若者言葉・ネット用語

「好きピ」の意味とは?誰が言い出した?元ネタや彼氏との違いについて解説

「好きピ」の意味とは?誰が言い出した?元ネタや彼氏との違いについて解説

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

SNSを中心として若い世代の女子達がよく使っている「好きピ」という言葉の意味とはいったいどういうものなのでしょうか。

また好きピという言葉自体は誰が言い出したのでしょうか。

今回は「好きピ」の意味とは?誰が言い出した?元ネタや彼氏との違いについて解説いたします!

好きピの意味

ハートマークをするパンダ

「好きピ」とは、「好き」という言葉と「人々」という意味の英語「ピープル」を合体させて作られた言葉で、「好きな人」という意味を持ちます。

「好きピ」と漢字で表記される他「すきぴ」と全て平仮名で書かれることもありますが、意味に変わりはありません。

好きな人という意味の言葉ですが、異性に対してのみ使う言葉ではなく、友人やキャラクター、有名人など様々な対象に対して使う事が出来ます。

また似たような意味を持つ言葉としては「推し」や「オキニ」「彼ピ」などがありますよ。

好きピは誰が言い出した?

「好きピ」はこの人から流行が始まったという発信源は特定されていませんが、2018年前後には女子中高生を中心として使われ始めていたとされています。

SNSの発展に伴い、女子中高生だけではなく幅広い世代に認知され、使われるようになったんだとか。

好きピの元ネタ

好きピの元ネタは、元々女子中高生の間で大流行していた「彼ピ」という言葉だとされています。

彼ピの変化形として作られ、その可愛い響きから一気に大流行したんですね。

好きピと彼氏の違い

好きピは「好きなピープル」という言葉を縮めた言葉であり、あくまでも「好きな人」という意味。

それに対し彼氏は既に思いが通じてお付き合いをしている状態の男性を指すためその意味は全く異なります。

また彼ぴという表現も「彼氏」と同じ意味となり、彼ぴっぴという言葉になると「友達以上ではあるけれど、まだ恋人同士ではない」という関係性を指す言葉となります。

相手との親密度の違いによって使い分けるのがおすすめ。

好きピはもう古い?

2018年頃から使われている言葉であり、現在のZ世代と呼ばれる若い世代ではもうあまり使われることはなくなってきた言葉の1つ。

ですが完全に死語というわけではなく、好きピの発展形である「しゅきぴ」がアーティストの曲のタイトルに使われているなど、現在も細く長く生き残っている言葉と言えるのではないでしょうか。

まとめ

今も使われている流行語の1つがこの好きピです。

幅広い対象に使う事が出来ますが、若者言葉発祥の単語なのでもちろんビジネスシーンや目上の人との会話では使う事が出来ませんのでご注意くださいね。

created by Rinker
¥3,300
(2024/04/15 15:22:00時点 Amazon調べ-詳細)

error: Content is protected !!