カタカナ語

リテラシーの意味とは?コンピテンシーとの違いや情報・IT・デジタルリテラシーについて

リテラシーの意味とは?コンピテンシーとの違いや情報・IT・デジタルリテラシーについて

「リテラシー」という言葉を聞いたことはありますか?

様々な情報が錯綜する情報化社会のビジネスシーンにおいて、「リテラシー」という言葉を耳にする機会が増えてきたことと思います。

しかし、聞いたことはあるものの、実際に聞かれたら説明は出来ないという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、その「リテラシー」という言葉について解説します。

【スポンサーリンク】

「リテラシー」の意味とは?

「リテラシー」とは英語の「literacy」で、日本のビジネスシーンにおいて「理解力」や「適応能力」という意味の言葉です。

「literacy」のもともとの意味は「識字できる」や「識字力」という意味で、読み書きができる能力を意味する言葉です。

識字率が著しく上がった現在では、そこから転じて「物事を理解する能力」という意味で用いられるようになりました。

よく使われる表現として「リテラシーが足りない」などと言い、これは、「理解力が足りない」という意味になります。

「コンピテンシー」との違いとは?

似たような言葉で「コンピテンシー」という言葉があります。

「コンピテンシー」とは、英語の「competency」で、特定の業務において秀でた成果を出しうる行動特性を意味します。

簡単に言えば、仕事に生きる能力や技能という意味ですね。

「compete」=「競争」という言葉から派生している言葉であるということを知っておくと、意味が理解しやすいかと思います。

ちなみに、「コンペ」という言葉も、ここから来ています。

「リテラシー」の使い方

「リテラシー」とは、日本語で「理解力」を意味する言葉でしたね。

ここでは、「リテラシー」という言葉がどのように使われているか、実際の使用例を見てみましょう。

  • 情報リテラシー
  • ITリテラシー
  • デジタルリテラシー

などがあります。

一つずつ、詳細を見てみましょう。

「情報リテラシー」とは

情報リテラシーとは、「情報を正しく収集し理解し把握する能力」という意味の言葉です。

世界には、無数の情報が錯綜しています。

そこにある全ての情報を鵜吞みにするのではなく、正しく情報を取捨選択し、自分なりに解釈して理解するということが不可欠です。

「ITリテラシー」とは

ITリテラシーとは、「インターネット上の情報を正しく扱える能力」という意味です。

上記の情報リテラシーのITに絞った言葉と理解して問題ありません。

「インターネットリテラシー」や「ネットリテラシー」と言われることもあります。

「デジタルリテラシー」とは

デジタルリテラシーとは、「最新のデジタル機器などを活用できる能力」という意味の言葉です。

競争の激しいビジネスの世界において、回転の速いデジタルで社会で遅れを取ることは致命的な差につながることもあります。

ここまでの例を見てわかる通り、「〇〇リテラシー」とは、「〇〇を正しく理解しし活用できる能力」という意味になります。

英語でネイティブはどのように使う?

「リテラシー」という言葉を実際の英語圏では、どのように使っているのでしょうか。

英語圏でも「literacy」として、そのままの意味で使うことが出来ます。

また日本語ではあまり見られませんが、もともとの意味である「識字できる」という意味でも用いることがあります。

実際の英語圏での使用例として、以下の例文を参照ください。

「literacy」の英語例文

Ex 1) All children need to pass the literacy test on this grade.

(全ての子供がこの学年で読み書きのテストをパスする必要があります。)

Ex 2) The computer literacy is required as a basic in this company.

(この会社では、コンピューターリテラシーは基本的なスキルとして要求されます。)

Ex 3) The literacy rate is very high in Japan.

(日本では識字率がとても高いです。)

まとめ

いかがでしょうか?

様々なビジネスシーンで頻繁に使われている「リテラシー」という言葉の意味と、その使い方、そして英語での例を見てみました。

それらを通じて、「リテラシー」という言葉を理解できたかと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。