カタカナ語

スキームの意味とは?ビジネスでの使い方やプラン・フローとの違いも解説

スキームの意味とは?ビジネスでの使い方やプラン・フローとの違いも解説

「スキーム」という言葉を聞いたことはありますか?

競争の激しいビジネスの中で成功を勝ち取るためには事前の周到な戦略や構想が不可欠です。

経営学、経済学の発展とともに、こうした傾向はより顕著となり、「運がよかった」ではなく「勝つべくして勝つ経営」が求められています。

そうしたビジネスシーンの中で「スキーム」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

ここでは、その「スキーム」という言葉について解説します。

【スポンサーリンク】

「スキーム」の意味とは?

「スキーム」とは、英語の「scheme」で、日本語では「計画」や「構想」などの意味を持つ言葉です。

日本でビジネスシーンで用いられるときには、「枠組みを持った計画」「戦略」を意味することが一般的です。

また、それらのスキームを図解したものを「スキーム図」と呼びます。

こう聞いても、いまいちピンとこないという方は、「スキーム」とは、ある目的を達成するための「方法」や「やり方」だという理解でいいかと思います。

例えば、「わが社は来月から新しい評価スキームを導入します」と言った場合は、「来月から新しい評価の方法が導入されるんだな」と理解して問題ありません。

>>エビデンスの意味とは?ビジネスや医療での使い方や英語での例文

「プラン」や「ストラテジー」との違いとは?

「計画」と聞いたら「プラン」という言葉を頭に描く方が多いかと思います。

確かにプランとスキームは似た意味を持つ言葉ですが、「プラン」は単に「予定を立てる」というニュアンスです。

一方で「スキーム」は「構想を練る」や「戦略を立てる」といったニュアンスを含んでいえうので、より具体性があり、戦略性がある表現と言えますね。

また「ストラテジー」とは、英語の「strategy」で日本語で「戦略」や「戦術」と言う意味の言葉です。

同じように「戦略」を意味する言葉ですが、「ストラテジー」は「将来の戦略」というニュアンスがあります。

なので、例えば、新しい販売戦略を始める際には「販売スキーム」となります。

ここでも、スキームを「やり方」と理解しておくとわかりやすいかと思います。

>>ストラテジストとは?アナリストとの違いやITストラテジストや金融での使い方

「フロー」とは?

「スキーム」と合わせて用いられやすい言葉として「フロー」があります。

「フロー」とは、日本語で「流れ」を意味します。

ビジネスシーンで用いられる際には、作業や業務の全体の流れを指す言葉です。

単体で用いられることは少なく「ワークフロー」や「マネーフロー」等として用いられることが多いでしょう。

各種フローを組み合わせてスキームが構成されていくことになります。

「スキーム」の使い方

「スキーム」とは、日本語で「計画」や「構想」を意味する言葉でしたね。

ここでは、「スキーム」という言葉がどのように使われているか、実際の使用例を見てみましょう。

【使用例】

  1. 「A社の失敗を踏まえて、事業スキームを見直しす必要がありますね。」
  2. 「前回とは異なり、今回のM&Aスキームは株式交換で行いましょう。」
  3. 「詳細は、こちらのスキーム図を参照ください。」

などとして用いられています。

英語でネイティブはどのように使う?

「スキーム」という言葉を実際の英語圏では、どのように使っているのでしょうか。

英語圏でも「scheme」として、そのままの意味で使うことが出来ます。

実際の英語圏での使用例として、以下の例文を参照ください。

「scheme」の英語例文

Ex 1) The company introduce a new scheme for insurance coverage.

(会社が保険対応の新しい枠組みを紹介します。)

Ex 2) Please take same numbering scheme on the parts.

(部品には同じ番号の振り方をしてください。)

Ex 3) Only our employee can participate this pension scheme.

(この年金スキームには自社の社員だけが参加できます。)

まとめ

いかがでしょうか?

ビジネスモデルの複雑化により、いっそうの戦略と戦術が不可欠な時代となってきました。

そうした様々なビジネスシーンで用いられている「スキーム」という言葉の意味と、その使い方、そして英語での例を見てみました。

それらを通じて、「スキーム」という言葉を理解できたかと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。