転職の基礎知識

転職の面接で私服指定と言われた時の「私服の選び方」を転職エージェントが解説!

転職の面接で私服指定と言われた時の「私服の選び方」を転職エージェントが解説!

この記事を見ている皆さまはまさに「面接は私服でお願いします」という指定を受けている方だとおもいます。

この場合は面接を受ける企業がどんな職種なのかがキーワードになってきます。

アパレル関係のお仕事なのかTV関係や芸能といったエンタメ業界やIT業界などは私服指定の面接が多い場合が多いです。

それでは私服指定されたケースの対策方法を解説していきます。

【スポンサーリンク】

面接で私服指定された場合は見極めが重要!

企業によっては「自由な服装できてください」という場合と「完全私服指定」の2種類あることを理解しておいてください。

企業からどのようなニュアンスで指定されたかが重要です。

IT業界やTV関係の仕事の場合は、「自由な社風でやっている」という意図を求職者に理解してもらおうとして「自由な普段通りの服で」となることがあります。

完全私服指定されたパターンの多くがアパレル関係・美容関係の面接で服のセンスや一般常識の判断材料になり重要なポイントにることもあるので、適当に選んだ私服ではいけません。

もちろんスーツなんかでいってはダメですよ。

しっかりと応募企業のコンセプトにあっている私服(オフィスカジュアル)を着ていくべきです。

なぜ、企業が私服指定するのか?

それでは企業がなぜ私服していするのかの意図を探っていきましょう!

  • 企業側での自由度のアピール
  • 一般常識の見極め、私服とはいえビジネスに適した服装でこれるか否か
  • アパレルなどに多いが、社風に適した服装ができているか

企業にはこのような意図が隠されていますのでここの部分をしっかりと意識して面接に臨むようにしましょう!

オフィスカジュアルは何を着たらいい?

女性の場合の服装のポイント

髪型

  • 髪型は過度なヘアアレンジは避けていきましょう。無難なのは清楚でシンプルな髪形で前髪は左右どちらかに流して、なるべく眉やおでこを出す。

服装・持ち物

  • 季節によってですが、無地で色は紺や黒など落ち着いたもの。ジャケットまたはカーディガンを着用しましょう!
  • ブラウスあるいはカットソー、襟はなくても可。パステルカラーなど明るく落ち着いた色。
  • 無地の革でトートバッグ、色は黒や紺・グレーや茶色など。小さいサイズであからさまなブランド物は不適切。
  • 腕時計はシンプルで目立たないデザインのもの。ベルトは革製なら黒や茶色、金属製の場合はシルバーのものでいきましょう!
  • スカートまたはパンツを着用しましょう、どちらの場合も体のラインに合ったシンプルなデザインのもの。スカートの丈は膝下がベスト。紺や黒、ベージュなど落ち着いた色のもの。パンツの場合はベルトがある方が良い
  • ストッキングで素足は避ける。肌の色に合ったもの、網目はNG。
  • パンプスの色は紺や黒、ベージュなど落ち着いた色で、ヒールは3~5センチ程度。サンダルやミュール、ローファー、ブーツやスニーカーは避ける。つま先が出るものは絶対NG。

男性の場合の服装

髪型

  • 髪型ですが前髪は眉に、襟足はシャツの襟にかからないように短くしておきましょう。もちろん耳やおでこは出すようにしてください。

服装・持ち物

  • ジャケットは紺・グレー・黒・ベージュなどの落ち着きのある色で無地のもの。夏場でもジャッケットは必ず着ていきましょう!
  • ワイシャツは無地の襟付き。色は白・ブルー・グレーなどの明るめのもの。ネクタイはなくても良い。シャツの裾はパンツの中にしっかりいれましょう。夏場なら半袖やポロシャツも可。Tシャツは基本的に着ていかない方がいいです。
  • ベルトはシンプルなデザインで色は黒や濃い茶色などを着用していきましょう。バックルが大きいもの、派手なものは避けてください。
  • 革製のトートバックでいきましょう。大きすぎないサイズでA4用紙が入るくらいの大きさがベスト、色味は落ち着いたもの。リュックサックはカジュアルな印象になるので注意。
  • 腕時計は目立たないシンプルなデザインが無難。ベルトは黒や茶色の革やシルバー。もちろん高価なもの、ゴールドなどの派手な色のものは避ける。
  • チノパンまたはスラックスでいきましょう。無地で色はジャケットやシャツとのバランスを考え、紺やグレー、ベージュなど落ち着いたもの。タイトすぎるもの、ゆったりしすぎるものはカジュアルな印象になるのでNG。裾はジャストサイズを選びましょう。
  • 靴下は黒・紺・グレーなどの暗い色の無地。パンツの裾から肌が見えないよう丈の長いもので踝ソックスはNG。
  • 革靴でいきましょう。紐付きで、色は黒か濃い茶色。つま先が極端に尖っているもの、装飾が奇抜なものは避けるのとスニーカーも避けてください。

アパレルや美容系の面接の服装について

アパレル業界の面接では以下の三つのポイントがございます。

  1. 応募先企業のブランドの洋服を重視した服装
  2. 今流行りのトレンド重視の服装
  3. 清潔感を重視した服装

この3つから選んでいくのが良いでしょう。

この3つからそれぞれ組み合わせてみてください。

例えば応募先企業のブランドで清潔な商品を選んでみたり、応募先企業の流行りトレンドをチョイスしてみたり。

面接の時にほぼ間違いなく服装について聞かれますのでしっかりとこの3つの意図を答えれるようにしていきましょう。

美容関係の企業なら②と③を組み合わせていくのが良いでしょう。

まとめ

このように応募する企業の職種によってオフィスカジュアルなのか私服オンリーなのかに変わってきます。

基本はオフィスカジュアルでOKですが、アパレル関係&美容関係では清潔感やトレンドに乗っかった服装が優位に働きます。

それぞれ要点に合わせた服装をしていくように心がけましょう!!

↓↓転職エージェントに相談する↓↓

 

ABOUT ME
語彙力.com編集部
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。