言葉の意味と使い方

「様方」の書き方!自分宛てに実家に送る時は?様はなし?

「様方」の書き方!自分宛てに実家に送る時は?様はなし?

「様方」は、手紙やハガキ、宅配便などを送る時に使うことがある言葉です。

簡単に言うと、送付先の家の人と受取人の名字が違っている時に使う言葉なんです。

ですが、「様方」を使ったことがない人にとっては、どういう時に使うのか、どう書けばいいのか、また自分に送りたい時にも使えるのかなど、いろいろとわからない点があるのではないでしょうか。

今回は、「様方」の書き方!自分宛てに実家に送る時は?様はなし?についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「様方」の意味や読み方は?

様方

「様方」は「郵便物などの送付先の、世帯主と受取人の名字が異なる場合に使う敬称」です。

「さまがた」と読みます。

「様方」だけで使うわけではなくて、例えば「鈴木A子」さんの家にいる「佐藤B子」さんに手紙を送りたいときに、「鈴木A男様方 佐藤B子様」と書いて送るわけです。

「様方」は、個人宅の世帯主と、受取人の名字が違う時にこのようにつける敬称です。

>>「御中」と「様」の違いと使い分け方は?両方同時に使うのはNG?

「様方」の使い方

「様方」は郵便物などを送る時に使う宛名の敬称で、宛先の世帯主と受取人の名字が違う時に「○○様方 ●●様」として使います。

例えば、次のようなケースが「様方」を使う場面として考えられます。

  • 名字が違う人の家に下宿している
  • 友人や、名字の違う親戚の家などに居候している
  • 結婚して名字が変わった人が、実家に帰省している
  • 結婚して名字が変わった人が両親の家で同居している

他にも色々な場合があるでしょうが、こうした時に、住所とその人の名前だけを書いても、その住所の世帯主と名字が違うので配達されずに宛先不明で返って来てしまうということが考えられます。

ですので、住所と「○○様方」を書いた上で受取人の名を「●●様」と書きます。

これで、その住所の「○○」さんの家に届ければいいということが郵便の仕分けや配達の人にもわかるので届けてもらえるというわけですね。

「様方」の書き方

「様方」を実際に封筒などに書くときの書き方です。

様方の書き方

「様方」は、受取人ではなく送り先の世帯主の名前につけます。

世帯主名+「様方」の部分は住所の一部として書きます。

つまり、まず普通に宛先の住所を書き、住所の続きで次の行に宛先世帯主の氏名を書き、「様方」をつけます。

1文字分ほど下げると見やすいです。

世帯主名は名字だけ書かれることもありますが、基本的にはフルネーム+「様方」が適切です。

そして、中央に宛名として受取人の氏名+「様」を大きめに書きます。

【書き方の例】

東京都○区○○1-2-3
鈴木A男様方

 佐藤B子様

自分宛てに実家に送る時は?様はなし?

さて、「様方」は送る先の世帯主と受取人の姓が違う時に使える便利な言葉ですね。

ですが、自分宛てに実家に送る時はどうすればいいか迷ってしまいませんか?

例えばしばらく帰省することになり、その時に必要な荷物や郵便を自分宛てに送る、帰省中に通販を注文して実家で受け取る、などということがあります。

こうした時、「自分で実家の住所に自分宛ての郵便などを送る」ということになりますよね。

自分の実家の父(母)に「様方」をつけたり、自分の名前に様をつけたりすることに違和感があると思います。

そのような場合は、実家の世帯主名+「方」、自分の氏名+「行」とします。

「様」という敬称を抜くわけですね。

実家で自分が受け取る場合の様方の書き方

返信用封筒に書くときなど、一度他人が受け取って目にする場合はこのように書くのが適切です。

特に他人の手に渡るものではなく、普通に自分が自分宛てに手紙や荷物を送るだけという場合なら、世帯主の氏名+「様方」にしても、自分の名前に「様」をつけても届きますので、どちらでも問題はないでしょう。

「様方」と「気付」の違い

「様方」に似た扱いをする言葉に「気付(きづけ)」があります。

これも宛先を書く時に使う言葉なのですが、違いは

  • 「様方」は「郵送先が個人宅のとき」
  • 「気付」は「郵送先が会社や団体などのとき」

となります。

「気付」は、「会社や団体などの組織が宛先で、その組織に属していない人に送りたい」という時に使います。

例えばその宛先の会社に一時的に出張などで来ている人に郵便を送りたいとか、ホテルに宿泊している人に手紙や荷物を届けたいという時に使えます。

なお、もちろん「その組織に属している人に送りたい」時は「気付」も「様方」もつけずに「○○株式会社○○部 ○○様」とします。

【書き方の例】

  • ○○ホテル フロント係気付 ●●様
  • ○○株式会社気付 ●●株式会社××様

まとめ

「様方」は、個人宅の住所に宛てて郵便物を送る時、その住所の世帯主と受取人の姓が違う場合に使う言葉でした。

住所の続きとして「○○様方」としてから、宛名を「●●様」と書きます。

「様方」や「気付」はしょっちゅう使う機会のある人もいると思いますが、その一方で全く使ったことがないという人もいるでしょう。

急に「様方」を使うような場面に遭遇しても慌てることがないよう、ぜひ知っておきたい言葉ですね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。