言葉の意味と使い方

「見識」は深める?広める?どれが正解?意味や使い方を解説!

「見識」は深める?広める?どれが正解?意味や使い方を解説!

「見識がある」

「見識を持つ」

などと使う、「見識」という言葉があります。

ビジネスシーンなどでよく使われますので、意味や使い方を確認しましょう。

「見識」は「深める」とか「高める」などと言われますが、迷ってしまわないよう、どの言い回しが正しいのかも確かめておきましょう。

今回は、「見識」は深める?広める?どれが正解?意味や使い方を解説!についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「見識」の意味

「見識」は「物事を深く見通し、本質を捉える優れた判断力」のことです。

「けんしき」と読みます。

「見」は「ものの見方。考え」といった意味があります。

「識」は「知る。さとる」「知ること。考え」といった意味があります。

「見識」は、物事について見通す力があり、それにもとづいてたてた優れた考えや意見のことを言います。

本質を捉え、確かな考えを持つということですから、「見識」はいい意味の言葉ですね。

しかし同時に「見識」には「気位」「見栄」という意味もあります。

いわゆるプライド、自分を良く見せたいとか、自分の品位を保とうとする心のことですね。

「見識が高い」として、気位が高いことを表します。

主に「見識」は「物事を深く見通し本質を捉える力」という意味で使われますが、こうした使い方もあるということは覚えておくとよいでしょう。

「見識」は深める?広める?どれが正解?

「見識」を使った言い回しには次のようなものがあります。

  • 見識を深める
  • 見識を広める
  • 見識を高める

どれも「見識」を増やすような意味で使われていて、どれが正しい使い方なのか迷ってしまいませんか?

実は、「見識」を「深める」も「広める」も、「高める」も、どれも正しい使い方なんです。

  • 「見識を深める」は「物事の本質を見通すすぐれた判断力を深める」……より深く考えて判断する力を身につける
  • 「見識を広める」は「物事の本質を見通すすぐれた判断力を広める」……多くの、幅広くの物事についてすぐれた見識を持つようになる
  • 「見識を高める」は「物事の本質を見通すすぐれた判断力を高める」……その能力を高める

いずれも「見識」をアップするという意味では同じで、どれも正しい言葉です。

「深い」か「広い」か「高い」かのニュアンスの違いということですね。

「見識」の使い方

「見識」は「物事の本質を見通すすぐれた判断力」という意味で、すぐれた考えや意見を表す、いい意味で使う言葉です。

  • 見識がある/ない
  • 見識を備える
  • 見識を持つ
  • 見識が広い/狭い
  • 見識が深い/浅い
  • 見識が高い/低い

といった使い方で、その人が本質を見抜くような優れた判断力を持っている(持っていない)ことを表します。

いろいろな使い方を例文で確認しておきましょう。

【例文】

  1. 彼は若いのに見識のある人物だ。
  2. 彼女は見識を備えた人だから、信頼して仕事を任せることができる。
  3. あの人は海外経験が豊富で見識の広い人だ。
  4. いろいろな業種の人と交流して見識を広めたい。
  5. 多くの本を読んで見識を深める。
  6. あの先生は高い見識のある方です。
  7. あの人は見識が狭いからあまり頼りにしないほうがいい。

「見識」の類義語

「見識」の類義語には次のようなものがあります。

  • 識見(物事を正しく見分ける力)
  • 一見識(人並み外れたものの見方)
  • 卓識(優れた判断力や考え)
  • 卓見(物事を正しく見通す優れた意見)
  • 知見(物事についてよく知り、よく理解すること)
  • 理解力(物事の仕組みや状況を正しく判断する能力)
  • 眼識(ものの優劣や芯を見分ける能力)
  • 洞察力(物事の性質や原因を見極めたり推察したりする能力)

「見識」の対義語

「見識」の対義語というのは特にありません。

「見識」が狭い、浅いなど、「見識」があまりないということを表すには

  • 既成概念にとらわれた
  • 先入観にとらわれた
  • 固定観念にとらわれた
  • 視野が狭い
  • 偏狭

といった言葉や言い回しで、考えが偏っていて狭いといったことを表せるでしょう。

まとめ

「見識」は優れた判断力や確かな考えといったことを表す言葉でしたね。

人のことを「見識がある」「見識が広い」などと褒めて使うこともできますし、「見識を深めたい」などと自分を高めていきたいという意味で使うこともできます。

ビジネスシーンでも何かと使うことのある言葉ですから、ぜひ参考になさってくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。