「稀有・希有」の意味や読み方と使い方!違いはあるの?

「希有の才能」「希有な出来事」

このような言葉を目にすることがあります。

前後の文脈からなんとなくの意味はわかるものの、さて説明しようと思うと難しい言葉ではないでしょうか。

まず読み方が難しそうですよね。

また、同じ言葉でも「稀有」と書かれることもあります。

「稀有」と「希有」の意味や使い方に違いはあるのでしょうか。

合わせて確認していきたいと思います。

今回は、「稀有・希有」の意味や読み方と使い方!違いはあるの?についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「稀有・希有」の意味と読み方

「稀有・希有」は「めったにないめずらしいこと」という意味です。

読み方はいずれも「けう」です。

「きゆう」と読まれる場合もあります。

めずらしい金属、レアメタルのことは「希有金属」と書いて「きゆうきんぞく」と読みますが、ほとんどの場合は「稀有・希有」は「けう」と読むと覚えておいて良いでしょう。

「稀」と「希」はどちらも「まれ」「めずらしい」という意味があり、「有」は「ある」「存在」といった意味ですから、「稀有・希有」はどちらも「まれなこと」「めずらしいこと」という意味になりますね。

「稀有・希有」は「きゆう」と読まれることもあります。

そのため、たまに「杞憂(きゆう。心配しないでいいことを心配すること)」と混同され、「稀有に終わる」「希有に過ぎない」などと使われていることがありますが、これは間違いです。

「稀有」と「希有」の違いは?

さて、「稀有・希有」はどちらも「めったにないめずらしいこと」という意味です。

この二つの違いはなんでしょうか。

結論から言うと、「稀有」と「希有」は意味も使い方も、全く同じです。

もともとは「稀有」だったらしいのですが、「稀」という字は常用外漢字ですので、一般的によく使われる「希有」でもよいということになったそうです。

難しい字を簡単な字にしたというだけですので、意味の違いはありません。

どちらを使ってもよいということです。

「稀有・希有」の使い方

「稀有・希有」は「とてもめずらしい」という意味で、色々な場面で使われます。

名詞、または形容動詞です。

「稀有だ」「希有だ」という使い方もできるし、「稀有な」「希有な」とされることも多いです。

また、「稀有・希有」は、古語としては「不思議である」「とんでもない」という意味もありますが、現代語ではほとんどの場合よい意味で使われます。

「稀有の才能」「稀有の人材」などという場合の「稀有・希有」は、「めったにないほどすぐれた」という意味で使われていると解釈してよいでしょう。

例文で色々な使い方を確認しておきましょう。

【例文】

  1. 君は稀有な才能を持っている。
  2. 稀有な出来事を目の当たりにした。
  3. 今回は希有な事例といえるでしょう。
  4. 彼がこのような行動に出ることは希有である。
  5. 彼女は百年に一人と言われる希有の人材だ。

「稀有・希有」の類義語

「稀有・希有」の類義語には次のようなものがあります。

  • まれ(たまにしか起こらないこと。めったにないこと)
  • めずらしい(見聞きすることがまれである)
  • 希少(少なくてめずらしいこと)
  • 稀代・希代(世にもまれなこと)
  • 非凡(平凡でないこと。普通よりずっとすぐれていること)
  • 稀覯(きこう)(めったに見られないこと)

「まれ」「めずらしい」はよい意味にも悪い意味にも色々な場面で使う言葉ですね。

「希少」「希代」「非凡」「稀覯」は「珍しくて貴重」「珍しくてすぐれている」というようないい方のニュアンスがある言葉です。

ただし「希代」に関しては「希代の悪人」というように悪い意味に使われることもあるので要注意です。

「希有・希有」の対義語

「稀有・希有」の対義語には次のようなものがあります。

  • 普通(特に変わっていないこと)
  • 一般的(広く認められ行きわたっているさま)
  • 凡庸(すぐれた点がなく平凡なこと)
  • 平凡(特にすぐれた点もなく並なこと)
  • 陳腐(ありふれていて古くさくつまらないこと)
  • 月並み(ありふれていて平凡なこと)

「普通」や「一般的」は、まあ「普通ですね」という意味(笑)ですね。

あとの「凡庸」「陳腐」などは「普通すぎてつまらない」というような、悪い意味の言葉です。

使うシーンにはちょっと気をつけたいですね。

まとめ

「稀有・希有」は「めったにないめずらしいこと」という意味でしたね。

普段の会話では「めずらしい」と言うことが多いとおもいます。

ですが、ビジネスシーンやあらたまった場面などでは、「稀有・希有」のような言葉も使っていけるとより良いと思います。

ぜひ色々な言葉を知って使いこなしてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



仕事ですぐ使える語彙力

【ベストセラー1位】

アマゾン語彙力本のなかで一番売れている本。
敬語でなんて返したらいいかの受け答えが書いているだけでなく、他の言い換え表現もいくつか載っているので読むだけでかなり語彙力アップが期待できます。30万部突破も納得の内容。

敬語の意味がしっかりと書かれていて、プラスワンの豆知識や類義語などもあるのでちゃんと理解して言葉を選べるようになります。
挨拶、メールなどビジネスシーンを網羅しているので、お得感のある一冊。

前作の「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」の続編で、よくある場面順になんと表現したらいいかがイラスト入りで解説されているので、前作よりさらに読みやすさがアップ。
「こんなとき、なんて言うんだっけ?」という時は、場面を探して辞書のように使える一冊。

大人の対応は「返し」が違う

職場、友人など、人間関係における40の悩みを、大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない、腹も立たない。嫌味さえもサラリとかわす。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと楽になる。

この記事が役にたったらシェア!