ビジネスに役立つ雑学・スキル

出張が多い家庭は夫婦円満になる?お互い自分の時間がとれてリフレッシュに!

出張が多い家庭は夫婦円満になる?お互い自分の時間がとれてリフレッシュに!

既婚の方、お子さんがいる家庭では出張はマイナスに思う方も多いかと思いますが、実は悪い点ばかりではないんです!

新婚ホヤホヤで常に一緒にいたい!という夫婦には出張はデメリットしかないのかもしれませんが、結婚して数年経てば1人の時間が欲しくなりますよね(笑)

そこで今回は現在子育て中!というおーすーさん(28歳)の思う出張のメリットやデメリットなどを伺いました。

【スポンサーリンク】

出張が多い家庭は夫婦円満になる?

私は営業推進というエリア営業のサポート部署に所属しています。

行う業務としては、エリア営業の商談サポートや売り場改装など、多種にわたった仕事となっています。

その私は、既婚者であり、子供が二歳とゼロ歳のこどもで計二名いるにもかかわらず、入社以来からずっとおなじ業務をおこなっており、出張が多い仕事になります。

そんな私の生活のなかで出張が多いことから感じる、メリット、デメリットについて紹介させて頂ければなと思います。

出張でお互いの時間を確保できる

まず、メリットとしては、ある程度に夫婦二人の間でのお互いの時間を確保できるという点です。

どうしても、夫婦というのは元々の育ってきた環境も異なる二人になりますので、ずーっと一緒に生活するというのは息苦しさを感じるものがあります。

そのため、週に一回ほど出張で宿泊を行っていますが、そこまで寂しいという話もきくことはなく、ほどよいリフレッシュの時間になっているようです。

また、私自身も、自由にお酒を飲んだり、携帯を見たり、会社の人と時間を気にせずに話たりなど、心に余裕ができるのは非常に助かります。

たしかに、大きい取引先との商談などもあり、非常に息苦しいという日もありますが、

トータル的には心身ともにリフレッシュできる時間を確保できるということを考えると、出張が多いということは、それなりのメリットにあたるのではないのかなと個人的には感じております。

デメリットは子供と遊ぶ時間をとれないこと!

一方、デメリットも当然のようにあります。

それは、冒頭にて子供がいるという紹介を記載しましたが、その子供との距離感です。

私には二歳とゼロ歳の子供がいますが、出張に行ってくること自体、まったく寂しいと思っていない状況です。

というのは、二人とも母親にべったりだからです。

まぁ、いつも居るのは母親だからということになるのかなと、個人的には感じているところになります。

私自身、仕事の関係ということもありますが、家に不在という時間が非常に長いのが現状で、なかなか子供たちとゆっくり遊ぶという時間がとれていない現状にあります。

そのため、私への依存がそこまでなく、普通に行ってらっしゃいと手を振られます。

それに対し、母が一人で外出しようとすると、泣き始めてしまう始末です…。

家に居ないばかりに、子供たちが私という存在に関心が無いように感じるのは非常に悲しい次第です。

家計のため、家庭のために働いているとは思いますが、それにより、家族での時間が失われてしまうような仕事というのは少し寂しい気持ちもあります。

結論、私の精神的なダメージによるデメリットということにはなりますが、出張が多い自身が感じるデメリットになります。

まとめ

メリットでも記載しましたように、私および妻ともに、出張によってひどく疲労を感じたりということはなく、むしろ、リフレッシュになっているような状況にあります。

子供もそこまで悲しいという感じは受けないとも聞いているので、我が家に関しては、出張におけるメリットの方が大きいのではないかなーと感じています。

単身赴任など、極端に既婚者、子持ちという状況で離ればなれになる状況の場合は、まったく違う考え方になるかもしれませんが、適度に、出張がある聞については、そこまでのマイナス点はすくないのかなと感じています。

あとは、出張先でのお土産などは適度に買っていくのがいいかもしれません。

少なくとも、私が出張で不在の際は、妻が子供のお世話など、家庭のことをすべてやってもらっているような状況にあります。

それぞれの、ご当地のお土産くらいは楽しみに待ってもらっておくという関係性は続けていくべきだなとも思いますし、出張があるからこその特典、メリットなのかなとも思います。

子供が大きくなっても同様で、出張が多いという置かれた環境は、自身が思いきった行動をとらない限りは変わらない環境になりますので、

出張を活用した子育て、情報の提供などを行っていきたいなと思っています。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。