「晒す/曝す」(さらす)の意味と違いは?「恥をさらす」はどっち?【例文つき】

最近ネットに人の個人情報や写真など、何かを「さらす」ことが問題になることが多いですよね。

迷惑行為を撮影してSNSにさらした、とか、子供同士のいじめで写真を撮られてネット掲示板にさらされた、とか色々とニュースになったりしています。

こういう時代なので、ちょっと怖いイメージのこの「さらす」という言葉ですが、他にも「野菜を水にさらす」とか、「危険にさらす」とか、色々な使い方がありますよね。

正確には「さらす」ってどういう意味なのでしょうか?

漢字では「晒す/曝す」という二種類の書き方があるのですが、使い分けはどうしたらよいのでしょうか。

ぜひ確認しておきましょう。

今回は、「晒す/曝す」(さらす)の意味と違いは?「恥をさらす」はどっち?【例文つき】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「晒す/曝す」の意味

「晒す/曝す」には色々な意味があります。

  1. 日光、風に当てて干す。
  2. 風雨や日光のあたるままにしておく。
  3. 布などを水洗いしたり薬品を使ったりして白くする。漂白する。
  4. 野菜などのアクや臭みをとるために水に浸す。
  5. 広く人目に触れるようにする。
  6. 避けることができない難しい事態に身を置く。
  7. じっと見る。

意味がとても幅広いですよね。

「晒す/曝す」は「さらす」と読みます。

多くの国語辞典などでは、「さらす」は(晒す/曝す)として一つの項で説明されており、どちらの漢字を使っても同じ意味を表すとされているようです。

このように「晒す/曝す」には色々な意味があり、例えば「ふきんをさらす」といえば三番目の漂白する意味でしょう。

「たまねぎを水にさらす」といえば四番目の水につける意味ですね。

これらもよく使う「さらす」ではありますが、ビジネスシーンなどで一番使うのは5、6番目の意味ではないでしょうか。

「人目にさらす」とか「身をさらす」とか言いますよね。

また、辞書に載っている意味は上のようなものですが、現代ではSNSなどに個人情報などを公開することを「さらす」と言うことが多いです。

ネットにのせて人目にふれるようにするわけですから、確かに「さらす」です。

「ネットにさらす」という現代的な使い方もぜひ覚えておきたいところです。

「晒す/曝す」の違い

「さらす」には色々な意味がありましたね。

そして、「さらす」は「晒す/曝す」のふた通りの漢字があるわけです。

どういうときにどちらの字を使えばよいのか、迷ってしまいますよね。

この「晒す/曝す」には、特に使い分けの決まりはないので、どちらを使っても構いません。

単純にそれぞれの漢字の意味を調べてみましょう。

「晒」という漢字には、「日光に当たったままにする」という意味があります。

「日」に「西」なので、太陽が西から照りつけるということを意味するわけですね。

「曝」の方は、「日にさらしてかわかす」「隠さないですっかり見せる」などの意味があります。

「さらす」の他「バク」などとも読みます。

漢字の意味から言うと、「隠さないですっかり見せる」のが「曝」ですから、「人目にさらす」というときは「曝す」を使うのがよいということになります。

ですが、実際には人目に触れるようにするという意味でも「晒す」を使うことも多いです。

使い分けの決まりがあるわけではないので、辞書に載っているようにどちらを使っても構いません。

一応、一般的には、

  • 漂白する時や野菜のアクを抜く時は「晒す」
  • 人目に触れるようにする時や難しい事態に身を置くときは「曝す」

を使うことが多いとされています。

【例文】

  1. ごぼうをささがきにして水に晒す。
  2. 腹に晒しを巻く。
  3. この布は日に晒して色が褪せた。
  4. この彫刻は長い間雨曝しになっていた。
  5. これを持っているだけで身を危険に曝すことになる。
  6. こんなものを人目に曝すのははばかられる。
  7. 無断でSNSに顔写真を晒された。

 

「恥をさらす」は?

「さらす」はよく「恥をさらす」という形で使います。

「恥をさらす」は、「公衆の面前で恥をかく。自分の恥を周囲の人に知られる」という意味です。

この「さらす」は「晒す/曝す」のどちらなのでしょうか。

答えは、「晒す/曝す」にははっきりした使い分けの決まりがないわけですから、どちらで書いても構いません。

「人目に触れる」時には「曝す」の方を使うことが多いと言われていますので、「恥を曝す」の方が多く用いられているのではないでしょうか。

ですが、「恥を晒す」「恥を曝す」、どちらにしないといけないという決まりはありません。

また、どちらも常用漢字ではないので、こちらを使う方がわかりやすいということもないでしょう。

実際には「恥をさらす」とひらがなで書かれることも多いので、迷った時はひらがなで書くという手もありますね。

「晒す/曝す」の類義語

「晒す/曝す」の類義語には次のようなものがあります。

人目にふれるようにする意味で

  • 見せる
  • むき出す
  • 露呈する
  • 暴露する
  • 明るみに出す
  • 白日のもとにさらす
  • 公表する

などがあります。

もちろん他にも、

「白くする」意味であれば「漂白する」

「水につける」意味であれば「水にひたす」

「危険にさらす」であれば「危険な目にあわす」

など、その時の「晒す/曝す」の使い方に応じて言い換え方は色々あります。

まとめ

「晒す/曝す」は全然違う見た目の字なのに、同じように使うというのが不思議ですよね。

また、幅広い意味があって、「野菜を水に晒す」のと「ネットに個人情報を晒す」のが同じ「さらす」なのも面白いところです。

ネットの晒し行為は良くないですが、「晒す/曝す」自体は悪い言葉ではありません。

ぜひ意味や使い方を理解して、使ってくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

合わせて読みたい記事



仕事ですぐ使える語彙力

【ベストセラー1位】

アマゾン語彙力本のなかで一番売れている本。
敬語でなんて返したらいいかの受け答えが書いているだけでなく、他の言い換え表現もいくつか載っているので読むだけでかなり語彙力アップが期待できます。30万部突破も納得の内容。

敬語の意味がしっかりと書かれていて、プラスワンの豆知識や類義語などもあるのでちゃんと理解して言葉を選べるようになります。
挨拶、メールなどビジネスシーンを網羅しているので、お得感のある一冊。

前作の「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」の続編で、よくある場面順になんと表現したらいいかがイラスト入りで解説されているので、前作よりさらに読みやすさがアップ。
「こんなとき、なんて言うんだっけ?」という時は、場面を探して辞書のように使える一冊。

大人の対応は「返し」が違う

職場、友人など、人間関係における40の悩みを大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない、腹も立たない。嫌味さえもサラリとかわす。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと楽になる。

この記事が役にたったらシェア!