「喫緊の課題」とは?意味や使い方と「緊急」との違いは?

「喫緊の課題です」などという言い回し、聞いたことがありますか?

聞いたことがない、意味が全くわからないという人もいるかもしれません。

あまり普段の会話では使わない言葉です。

しかし、ニュースなどではたまに使われますので、きっと耳にしているのではないでしょうか。

「喫緊の課題」は、政治家が使う言葉というイメージかもしれませんが、ビジネスシーンでもしばしば使われる言葉なんです。

ぜひ読み方や意味を確認しておきましょう。

また、「喫緊」に似た言葉として「緊急」があります。

この二つの違いについても確認していきたいと思います。

今回は、「喫緊の課題」とは?意味や使い方と「緊急」との違いは?についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「喫緊」の意味

まず「喫緊」について確認しましょう。

「喫緊」は「差し迫って重要なこと」という意味です。

「きっきん」と読みます。

もうじき何かが起こるので急いで対処しなくてはならない、といった感じでしょうか。

「喫」という漢字には「食う、飲む(喫煙、喫茶などの『喫』)」という意味の他に「身に受ける、こうむる」という意味があります。

また、元々「喫緊」は「吃緊」と表記されていたとも言われていますが、「吃」という漢字にも「受け入れる」という意味があります。

「緊」には「緊急」「緊迫」などの熟語があるように、「物事が差し迫っている」という意味があります。

「喫緊」は漢字からも、何か身に受けるようなことが差し迫っている様子がわかりますね。

「喫緊」の使い方

「喫緊」は「差し迫って重要なこと」という意味です。

ですので、日常では「これは差し迫って重要な問題です」などと、簡単な言葉で表現することが多いのではないかと思います。

「喫緊」が使われるシーンとしてまず多いのは、政治家の答弁やインタビュー、会見などです。

また行政文書などにも使われることがあります。

いわゆるお役所言葉というのでしょうか、官僚や政治家が好んで使う言い回しです。

「喫緊」という、固い言葉を使うことで、改まった感じや重要なことを述べている感じがよく出ていますよね。

ビジネスシーンやビジネス関係の記事などでも、固い言葉遣いが適切な場面で使われています。

「喫緊の課題」とは?

「喫緊」は、ほとんどと言っていいほど「喫緊の課題」(あるいは「喫緊の問題」)という形で使われます。

「急いで解決する必要がある切迫した問題」という意味です。

国や地方の政策などに関わる話題でよく使われます。

また、ビジネスシーンやビジネスに関する記事などでもよく使われます。

【例文】

  1. A市において、ゴミ焼却場の移転は喫緊の課題である。
  2. 高齢化対策は喫緊の課題である。
  3. ライフライン耐震化は喫緊の課題として取り組まれている。
  4. 新技術への対応は我が社にとって喫緊の課題である。
  5. 社員の働き方改革は喫緊の課題だ。

「緊急」との違いは?

「喫緊」に似た言葉として「緊急」があります。

どちらも急いで対応しないといけないようなことで、似たような意味ですよね。

どういうときにどちらを使えばいいのか、迷ってしまうことも多いです。

  • 「喫緊」は「差し迫って重要なこと」
  • 「緊急」は「重大で、即座に対応しなければいけないこと」

という意味です。

「喫緊」の方は、重大な事態が差し迫っていて、早く対応しなくてはいけないというニュアンスです。

一方「緊急」の方はすでに重大なことが起こっており、即座に対応しなくてはいけないのです。

例えば先ほどの例文で「喫緊の課題」として高齢化対策や働き方改革といった問題を例にあげました。

これらは大事な問題ではありますが、今この瞬間にというわけではなく、なるべく早く対応すべきという意味ですよね。

それに対し、「緊急」の方は「緊急事態」「緊急手術」などという言葉を思い浮かべるとわかりやすいと思います。

「緊急手術です!」と言われたら、「なるべく早く対応策を考えなくては…」なんて云っている場合ではありませんよね。

今すぐ手術室に入って執刀されるということです。

「喫緊」は重大な事態が「差し迫っていて早く対応しなくてはいけない」

「緊急」は重大な事態が「すでに生じており即対応しなくてはいけない」

という違いがありますので覚えておきましょう。

【こちらも検索されています】
「警鐘」の正しい意味と使い方!「警鐘を鳴らす」と「警鐘する」は?

まとめ

「喫緊」はあまり馴染みのない言葉だと思います。

ですが、仕事をしていく上では時々耳にします。

他の平易な言い方で言い換えることも可能ではありますが、かしこまった文書や改まった席での発言でも使える言葉ですので、ぜひ覚えておきましょう。

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



仕事ですぐ使える語彙力

【ベストセラー1位】

アマゾン語彙力本のなかで一番売れている本。
敬語でなんて返したらいいかの受け答えが書いているだけでなく、他の言い換え表現もいくつか載っているので読むだけでかなり語彙力アップが期待できます。30万部突破も納得の内容。

敬語の意味がしっかりと書かれていて、プラスワンの豆知識や類義語などもあるのでちゃんと理解して言葉を選べるようになります。
挨拶、メールなどビジネスシーンを網羅しているので、お得感のある一冊。

前作の「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」の続編で、よくある場面順になんと表現したらいいかがイラスト入りで解説されているので、前作よりさらに読みやすさがアップ。
「こんなとき、なんて言うんだっけ?」という時は、場面を探して辞書のように使える一冊。

大人の対応は「返し」が違う

職場、友人など、人間関係における40の悩みを、大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない、腹も立たない。嫌味さえもサラリとかわす。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと楽になる。

この記事が役にたったらシェア!