言葉の意味と使い方

「怒り心頭」の意味と使い方!続く言葉は「発する」「達する」どっち?|例文

「怒り心頭」の意味と使い方!続く言葉は「発する」「達する」どっち?

「彼は怒り心頭だ」

「怒り心頭の様子である」

この「怒り心頭」という言葉、日常生活でも、仕事の場やニュースなどでもしばしば用いられることがあります。

「怒り心頭に……」という慣用句なのですが、正確に覚えて使っている人は案外少ないようです。

ぜひ正しく覚えておきたい言葉ですね。

今回は、「怒り心頭」の意味と使い方!続く言葉は「発する」「達する」どっち?|例文についてご説明いたします!

「怒り心頭」の意味

怒っている女性

「怒り心頭」は、「怒りが心の中に生じる」「激怒する」という意味です。

「いかりしんとう」と読みます。

「怒り」は怒る、腹立たしいという意味のいわゆる「怒り」です。

「心頭」は、「心。心の中」という意味です。

「怒り心頭」は、心の中に怒りが生じていることを表す言葉です。

合わせて読みたい▼
「噴飯もの」の本来の意味や由来とは?正しい使い方を知ろう!【言い換え表現つき】>>

続く言葉は「発する」「達する」どっち?

「怒り心頭」は、ある慣用句の略です。

「怒り心頭に○する」というものなのですが、○にはどういった文字が入るでしょうか。

正解は、「怒り心頭に発する」です。

「いかりしんとうにはっする」と読みます。

「怒り心頭に達する」だと思っていた人も多いのではないでしょうか。

文化庁が発表した、平成24年度「国語に関する世論調査」では、

  • 本来の言い方「怒り心頭に発する」を使う人……23.6パーセント
  • 本来の言い方ではない「怒り心頭に達する」を使う人……67.1パーセント

という、逆転した結果が出ています。

https://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/kokugo_yoronchosa/index.html

「発する」は「物事が起こる」「現れ出る」といった意味の言葉です。

ですから、怒りが心の中に起こるという意味を表すには「怒り心頭に発する」で合っているのです。

しかし、「心頭」から「怒りが湧き上がって心から頭に届く」というイメージを持ってしまうためか、「達する」だと思っている人が多いんですね。

「発する」と「達する」は音も似ているので、テレビなどでアナウンサーの発音などを耳にしてもなかなか気づきにくいのかもしれません。

いくら使っている人が多いとは言え、「達する」は本来の言い方ではないので「怒り心頭に発する」と正しく覚えておきましょう。

「怒り心頭」の使い方

「怒り心頭」は、怒りが心に生じる、激しく怒るということを表して使います。

ほとんどの場合「怒り心頭に発する」という慣用句として使います。

たまに「怒り心頭だ」とか「怒り心頭の様子だ」など、「発する」の部分を略しても使われます。

いずれにしても、とても怒っていることを表す言葉です。

「怒り心頭」の例文

  1. 彼の態度に怒り心頭に発してしまった。
  2. 相手のいいかげんな対応に怒り心頭に発した父は、訴訟を起こすことに決めた。
  3. 彼女が重大なミスを報告しなかったことに対して怒り心頭に発する。
  4. 信頼していた人に裏切られ、怒り心頭に発した。
  5. 「大会が中止になった理由を本部は速やかに説明すべきだ」とA選手は怒り心頭である。
  6. 彼女は昨日の彼の行動に怒り心頭のようだ。

「怒り心頭」の類義語・言い換え

「怒り心頭(怒り心頭に発する)」の類義語や言い換え表現には次のようなものがあります。

  • 怒る(腹を立てる。興奮して気を荒だてること)
  • 逆上する(激しい怒りや悲しみのために興奮したり取り乱したりすること)
  • 激怒する(激しく怒ること)
  • 憤慨する(いきどおり、嘆くこと)
  • カッとなる(激昂して冷静な判断力を失うこと)
  • 怒髪天を衝く(怒りで髪が天をつくほど逆立っているさま)
  • はらわたが煮えくり返る(強烈な怒りが込み上げてくるさま)
  • キレる(激昂する、本気で怒ること)
  • ブチギレ(激昂する、冗談ではなく心から怒るさま)

まとめ

「怒り心頭」は、「怒り心頭に発する」という慣用句で、非常に怒ること、心に怒りが生じることを表します。

「怒り心頭に達する」と覚えている人が多いので、間違いなく「発する」だと確認しておきましょう。

「怒り心頭だ!」と自分が怒った時に使うことは少ないかも知れませんが、人の様子を表現するときや、ニュースなどでも用いられることがありますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。
error: Content is protected !!