転職の基礎知識

不採用になった会社にすぐ再応募できる?添え状は一緒に送った方がいいの?

「不採用になった会社にもう一度応募したいが、受け付けてくれるだろうか?」「不採用の会社を再応募する際に、添え状を一緒に送った方がいいのだろうか?」などと、疑問に思ったことはありませんか?

どうしても諦めきれない憧れの企業は、誰にでもありますよね。

私は大手転職エージェントのキャリアコンサルタントとして、数多くの転職支援を行ってきました。

不採用になった企業に再応募するには、ちょっとしたコツが必要です。

本記事では、企業側の本音に迫りつつ、不採用になった会社への再応募の実情に迫り解説をしたいと思います。

さっそくはじめましょう!

【スポンサーリンク】

再応募を受け付けてくれる企業は多い

実は再応募しても「ダメだったのに、また受けにきたよ」と、ネガティブに反応する企業ばかりではありません。

じつは、再応募を受け付けてくれる企業は意外に少なくありません。

転職エージェントに勤務していた頃の話です。

「前に応募して最終面接まで進んでいた○○さんはまだどこも決まっていないかな?じつは、急な欠員出たから○○さんを採用したいと思ってね」

と、過去の候補者に声をかけてほしいという企業側の依頼をいただくことが何度かありました。

他にも、採用担当者が移動になり、窓口が変更されたことによって仕切り直しになるケースも。

このように、企業側の事情によって再応募が可能なケースがあります。

採用には、タイミングがあります。

1度目では縁がなくても、時期が変われば必要とされることも珍しくありません。

NGの理由を把握しよう

「再応募がOKな会社が多いのはわかった。よし!早速応募しよう!」と思ったら、ちょっと待ってください。

ここで少し考えてほしいことがあります。

それは、前回NGになった理由です。

前回と同じ点で採用が見送りにならないよう、NG理由を把握・整理しておきましょう。

その上で、再応募までにNG理由の改善をしておきます。

たとえば、企業への情熱が足りなかったのか、仕事内容に関する理解が浅かったのか。

こうしたボトルネックを解消することで、「前回よりも良いね」と、前向きな評価に変えていくことができるでしょう。

ただし、「社風に全く合わない」「●●業界の出身者は採用しない」などと、努力では解決が難しいこともあります。

再応募したとしても、前回落ちた理由を覆すことができない場合があることは覚えておきましょう。

職種を変えて再応募してみる方法も

電子系のエンジニア職で1度目の選考はダメだったとしても、セールスエンジニア職で再応募をすることで、可能性を広げる方法もあります。

もちろん、自分の志向性が合っていなければ、セールスエンジニアとしてやっていくことは難しいですが、どうしてもその会社に入りたいと考えているなら職種を変えて再応募することも考えてみましょう。

いつ再応募がベストなのか?

ここでは、再応募するタイミングについてご紹介したいと思います。

再応募する目安としては、前回エントリーしてから半年以上を目安としてください。

3ヶ月以内の応募だと、前回のエントリーから日程が近すぎてしまい、即NG連絡が来ることがあります。

もちろん、急な欠員や人員構成の見直しなどで、3ヶ月以内の再応募を受け付けてくれるケースもあります。

もし、応募をした当時の転職エージェントとは別の転職エージェントを利用しているとしたら、「半年ほど前にある転職エージェントから応募したのですが、書類選考でNGでした」と、現在利用中の転職エージェントの担当者に正直に結果を伝えておきましょう。

添え状は一緒に送るべき?

結論から言えば、添え状はあってもなくてもどちらでも構いません。

添え状とは、企業に履歴書や職務経歴書を送付する際に同封する、あいさつ状です。

添え状には、丁寧な印象を与える効果もあります。

そのため、再応募にあたり前回の選考についてのお礼の文面をのせることで、アピールにつなげようとする人も少なくありません。

実際、まったく読まれないわけではなく、採用担当者も目を通しはします。

しかし、基本的には年齢・学歴・スキル・経験をチェックするのが書類選考です。

添え状の有無で結果が変わるわけではありませんので、力を入れて書いたとしても、あまり選考に影響は出ないと考えておきましょう。

再応募でもNGだった時の気持ちの整理法

再応募してもNGだった場合、気持ちは落ち込みます。

そんなときは、「合わなかった」と、割り切りましょう。

再チャレンジしたことは、勇気のある行為です。

誰にでもできることではありません。

落ち込みすぎず、気持ちを切り替えて、新たな企業との出会いに期待していきましょう。

まとめ

不採用になった会社への再応募のタイミングや添え状について解説をしてきましたが、疑問は解消したでしょうか?

再応募はチャンスが限られていますが、可能性がないわけではありません。

本記事の内容を参考に、是非、後悔のない転職活動を実現できることを願っています!

ABOUT ME
アバター
山下
大手転職エージェントでキャリアコンサルタントを経験。 職務経歴書の添削や面接対策・退職交渉に至るまで、 350名以上の転職相談実績があります。