蝋(いっちょうろう)」がなまった単語であると言われています。

「一挺蝋」の「蝋」は「ろうそく」のことです。

昔、まだろうそくが高価なものであった時代に、予備がなくてたった一本だけのろうそく、という意味で「一挺蝋」と言いました。

そこから変化したのが「一張羅」です。

漢字も変わっていますが、「張」は数え方の単位で、「羅」は薄絹のことです。

「一張羅」はたった一枚の薄絹という意味で使われるようになったのです。

さらに、一枚しかない衣服という意味からも転じ、今のように持っている服の中で一番良いものという意味でも使われるようになりました。

褒め言葉?それとも失礼?

「一張羅」は、その人の服の中で一番良いものという意味があります。

一番オシャレな高級服などを指すわけですね。

ですので、褒め言葉にも使えそうです。

ですが、「一張羅」は人に対して使うと失礼になります。

褒め言葉でなありません。

確かに、持っている中で一番いい服という意味はありますが、「たった一枚の服」という意味もあります。

ですので、人に対して「一張羅ですね」などというと「持っている中でたった一着きりの上等のものですね」と言っているようなことになります。

「一着しか持っていませんね」なんて、失礼ですよね(笑)。

毎日同じ服を着ていることを皮肉ったり、急にオシャレしてきたことをからかったりする意味で「一張羅だね」などということはあるでしょう。

ですが、「一張羅」は、相手の服のことではなくて主に自分の服のことについて使う言葉です。

「一張羅」の使い方

「一張羅」は、一着しかない服、もっとも良い服のことを指して使います。

一着しかない大事な晴れ着などということですね。

先に述べた通り、人の服を「一張羅ですね」というのではなく、自分の服を「一張羅です」と表します。

多くは、改まった場やパーティーなどに来ていく礼服や晴れ着、大切なスーツやドレス、高級ブランドの服などなど、その人にとってたった一着の大切な服のことを指して使います。

もしくは、いい服ということではなく、それしかない服という意味でも使います。

ここぞという時に着る「一張羅」なのか、そればかり着ている「一張羅」なのかは文脈から判断できるでしょう。

【例文】

  1. パーティーのために誂えた一張羅のドレスを身にまとう。
  2. 入社式には一張羅のスーツで行った。
  3. 一張羅の振袖を着てお見合いに臨む。
  4. ワイシャツは一枚しか持っていないんだ。これが僕の一張羅というわけだ。
  5. 一張羅のスーツを汚してしまったので会社に着ていく服がない。

服以外はなんて言う?

「一張羅」の「羅」は薄絹のことを表します。

ですので、「一張羅」は服や着物のことを指して使います。

「持っている中で一番いいバッグ」とか、「持っている中で一番いい家具」とか、服以外のものの「一張羅」的なものはどう表すのでしょうか。

例えば、

  • お気に入り
  • 上等の
  • 大切な

など、「一張羅」以外の言葉を使って言い換えることになるでしょう。

たまに、衣服以外のものについてわざと「一張羅」と言っている事があるかもしれませんが、基本的には「一張羅」は衣服について使います。

「一張羅」の類義語

「一張羅」の類義語には次のようなものがあります。

  • 晴れ着(表立った場面できる晴れやかな衣服)
  • よそゆき(外出用の衣服)
  • 街着(街を歩いたり買い物に出たりする時の衣服。外出着)
  • 外出着(外出する際に着用する衣服)

いずれもお出かけや特別な場面で着る服のことを指してはいますが、やはり「一張羅」は「ただ一着だけのいい服」という意味が含まれる点で他とは違いがありますね。

「一張羅」の対義語

「一張羅」の対義語には次のようなものがあります。

  • 普段着(日常着ている衣服)
  • 平服(日常の衣類。普段着)
  • 略装(略式の服装。正式でない服装)
  • 軽装(身軽な服装)

他にも「一張羅」ではない服なら、「日常着」「部屋着」「室内着」「ジャージ」などがあてはまることもありそうですね。

まとめ

「一張羅」は持っている中で一番いい服や、一枚きりの服のことを言う言葉でしたね。

ただし、「その服はいい服ですね~」と褒める時には適していません。

使い方には注意が必要ですが、大切な服を着た時などに、ぜひ思い出して使ってみてください。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。