カタカナ語

ローンチの意味とは?リリースとの違いや英語での使い方も解説

ローンチの意味とは?リリースとの違いや英語での使い方も解説

「ローンチ」という言葉を聞いたことはありますか?

ゲームやアプリ、webサービスなど、回転の速いビジネスシーンにおいて、「ローンチ」という言葉を耳にする機会が増えてきたことと思います。

広告などでも目にするようになり一般的な言葉となってきましたが、いまいちピンとこないなぁと感じている方も多いのではないかと思います。

ここでは、その「ローンチ」という言葉について解説します。

【スポンサーリンク】

「ローンチ」の意味とは?

「ローンチ」とは日本のビジネスシーンにおいては「(新しい商品やサービスを)発売する/開始する」という意味の言葉です。

もともとの英語の「launch」は、上記の意味のほかにも、船やロケットなどを「発進する」や「発射する」という意味があり、「何かをスタートする」というニュアンスが含まれています。

>>エンドユーザーの意味とは?不動産での使い方やクライアントとの違いは?|英語例文つき

「プロダクションローンチ」とは?

「プロダクトローンチ」とは、商品販売方法の一つで、発売や発表よりも前に情報を事前開示することで、顧客の購買意欲を高めてから、発売日に売るという手法です。

マーケティング用語として使われています。

映画の宣伝や新しいiPhoneの発売時に用いられている方法ですね。

メリットとしては、売れ行きが伸びやすい等が挙げられますが、デメリットとしては広告費や準備費用が大きくなりがちであるということです。

「リリース」との違いとは?

似たような意味の言葉で「リリース」があります。

こちらの方が「新曲をリリースしました」などとして、一般的に用いられている表現かと思います。

「リリース」とは、「発売」や「発表」を意味する言葉です。

英語の「release」で日本語では「開放する」とか「放つ」という意味の言葉です。

「開発の段階から外に放つ」とか「世間に放つ」という意味合いで「発売」「発表」という意味になっていますね。

「リリース」と「ローンチ」の違いについてですが、「リリース」と「ローンチ」は同義語として使われています。

状況によっては同じ意味の言葉として使って問題ありません。

ただ、もともとの意味から分かるように「リリース」は「開放する」というニュアンス、「ローンチ」は「何かを始める」というニュアンスがあります。

「ローンチ」の使い方

「ローンチ」とは、日本語で「開始する」や「発売する」という意味する言葉でしたね。

ここでは、「ローンチ」という言葉がどのように使われているか、実際の使用例を見てみましょう。

【使用例】

  • 「A社が新サービスをローンチしました。対策を打ちましょう。」
  • 「新製品の開発が無事に終わったので製造ラインをローンチしました。」
  • 「新しいアプリのローンチを遅らせる必要があります。」

などとして用いられていますね。

英語でネイティブはどのように使う?

「ローンチ」という言葉を実際の英語圏では、どのように使っているのでしょうか。

英語圏でも「launch」として、そのままの意味で使うことが出来ます。

また英語では、同じ「launch」で動詞としても名詞としても使われます。

実際の英語圏での使用例として、以下の例文を参照ください。

「launch」の英語例文

Ex 1) Production line of new product has been launched successfully.

新製品の製造ラインが無事に始動しました。

Ex 2) We launch the band-new mobile service in this April.

今年の4月に全く新しいモバイルのサービスを開始します。

Ex 3) New application has been launched to track the health condition of your family.

あなたの家族の健康状態を追跡するための新しいアプリが発売されました。

まとめ

いかがでしょうか?

「ローンチ」という言葉の意味やニュアンス、その使われ方と英語圏での使用例を見ながら、言葉の理解が深まったかと思いまいます。

ちなみに、発音もスペルも似ていますが、皆さんの日々の大事な時間である「お昼」の「ランチ」は英語で「lunch」です。

「a」一文字で大きく意味が違う上に、間違えると恥ずかしいパターンなので注意しましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。