言葉の意味と使い方

「ままならない」の意味と使い方!語源や言い換え表現は?【例文つき】

「ままならない」の意味と使い方!語源や言い換え表現は?【例文つき】

「ままならない」という言葉を使ったことがありますか?

「ままならない」は、あまり子供や若者が使う言葉ではなく、社会人やある程度年齢を重ねた人が使う言葉でしょう。

「仕事がままならない」とか「生活がままならない」など、ネガティブな文脈で使われます。

慣れないと、あまり意味がわからないと思いますので、この機会に確認しておきましょう。

今回は、「ままならない」の意味と使い方!語源や言い換え表現は?【例文つき】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「ままならない」の意味

「ままならない」は「思い通りにならない」「自由にならない」という意味です。

元ものと形は「ままならぬ」で、漢字で書くと「儘ならぬ」「儘ならない」となります。

こうしたいと思うようにできない、自分が思うようにできない、ということですね。

~のようにできない、ということですから、ネガティブな意味の言葉です。

「ままならない」の語源

「ままならない」は江戸時代ごろから使われている言葉です。

ですので、当然「まま」は「ママ」ではありません(笑)。

「ままならない」の語源は「まにま」です。

「まにま」は古語で、「随」などと書き、「他の人の意志や物事の成り行きに従うこと」という意味の言葉です。

「まにまに」という形で現代語としても使われていて、「波の隨に漂う」などと言います。

この「まにま」が音変化したのが「まま」です。

「まま(儘)」は、「その状態に変化がないこと」「思い通りの状態」「成り行きにまかせること」といった意味があります。

「ままになる」で「思い通りになる」という意味で使い、「意のままになる」などと言います。

これを否定形にしたのが「ままならない」で、「思い通りにならない」となるわけです。

「まま」の使い方で身近なものに、「わがまま(我儘)」があります。

「我」は自分のことですから、「自分の思い通りにする」ということになります。

「我儘」は自分の思う通りにすること、自分の思うままにふるまうことという意味です。

さらに、そこから「自分勝手」「自分のことだけを考えて行動する」という、悪い意味で使われるようになったのです。

「ままならない」の使い方

「ままならない」は、「思い通りにならない」ということで、ネガティブな文脈で使います。

  • 仕事がままならない→仕事が思うように進まない
  • 生活がままならない→生活が苦しくて、思い通りにならない

こういった、自分のしたいような状態になれないということを指して使います。

また、「自由にならない」という意味で、

  • ○○するのもままならない→自由に○○できない

という使い方もあります。

「ままならない」は、それ自体は敬語ではありません。

ネガティブな意味なので、あまり目上の人に向かっていう言葉ではないですが、使う場合は「ままならない状態です」とか、「ままなりません」などと、文の前後や語尾を丁寧にすると良いでしょう。

【例文】

  1. 会社をクビになり、このままでは生活がままならない。
  2. 業績が悪化し、社員への給料の支払いもままならない。
  3. 小さい子供がいると外食するのもままならない。
  4. 喉が痛くて水を飲むのもままならない状態だ。

「ままならない」の類義語

「ままならない」の類義語には次のようなものがあります。

  • 思い通りにならない
  • 不如意(思うままにならないこと)
  • 不自由(自由にならなくて困ること)
  • 自由がきかない(物事が自由にならない)
  • うまくいかない(思った通りに物事が運ばない様子)
  • ものにならない(身に付けることができない、良い結果を残せずじまいになること)

「ままならない」の対義語

「ままならない」の対義語には次のようなものがあります。

  • 如意(物事が思い通りになること)
  • 随意(自分の思うまま)
  • 自由(自分の意のままに振る舞うことができること)
  • 満足(望みが満ち足りていること)
  • 意のまま(物事が思うようになるさま)

まとめ

「ままならない」は、物事が思い通りにいかないとき、自由にできないことがあるときに使う言葉でした。

難しそうに思えるかもしれませんが、テレビや本の中でも何かと使われている表現ですので、ぜひ理解しておいてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。