海外赴任・出張(国内外)

出張が多い仕事のメリット・デメリットは?出張時の女性の服装・持ち物について【女性向け・国内】

出張が多い仕事にはどんなメリット・デメリットがあるかといえば、まず思い浮かぶのは

「会社のお金で色々なところに行ける」ということではないでしょうか。

この記事では、出張が多い仕事のメリット・デメリットを紹介します。

また、出張時の女性の服装・持ち物(国内)についても解説したいと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

出張が多い仕事のメリット

転職の面接で私服指定と言われた時の「私服の選び方」を転職エージェントが解説!

①会社の経費で、マイルやポイントが貯まってとにかくお得!

出張では貯まるものがたくさんあります。

まず飛行機のマイルは、貯めることで自分の個人旅行に当てることができ、気軽に旅行に行くことができます。(会社によって違うこともあるので確認してください)

合わせて、自分が貯めているクレジットカードのポイントも貯まるので、商品券にしたりポイントで買い物に使えます。

新幹線出張なら東海道新幹線でポイント貯めると、グリーン車へのグレードアップも可能なので出張や旅行でリッチな気分を味わえます。

また宿の手配を楽天トラベルで行えば、楽天ポイントが貯まりますし、じゃらんなら貯まったポイントで旅行に行ったり、

じゃらんポイントはホットペッパーポイントとしても利用できるので、出張で貯めたポイントを美容院やネイルに使えます。

②全国各地の美味しいものが食べられる

行った先で美味しいものが食べられるのも出張の醍醐味です。

特に地方に行くと、出張に来てくれるだけで喜ばれるので、現地の人がごちそうしてくれることも、しばしば。

日帰りだとしても、駅や空港でご当地グルメは食べれるので楽しむことができます。

③観光ができる

月曜日や金曜日に出張を入れることで、休みの日に観光することもできます。

自分で旅行しようと思うとお金と時間がかかりますが出張と合わせるとだいぶお得になるので、旅好きの人には出張はおすすめです。

④仕事がはかどる

意外なポイントは、移動中の電車や飛行機は資料作成やアイデア出しなど仕事がはかどります。

誰かに話しかけられたりすることもなく、電話応対も自分の判断でできるため、行いたい仕事に集中できて効率があがります。

またいつもと違う環境に身を投じることで、考え事にも適していて、アイデアが出たりします。

出張の多い仕事のデメリット

①疲労度が大きい

いくら飛行機や新幹線で座っていられるからと言っても、高速遠距離移動なので、身体への負担は大きいです。

また普段合わない人との仕事や勝手が分からない場所での仕事になるため、気を遣うことも多く精神的にも疲れます。

②荷物の準備が大変

女性ならではですが、化粧ポーチやスキンケアなど宿泊となると必要なものが多いため、荷物の準備が面倒であること。

また急遽の出張となると、それらを現地調達する必要があるため、手間がかかります。

出張時の女性の服装・持ち物について

服装について

長時間座っていることになるので、できるだけ楽な服装を心がけています。

ウエストがゴムのワイドパンツなどは重宝します。

宿泊の時は、できるだけ荷物を減らすため、パンツやスカートは同じものを履き、トップスをまったくイメージの違うものを持っていって、印象を変えるようにしています。

また突然の出張や宿泊の際は、ユニクロやGUにお世話になっています。

またお客さんと会う場合は、ジャケットが必須かと思いますが、ストレッチ素材のジャケットを一着持っているとシワがつきにくいのでおすすめです。

持ち物について

女性な男性より必要なものが多いため、持ち物が増えがちです。

なので、できるだけアメニティが揃っている、特に女性向けのアメニティが充実している宿を調べて、スキンケアやヘアケア用品を持参しなくていいようにしています。

アメニティが充実していない宿の場合、私はいつも使っている保湿パックを持参することで、少しでも荷物を軽くしていました。ホテルの乾燥対策にも良いです。

乾燥という点では、ホテルで喉をやられることが多いので、かならずマスクは持参購入して、装着して寝ています。

寝間着に関しては、基本的にホテルに常備されているのを着用しますが、バスローブやワンピース型のようなところも多く、ズボンがなく足元が冷えるため、レギンスを1つ持参しておくと安心です。

出張時はパソコン持参などでバッグが重くなるので、基本リュックで移動しています。

急遽の資料や現地で増えた資料をいれたり、現地で買ったお土産などを入れるために、エコバッグは持っておくと使えます。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。