「了解しました」はNG?敬語で上司や先輩に「分かりました 」を言う時は?

学生時代、アルバイト先や、先輩に対しての受け答えの中で「了解しました!」ってよく使っていませんでしたか?

そのままのノリで、社会人になっても「了解しました!」と使ってしまっている人、結構多いのではないでしょうか。

でも、この「了解しました」って、会社の上司や目上の人に使っても良いのでしょうか?

「分かりました」よりは丁寧な気もするし・・・。

一見、問題ないようにも思えますが、敬語としてはどうなのでしょうか?

そこで、今回は「了解しました」はNG?敬語で上司や先輩に「分かりました」を言う時についてご説明致します!

【スポンサーリンク】

「了解しました」の使い方

「了解」とは、辞書で調べると「理解すること」、「事情をくんで承知すること」と出てきます。

つまり、「了解しました」は、「相手の考えや事情を分かった上で、それを認める」という意味です。

ちなみに、この「了解」という言葉そのものに尊敬の意味は含まれていません。

ちょっと意外ですよね。

ですから、「了解しました」、「了解です」などは尊敬の意味が含まれていないという理由で、目上の人には使わない方が好ましいと言えます。

また、お客様に使う場合も失礼になってしまいますので気をつけましょう。

「了解」、「了解です」などは年下や、同僚に対してのみ使うよう意識してみましょう。

上司に「分かりました」は何という?

上司や目上の人に「分かりました」と答えたい場合どうしたら良いのでしょうか?

「了解しました」が使えないとすると、どんな言い方があるでしょうか?

ここで便利なのが、「承知しました」という言葉です。

「承知」は「目上の人の命令などをうけたまわること」、「相手の願い、要求などを聞き入れること」という意味です。

なので、上司や目上の方に使うには適切な言葉だと言えます。

しかし、相手が地位の高い上司の場合など、「承知しました」だけでは少し失礼かな?と感じる場合もありますよね。

そういう場合は、「承知いたしました」を使ってみましょう。

相手により一層、丁寧な印象を与えることが出来ますよ。

お客様には、「承りました」、「かしこまりました」などを使うのが良いでしょう。

類語

  • 承知しました
  • 承知いたしました
  • 承りました
  • かしこまりました
  • 御意
【スポンサーリンク】

「了解いたしました」は失礼ではない?

実は「了解いたしました」は失礼に当たらない、と主張される方もいます。

言葉は生き物です。

ですから、状況や相手との関係のよって、決して使ってはいけないと言い切れ無い場合もあります。

しかし、社会人として働いていると、お互いをよく知っている仲の良い人とだけ付き合うというのは無理ですよね。

会社の内外には色んな考えを持った上司、取引先、お客様がいらっしゃいます。

そういう方々と、お互いの深い考えが分からない状況で仕事の話をする事も多々あります。

良い印象を与えたい場面なのに、言葉遣いでだけで悪い印象を与えるのは避けたいものですよね。

敬語は、どんな人にも受け入れられるよう良い印象を与えるのが大切です。

ですから、上司やお客様でも仲良くなっていけば「了解です」なども失礼に当たらなくなるかもしれません。

でも、まずはしっかりとした敬語を使って相手との円滑なコミュニケーションの第一歩を踏み出すべきでしょう。

そういう意味でも、正しい敬語を知るのはとても大切ですね。

まとめ

友人や同僚の間では「了解!」という言葉を使う場面が多いですよね!

親しい先輩などにも「了解しました!」などと使いたくなってしまう場合も多いと思います。

ですが、社会人としてTPOにあった言葉遣いを心掛けたいですよね。

今回紹介した「承知しました」、「かしこまりました」も上手く使ってみて下さい。

ビジネス書によって書いてある事が少しづつ異なっていて、混乱することもあると思います。

あまりに形式ばって硬くなりすぎないように注意しながら、相手とのコミュニケーションを楽しめたら良いですね。

宜しければ是非参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

この記事が役にたったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − one =