カタカナ語

「サステナビリティ」の意味とは?SDGsやCSRとの違い|英語例文

「サステナビリティ」の意味とは?SDGsやCSRとの違い|英語例文

「サステナビリティ」という言葉を聞いたことはありますか?

地球環境問題やSDGsの広がりにより私生活ではもちろん、あらゆるビジネスシーンにおいて「サステナビリティ」という言葉を耳にする機会が増えてきたことと思います。

しかし、聞いたことはあるものの、実際に聞かれたら説明は出来ないという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、その「サステナビリティ」という言葉について解説します。

【スポンサーリンク】

「サステナビリティ(sustainability)」とは?

「サステナビリティ」とは英語の「sustainability」で「持続可能性」という意味の言葉です。

英語の「sustain」という「持続する」や「維持する」という意味を持つ言葉の名詞形です。

環境をはじめ、社会や経済を持続可能にしていくという取り組みや考え方です。

「サステイナビリティ」と表現されることもあります。

また、似たような言葉として「サステナブル」があります。

「サステナブル」とは、英語の「sustainable」で「持続可能である」とか「持続可能な」という形容詞になります。

用法が違いますが同じ意味の言葉です。

>>エシカルの意味とサスティナブルとの違い!エシカル消費・ファッションについて解説|英語例文つき

「SDGs」との違いとは?

SDGs

「SDGs」とは、「Sustainable Development Goals」の略称で、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されます。

2015の国連サミットにおいて2030年までに持続可能でより良い世界の実現を図るための目標として採択されたものです。

17のゴールと、それら各ゴールの達成に向けた169のターゲットから構成されています。

サステイナブルな社会の実現のための具体的な目標がSDGsであると言えます。

「CSR」とは?

似たような場面で用いられる言葉として「CSR」があります。

CSRは「Corporate Social Responsibility」の略語で「企業の社会的責任」を意味します。

企業は自社の利益を追求するだけでなく、法令を遵守したり、説明責任を果たしたりという社会的責任も果たすべきという考え方です。

サステナビリティは企業だけでなく、国や個人など社会全体が対象で、CSRは企業の事業活動に限られています。

「ガバナンス」の意味やビジネスでの使い方!内部統制やコンプライアンスとの違いは?|英語例文つき
「ガバナンス」の意味やビジネスでの使い方!内部統制やコンプライアンスとの違いは?|英語例文つき「ガバナンス」という言葉を聞いたことはありますか? 昨今、会社企業の不正や不祥事のニュースが相次ぐ中で、「ガバナンス」という言葉を...

「サステナビリティ」の使い方

「サステナビリティ」とは、日本語で「持続可能性」を意味する言葉でしたね。

「サステナブルな社会の実現」などの表現で、環境問題や消費社会問題に対して警鐘を鳴らすように急速に広まり、もはや聞かない日はないという程の言葉ですね。

ここでは、「サステナビリティ」という言葉がどのように使われているか、実際の使用例を見てみましょう。

  • サステナビリティ経営
  • サステナビリティレポート
  • サステナビリティボンド

などがあります。

一つずつ、詳細を見てみましょう。

「サステナビリティ経営」とは

「サステナビリティ経営」とは、環境、社会、経済の三点において持続可能性を追求し、事業のサステナビリティ(持続可能性)向上を図る経営を意味します。

「サステナビリティレポート」とは

「サステナビリティレポート」とは、サステイナブルな社会の実現に向けて、各企業がどのような取り組みをしているかを示す報告書です。

営業利益のみを追求するのではなく、企業として持続可能な社会に貢献していくことが重要視されています。

「サステナビリティボンド」とは

「サステナビリティボンド」とは、金融用語で、資金の使途が、地球環境および社会化課題解決に関するプロジェクトに限定されている債券を意味します。

英語でネイティブはどのように使う?

「サステナビリティ」という言葉を実際の英語圏では、どのように使っているのでしょうか。

英語圏でも「sustainability」として、そのままの意味で使うことが出来ます。

実際の英語圏での使用例として、以下の例文を参照ください。

「sustainability」の英語例文

Ex 1) We need to present about the environmental sustainability as well.

(我々は環境持続可能性についてもプレゼンする必要があります。)

Ex 2) Sustainability is the key factor as a bland image.

(ブランドのイメージとして、サステイナビリティは重要な要素です。)

Ex 3) This is the plan to ensure the long-term sustainability of the project.

(こちらがプロジェクトの長期的持続性を確保するための計画になります。)

まとめ

いかがでしょうか?

地球環境問題やSDGsにより、私生活ではもちろん、あらゆるビジネスシーンにおいて、頻繁に使われている「サステナビリティ」という言葉の意味と、その使い方、そして英語での例を見てみました。

それらを通じて、「サステナビリティ」という言葉を理解できたかと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。