×
×
言葉の意味と使い方

「一概には言えない」とは?「一概」の意味と使い方!【類義語・例文】 

「一概には言えない」とは?「一概」の意味と使い方!【類義語・例文】 

「一概には言えないが……」

「……とは一概には言えない」

この「一概には言えない」は「ひとまとめにしては言えない」という意味の言葉です。

かたい感じの言い回しなので、親しい友人同士の会話などでは使わないかもしれませんが、ビジネスシーンではよく出てくる言葉です。

子供の頃から身近に使うような気軽な言葉ではないので、「一概」とは何なのか、よくわからない人も多いかもしれませんね。

ぜひ確認しておきましょう。

今回は、「一概には言えない」とは?「一概」の意味と使い方!【類義語・例文】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「一概」の意味

「一概」は「無理に自分の意思を通すこと。強情なこと」という意味です。

「いちがい」と読みます。

「一概」だけだと、「一概には言えない」とはちょっと意味が違いますよね。

例えば「あの人は一概だ」というのは、「あの人は強情だ」ということになります。

これが「一概」の意味ですが、ビジネスシーンでよく用いられるのは「一概に」という副詞の使い方ですので、以下ではそちらを詳しく解説していきたいと思います。

「一概」の使い方

「一概」は多くの場合「一概に」という形で使います。

「一概に」は「みなひっくるめて一般的に。おしなべて」という意味です。

また、「一概に」はほとんどの場合、下に打ち消しの語を伴って使います。

「一概に……ない」という形で、「すべて同じようには扱えない」「ひとまとめには扱えない」という意味で使います。

【例文】

  1. 一概に彼のいうことを非難することはできない。
  2. アメリカに比べて、日本は平野の面積が少ないので一概には比較できない。
  3. 人によって求めるものが違うので、一概にどの保険がベストということはない。

「一概には言えない」とは?

「一概には言えない」とは、「ひとまとめにして言うことは適切ではない」という意味です。

先に述べたように、「一概に」は打ち消しの語を伴って「すべて同じように扱えない」ことを表す表現です。

ですので、「一概には言えない」は「すべてがそうとは言えない」「すべてをひとまとめにしては語れない」という意味になるわけです。

細かい違いを度外視することはできない、必ずそうだとは言い切れないといった意味で、相手の意見に反論するときや、自分の意見を言うときのクッション言葉として使うなどします。

「絶対そうとは言えないけれど」などと砕けた口調で言うよりは丁寧な言い方ではありますが、ビジネスシーンなどで使う場合は

  • 一概には言えませんが
  • 一概には申し上げられませんが

などの形にするとよいでしょう。

【例文】

  1. 皆が言うからといって、一概にそうであるとは言えない。
  2. 結婚すれば幸せだと一概には言えない。
  3. 一概には言えないが、近頃の新入社員はすぐに辞めてしまう人が多い。
  4. 一概には申し上げられませんが、あなたのいうことにも一理あるとは思います。

いずれも、「必ずそうではないでしょう」と反論するときや、「必ずと言うわけではありませんが」とそのあとにいうことをフォローする意味になりますね。

「一概には言えない」の言い換え

「一概には言えない」は次のように言い換えることができます。

  • 一言で言い表すことは難しい
  • 一言では言えない
  • 一括りにはできない
  • 必ずしも○○とは言えない
  • ○○とは限らない
  • あながち○○とは言えない

「あながち」は一方的に決め付けられないことを表す言葉です。

これもあとに打ち消しの語を伴って、「あながち~ない」という形で、「必ずしも~ない」という意味になります。

「一概」の対義語

「一概」には特に対義語はありません。

「一概には言えない」の反対の意味を表すには

  • 必ず○○だと言える
  • 例外なく○○だ
  • ○○でないことはない

などの言い回しを用いて表現することができるでしょう。

まとめ

「一概には言えない」の使い方はおわかりいただけたでしょうか。

すべてを同じようにひとまとめにしては言えないけれど……ということ、よくありますよね。

うまくこうした言葉を使って、自分の考えを正確に伝えることができるといいですね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。