「溜飲が下がる」と「溜飲を下げる」の意味の違いと使い方!【類語・例文】

「溜飲が下がる思いだ」「溜飲を下げたよ」

こんな言葉を耳にしたことがありませんか?

いわゆる「スッとする」というような意味の言葉で、本やテレビでもよく使われる言葉です。

意味はだいたいわかると思いますが、「溜飲」が下がったり下げたりするというのは一体どういうことなのでしょうか。

「溜飲」という言葉の意味から、「溜飲が下がる」「溜飲を下げる」の使い方などを詳しく解説します。

今回は、「溜飲が下がる」と「溜飲を下げる」の意味の違いと使い方!【類語・例文】についてご説明いたします!


「溜飲」とは?

まず「溜飲が下がる」「溜飲を下げる」の「溜飲」とは何でしょうか。

「溜飲」は「不消化のため飲食物が胃に滞って、喉に上がってくる酸性の液」のことです。

消化不良でウッとなって酸っぱい胃液が上がってくること、ありますよね(笑)。

なんとあの酸っぱい胃液のことを「溜飲」というわけなんです。

以下で詳しく説明していきますが、「溜飲が下がる」や「溜飲を下げる」は、あの胃液が下がって胃のむかつきがおさまりスッとすることからきている言葉なんです。

「溜飲が下がる」の意味

「溜飲が下がる」は「不平、不満、恨みなどが消えて気が晴れる」という意味です。

「りゅういんがさがる」と読みます。

胸のつかえが降りてスッキリする。

モヤモヤが消えてスカッとする。

そんな状態を表す言葉です。

「溜飲を下げる」の意味

「溜飲を下げる」は「不平、不満、恨みなどを解消して気を晴らす」という意味です。

もちろん読み方は「りゅういんをさげる」です。

わだかまりを解消して晴れ晴れとした。

ストレス解消をしてスッキリした。

そんな状態を表す言葉です。

「溜飲が下がる」と「溜飲を下げる」の違い

「溜飲が下がる」と「溜飲を下げる」の意味を述べましたが、この二つの違いがお分かりでしょうか。

「溜飲が下がる」は「不平不満などが消えてスッキリすること」

「溜飲を下げる」は「不平不満などを解消してスッキリすること」です。

不平不満が「消える」のか、不平不満を「解消する」のかという違いになりますね。

「溜飲が下がる」は不平不満などが「消えて」「気が晴れる」ことです。

それに対して「溜飲を下げる」の方は、不平不満などを「解消して」「気を晴らす」ことで、こちらの方が能動的、自発的な意味合いになります。

自分から何か働きかけて、自分で心のわだかまりをなくすというニュアンスです。

わずかな違いなので同じように使われていますが、このようなニュアンスの差がありますので意図的に使い分けられていることもあります。

どちらも覚えておくとよいですね。

【例文】

  • 試合に勝って溜飲が下がった。
  • 反省の言葉を聞いてやっと溜飲が下がった。
  • 試合に勝って溜飲を下げた。
  • この機会に自分の気持ちをはっきり述べて溜飲を下げた。
たまに「溜飲を晴らす」という表現を見聞きすることがあります。

いかにも「溜飲」が下がって胸が「晴れる」というイメージではありますが、この

「溜飲を晴らす」は誤用なので気をつけましょう。

おそらく「恨みを晴らす」とか「鬱憤を晴らす」とか、そうした言葉と混同しているのだと思います。

正しくは「溜飲が下がる」か「溜飲を下げる」です。

「溜飲が下がる」「溜飲を下げる」の類語

「溜飲が下がる」「溜飲を下げる」の類語には次のようなものがあります。

  • 気が晴れる
  • 胸がすく
  • スッとする
  • スッキリする
  • スカッとする
  • せいせいする
  • モヤモヤが晴れる
  • 胸のつかえが下りる
  • わだかまりがなくなる
  • 晴れ晴れする
  • 安堵する

いずれも心がスッキリ晴れることや、安心して落ち着くことなどを表す言葉です。

「溜飲を下げる」という自発的なニュアンスを強調したい場合は

  • ストレスを解消する
  • 鬱憤を晴らす
  • 憂さ晴らしする
  • モヤモヤを発散する
  • ざまあみろと思う
  • などが類語に当たるでしょう。

まとめ

「溜飲が下がる」「溜飲を下げる」、いずれも胸のつかえが取れてスッキリ晴れ晴れとするさまを表す言葉でしたね。

二つの意味の違いもお分かりいただけたでしょうか。

ビジネスシーンでも、日常のいろいろなシーンでも見聞きすることがある言葉です。

ぜひ覚えて使ってみてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



仕事ですぐ使える語彙力

【ベストセラー1位】

アマゾン語彙力本のなかで一番売れている本。
敬語でなんて返したらいいかの受け答えが書いているだけでなく、他の言い換え表現もいくつか載っているので読むだけでかなり語彙力アップが期待できます。30万部突破も納得の内容。

敬語の意味がしっかりと書かれていて、プラスワンの豆知識や類義語などもあるのでちゃんと理解して言葉を選べるようになります。
挨拶、メールなどビジネスシーンを網羅しているので、お得感のある一冊。

前作の「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」の続編で、よくある場面順になんと表現したらいいかがイラスト入りで解説されているので、前作よりさらに読みやすさがアップ。
「こんなとき、なんて言うんだっけ?」という時は、場面を探して辞書のように使える一冊。

大人の対応は「返し」が違う

職場、友人など、人間関係における40の悩みを、大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない、腹も立たない。嫌味さえもサラリとかわす。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと楽になる。

この記事が役にたったらシェア!