「回顧」と「懐古」の違いは?意味と使い分け方を解説!【類義語・例文】

「回顧」と「懐古」の違いは?意味と使い分け方を解説!【類義語・例文】

「平成の時代をかいこする」

「この町の歴史をかいこする」

「W杯での日本代表の戦いをかいこする」

突然ですが、これらの文章の中の「かいこ」、どのような漢字を当てはめるかわかりますか?

どれも同じように「昔を思い出す」みたいな意味で使われている「かいこ」ですが、「回顧」と「懐古」があります。

音も同じで意味も似ている「回顧」と「懐古」、混同してしまわないように、この機会に違いを確認しておきましょう。

今回は、「回顧」と「懐古」の違いは?意味と使い分け方を解説!【類義語・例文】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「回顧」と「懐古」の違いは?

「回顧」と「懐古」の違いは、簡単にまとめると

  • 「回顧」は「過去を振り返ること」
  • 「懐古」は「過去を懐かしく思うこと」

となります。

それぞれの意味と使い分け方を詳しく調べてみました。

「回顧」の意味

「回顧」は「過ぎ去った出来事をあれこれ思い返すこと」という意味です。

「かいこ」と読みます。

過去を振り返って、どのようなことがあったかと思い返す時に使う言葉です。

感情にとらわれず、客観的に過去を思い返すとき「回顧する」と言います。

また、美術作家などの生涯における作品や活動をまとめた展覧会を「回顧展」、過去の思い出などをまとめた書物を「回顧録」などとも言います。

例文で使いかたを確認しましょう。

【例文】

  1. 往時を回顧する。
  2. 平成回顧のテレビ番組が多く放送されている。
  3. あの作家の回顧展が行われる。
  4. 彼は秋に回顧録を刊行する予定だ。

「懐古」の意味

「懐古」は「昔のことを懐かしく思い出すこと」という意味です。

「かいこ」と読みます。

「懐かしい」という字が入っているだけに、意味がわかりやすいのではないでしょうか。

その字の通り、昔のことを懐かしんだり、「あのころは良かったなあ」などとプラスの感情でもって思い返すようなときに使う言葉です。

古いものを好んだり、昔流行ったようなものをあえて今用いるような趣味のことを「懐古趣味」と言います。

「レトロ」と言った方がわかりやすいかもしれませんが、ファッションや車、建築などなど様々な分野で「懐古趣味」がありますよね。

こちらも例文で使い方を確認しましょう。

【例文】

  1. この町の歴史を懐古する。
  2. 懐古の情に浸る。
  3. この車は見た目は懐古的だが、性能は現代的だ。
  4. 主人の好みらしく、店内には懐古趣味的な品が多い。

「回顧」と「懐古」の使い分け方

「回顧」と「懐古」の違いはおわかりいただけたでしょうか。

「回顧」は昔のことを思い返すことという意味です。

客観的に昔のことを振り返るということを表します。

それに対して「懐古」は「懐かしむ」という意味合いがある言葉です。

昔のことを懐かしいなあ、あのころはよかったなあという具合に、自分の感情を入れて思い返すということです。

ちなみに、あの頃はひどかった、苦しかったなあという風に、ネガティブな感情で思い出すことは「懐古」とは言いません。

あくまでも「懐かしい」という風に感じて思い返すことを指します。

同じように「かいこする」と言っても、「回顧する」の場合は過去のことを思い返すこと、「懐古する」であれば過去のことを懐かしく思うことになるわけです。

例文で使い分け方を確認しておきましょう。

【例文】

  1. 学生時代を回顧する。(学生時代のことを思い返す)
  2. 学生時代を懐古する。(学生時代のことを懐かしく思う)

「回顧」の類義語と対義語

「回顧」の類義語と対義語には次のようなものがあります。

【類義語】

  • 追憶(過去のことを思い出してしのぶこと)
  • 回想(過ぎ去ったことを思い巡らすこと)
  • 振り返る(過去の物事を顧みること)
  • 思い返す(過ぎ去ったことを再び考える)
  • 顧みる(過ぎ去ったことを考える)

【対義語】

  • 予想(物事の成り行きや結果について前もって見当をつけること)
  • 展望(社会の動き、人の行く末などを見渡すこと)

「懐古」の類義語と対義語

「懐古」の類義語には次のようなものがあります。

【類義語】

  • 懐かしさ(昔のことが思い出されて心がひかれる気持ち)
  • 懐旧(昔のことを懐かしく思い出すこと)
  • 郷愁(故郷を懐かしく思う気持ち。過去のものや遠い昔などにひかれる気持ち)
  • ノスタルジア(故郷を懐かしく思う気持ち。過ぎ去った時代を懐かしむ気持ち)

【対義語】

「懐古」の対義語は特にありません。

たとえば「懐古的」の対義語であれば

  • 未来的(未来を想起させるような)
  • 今風(当世風。このごろの流行)
  • 現代的(今の時代のものとしての新しさがあるさま)
  • コンテンポラリー(現代の。今日的な)

などになります。

まとめ

「回顧」と「懐古」は、似ているけれどはっきりと意味の違いのある言葉でしたね。

それぞれの意味を理解しておけば、「かいこする」などと耳で聞いてもどちらの「かいこ」なのかわかりますし、相手の言いたいことがよりわかりやすくなりますね。

ぜひ参考になさってくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

合わせて読みたい記事



仕事ですぐ使える語彙力

【ベストセラー1位】

アマゾン語彙力本のなかで一番売れている本。
敬語でなんて返したらいいかの受け答えが書いているだけでなく、他の言い換え表現もいくつか載っているので読むだけでかなり語彙力アップが期待できます。30万部突破も納得の内容。

敬語の意味がしっかりと書かれていて、プラスワンの豆知識や類義語などもあるのでちゃんと理解して言葉を選べるようになります。
挨拶、メールなどビジネスシーンを網羅しているので、お得感のある一冊。

前作の「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」の続編で、よくある場面順になんと表現したらいいかがイラスト入りで解説されているので、前作よりさらに読みやすさがアップ。
「こんなとき、なんて言うんだっけ?」という時は、場面を探して辞書のように使える一冊。

大人の対応は「返し」が違う

職場、友人など、人間関係における40の悩みを大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない、腹も立たない。嫌味さえもサラリとかわす。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと楽になる。

「回顧」と「懐古」の違いは?意味と使い分け方を解説!【類義語・例文】

この記事が役にたったらシェア!