言葉の意味と使い方

「遜色ない」の意味とは?褒め言葉か失礼か?使い方と類義語を解説

「遜色ない」の意味とは?褒め言葉か失礼か?使い方と類義語を解説

「○○と比較しても遜色ない出来だ」

このように使われる「遜色ない」という言葉があります。

この場合、他のものと比べていいと褒められているのか、それともよくないと言われているのか、迷ってしまいませんか?

「遜色ない」の意味を正しく理解しておきましょう。

今回は、「遜色ない」の意味とは?褒め言葉か失礼か?使い方と類義語を解説についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「遜色ない」の意味

「遜色ない」は「何かと比べて劣っていない、負けていない」という意味の言葉です。

「そんしょくない」と読みます。

まず、「遜色」というのは、「他に比べて劣っている」ということです。

「遜」は「謙遜」の「遜」として使うことが多いと思いますが、これは「へりくだる」「劣る」「ゆずる」といった意味がある漢字です。

「色」はもちろん色彩の「色」ですが、「様子」を表す漢字でもあります。

「遜色」は「ゆずるような、様子」「劣る様子」といった意味になりますので、ほかと比べて劣っていること、見劣りすることを表すのです。

その「遜色」が「ない」ということで、「遜色ない」は劣っていない、負けていない、見劣りしないという意味になりました。

「御の字」の本来の意味と使い方は?由来も確認しよう!「満点とは言い難いが、まあこれだけできていれば御の字だよ」 「たいした利益は出なかったが、損しなかっただけ御の字だ」 このよ...

「遜色ない」は褒め言葉か失礼か?

「遜色ない」は「何かと比べて劣っていない」ということです。

これは、褒め言葉として使える言葉です。

ですが、使い方によっては失礼になることもあるので注意が必要です。

「遜色ない」は褒め言葉として使える

「遜色ない」は、「遜色」というネガティブな意味の言葉を打ち消しているので、ポジティブな意味の言葉です。

「他と比べて、負けていませんよ」「見劣りしませんよ」ということで、褒め言葉として使えます。

目上の人に話すときなどは「遜色ありません」などとしましょう。

「遜色ない」は失礼になることもある!

「遜色ない」は、「ほかと比べて劣っていない」という意味の褒め言葉です。

ですが、「劣っていない」ということは、「優れてもいない」ということです。

「負けていてもおかしくないのに、同程度にいいですね」と言っていることになりますので、使う相手によっては失礼になる場合もあります。

正しい使い方を確認していきましょう。

「遜色ない」の使い方

「遜色ない」は、「ほかと比べて劣っていない」ということです。

ですから、格上のものや、同程度か少しまさっていると思われるものと比べる時に使います。

本来なら負けていてもおかしくないのに、負けていないですよ、という使い方をします。

明らかに格下のものと比べて「遜色ない」というのは失礼になります。

ほかと比べて程度の差が少ない時に、「劣ってないですよ」という意味で使います。

【例文】

  1. 彼はよく勉強していて、東大出身者と比べても遜色ない知識を持っている。
  2. 彼女の作品は師匠のものと比べても遜色ない出来栄えだ。
  3. 新入社員ですが、彼の能力は営業部の誰と比べても遜色ありません。

【間違った例文】

  1. さすが一流シェフの作った料理だ、チェーン店のものと比べても遜色ない味だ。
  2. 業界トップの技術力を誇るA社の新製品は高価だが、これまでのB社が出していた製品と比べてもその性能は遜色ない。

間違った例文では、普通に考えて格下だと思われるものと比べて「それより劣ってはいない」と言っていることになりますので不適切ですね。

「遜色ない」の類義語

「遜色ない」の類義語には次のようなものがあります。

  • 見劣りしない(劣っているように見えない)
  • 引けを取らない(負けていない、互角であるさま)
  • 負けず劣らず(互いに優劣がつけにくいさま)
  • 肩を並べる(相手と互角・対等な位置に立つ)
  • 比肩する(肩を並べること。匹敵すること)
  • 互角の(互いに優劣の差がないこと)
  • いい勝負の(なかなか決着がつかないように優劣の差がない)
  • 勝るとも劣らない(勝っているところはあるが負けているところはない)
  • 大差ない(同じように見えること)

「遜色ない」の対義語

「遜色ない」の対義語には次のようなものがあります。

  • 引けを取る(負ける。劣る)
  • 見劣りする(相手に比べて劣って見える)
  • 代わり映えしない(目立って良くなったところがなく、あまり変化がないさま)

なお、「代わり映えしない」は、ほかと比べて大差がない、悪くはないという意味では「遜色ない」と似ていますが、こちらは「ほかと比べていいところが特にない」というネガティブな意味で使われる言葉です。

「遜色ないですね」というのは褒め言葉に使えますが、「代わり映えしないですね」というのは悪い意味になりますから気をつけましょう。

まとめ

「遜色ない」は、他より劣っていない、負けていないということで、褒め言葉に使える言葉でした。

ですが、格下のものと比べて「遜色ないですよ」などと言ってしまうとかなり失礼になりますし、使い方には十分注意が必要な言葉です。

複雑な意味を持つ言葉ですが、適切に使えるように気をつけたいですね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。