言葉の意味と使い方

「そうなんですね」は敬語?目上の人に失礼?言い換え表現を解説【例文つき】

「そうなんですね」は敬語?目上の人に失礼?言い換え表現を解説【例文つき】

「そうなんですね」

ビジネスシーンでも、普段の生活の中でも何かと使われる言葉です。

会話の合間に「そうなんですね」と相槌を打つことで、相手の話をちゃんと聞いている、興味を持っているということを表すのに使います。

便利な言葉なので、口癖のように「そうなんですね」を多用している人も多いのではないでしょうか。

ですが、この「そうなんですね」、敬語として間違っているのではないかと感じたり、違和感を覚える人もいるのです。

きちんと対応しているつもりでも、失礼な言葉を使ってしまっていてはいけませんね。

今回は、「そうなんですね」は敬語?目上の人に失礼?言い換え表現を解説【例文つき】についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「そうなんですね」は敬語?

「そうなんですね」は接客用語、ビジネス用語としてはちょっとフランクなイメージがありますよね。

そのため、「敬語として間違っている!」と腹を立てたり違和感を覚えたりする人もいるようです。

ですが、この「そうなんですね」は敬語であると言えます。

「そうですね」や「そうなのですね」といった言葉が変化してきたものです。

「です」がついていますので、丁寧語です。

また、そのあと「ね」がついているので、とても堅苦しい言葉ではなく、少し親しみを感じさせるようなニュアンスの敬語ということですね。

相手の話に「へぇ~」と感心したときや、ふつうに相槌を打ちたいときに使うような言葉ですので、「そうなんですね」という言葉そのものが間違いとか失礼ということはありません。

「なるほど」の代わりの言葉は?上から目線や失礼と思われる理由は?「なるほど」「なるほど、わかりました」「なるほどですね!」 この「なるほど」、しょっちゅう見聞きする言葉ですよね。 相手の言...

「そうなんですね」は目上の人に失礼?

「そうなんですね」は敬語であると述べました。

ですが、使い方によっては失礼な印象になってしまう言葉なのです。

そのため、目上の人には使わないほうがよいでしょう。

後述するような、他の言葉に言い換えるのが無難です。

なぜ「そうなんですね」が失礼になるのかと言うと、

  • 目上の人にはもっと丁寧な言葉があるため
  • 会話にはよいが、文書中の書き言葉としては不適切であるため
  • 多用すると相手の話を聞き流しているような不真面目な印象になるため
  • 語尾を伸ばすなどの言い方の癖によって失礼な印象になるため

といった理由が考えられます。

「そうなんですね」自体は間違った言葉ではないのですが、こうしたことから話の流れや話者の態度と関係して失礼になってしまうということです。

  • 目上の人には「左様でございますか」など、より丁寧で堅苦しい表現を選ぶ
  • 友人とのラインなどではよいが、ビジネスメールでは使わない
  • 何度も「そうなんですね」を使わない
  • 「そうなんですね~」などと語尾を伸ばさない

といったことに注意して、失礼にならないように使いましょう。

特に、口頭ではつい多用したり「そうなんですね~」と伸ばしたりはしてしまいがちなことです。

こうした使い方をしてしまうと、「相手の話を聞いていない」「興味がない」「早く終わらせたい」といった気持ちで適当に相槌を打っているようにとらえられてしまうかもしれません。

「そうなんですね」が口癖のようになっている人は、意識して他の言葉に言い換えるなどして気を付けましょう。

「そうなんですね」の使い方

「そうなんですね」は、使い方に注意は必要ですが、それ自体失礼な言葉ではありません。

失礼にならない場面で適切に使いましょう。

「ですね」と「ね」がついていて、親しみやすい印象でもありますので、例えば親しい人とのやり取りや、仕事相手であっても雑談で話が盛り上がったときなどには相槌として使えます。

先に述べた通り、目上の人に対してや、ビジネスメールなどでは適切ではありませんが、使う場面によっては気持ちを込めて使えば問題ありません。

また、「そうなんですね。」と一言だけ返すと、やはり人によっては「あまり関心がないのかな」ととらえられてしまうかもしれません。

「そうなんですね、では〇〇ですか?」などと、話が続くように一言添えたりするのも一つの手でしょう。

「そうなんですね」は文法的には間違いではありませんが、やはり悪い印象になりかねない言葉なので、気持ちが伝わるようなひと工夫が必要ですね。

【例文】

  1. 僕は山形県出身なんです。――そうなんですね。いつからこちらにお住まいなんですか?
  2. そうなんですね。知らなかったです。
  3. そうなんですね。わかりました。

「そうなんですね」の言い換え表現

「そうなんですね」の言い換え表現には次のようなものがあります。

  • 左様でございますか
  • おっしゃる通りです
  • そうなのですね
  • そういうことだったのですか

「左様でございますか」「おっしゃる通りです」などはかしこまった言葉ですから、目上の人への相槌や返答として使えます。

どの言葉を使うにしても、多用しすぎない、気持ちを込めて使うなどの注意点は同じですが、「そうなんですね」よりも失礼になりにくいので、ぜひいくつか使い分けるようにしましょう。

新社会人へ!会社や仕事で使うビジネス敬語と用語25選!新入社員にとって、第一の関門は「敬語」と言っても過言ではありません。 「基本的な敬語は勉強してきた!」と思っていても、いざ会社の中...

まとめ

「そうなんですね」は、相槌や、相手の話に共感したり驚いたりといった反応を示すために使う言葉です。

堅苦しくない印象にしたいときには「左様でございますか」などと言うよりも使いやすいですよね。

ただし、違和感を持ったり失礼ではないかと感じたりする人もいる言葉ですので、くれぐれも使う場面には気を付けて、誠意をもって使いましょう。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。