言葉の意味と使い方

「戦う」と「闘う」の違いは?意味と使い分け方!|例文つき

「戦う」と「闘う」の違いは?意味と使い分け方!|例文つき

「戦争でたたかう」

「ボクシングでたたかう」

「睡魔とたたかう」

色々なたたかいがありますが、「たたかう」という言葉には「戦う」と「闘う」という漢字がありますね。

どちらも新聞などでもよく使われていますが、どのように使い分けたら良いのかわかっている人は少ないかもしれませんね。

今回は、「戦う」と「闘う」の違いは?意味と使い分け方!|例文つきについてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「戦う」と「闘う」の違いは?

「戦う」と「闘う」は、どちらも「たたかう」ですし、どちらもたたかう時(笑)に使いますよね。

同じ意味では?と思う人も多いと思いますが、次のような違いがあります。

  • 「戦う」は「勝ち負けや優劣を競う」
  • 「闘う」は「激しく争う。困難に負けまいと努力する」

「戦う」の方は、戦争や試合などで、勝ち負けや優劣を競う時に使う言葉です。

「闘う」の方は、激しい争いをするという意味で使いますので、優劣を競うということではありません。

また、「権力と闘う」「眠気と闘う」といったように、困難や障害に立ち向かって乗り越えようとする、という意味でも使います。

「戦う」と「闘う」にはこのように意味や使い方に違いがありますので、それぞれについて詳しくみてきましょう。

「戦う」の意味

「戦う」は「武力を用いて互いに争う」「互いに技量などを競い、勝負を争う」という意味です。

「たたかう」と読みます。

「戦」は、「いくさや試合、競争でたたかう」という意味があります。

まさに戦争の戦、またスポーツでも○回戦とか対抗戦などと使いますよね。

「戦う」は、勝ち負けを競ったり、相手を負かすためにたたかうということです。

「闘う」の意味

「闘う」は、「激しく争う」「対立するもの同士が自分の利益や要求の獲得のために争う」「苦痛や障害を乗り切るために努力する」という意味です。

こちらも「たたかう」と読みます。

「闘」は「たたかう。たたかわせる」という意味です。

激しい争いをするという意味で広く使いますが、特に「戦う」との使い分けとして、「困難に打ち勝つためにたたかう」という意味合いで使うことが多いと覚えておきましょう。

物理的に殴り合ったり武器で攻撃しあったり、球技をしたりして勝負するのではなく、自分の利益や要求の為に障害となるものに立ち向かうということです。

自分と闘う、権利拡大のため闘うなど、闘いの相手そのものは形のないものであることが多いです。

「戦う」と「闘う」の使い分け方

「戦う」と「闘う」の意味の違いは、

  • 「戦う」は「戦争や試合で争う」
  • 「闘う」は「思想や利益のため争う。困難や苦痛を乗り越えようとする」

ということで、使い方にも違いがあります。

「戦う」は勝ち負けや優劣をつけることが目的ですから、戦争やスポーツの試合といった物理的な争いを表すのに使います。

「反乱軍と戦う」とか「Aチームと戦う」といった、実際に戦争や試合をするということですね。

「闘う」は苦痛や障害といった目に見えない形のないものについて争う時に使います。

病気と闘うとか、権利のために闘うなどの使い方をします。

それぞれ例文で確認しておきましょう。

【「戦う」の例文】

  1. 二回戦では強豪校と戦うことになる。
  2. 彼は試合に向けて「全力で戦います」と述べた。
  3. 同じ民族同士で戦うのはよそう。
  4. 大国と戦って負けた。

【「闘う」の例文】

  1. 権力と闘うためにきちんと法律の知識を持ちたい。
  2. 彼女は病と闘って打ち勝った。
  3. 買い物に行くたびお菓子売り場の誘惑と闘っている。
  4. お昼ご飯をおなかいっぱい食べたので午後は眠気と闘うことになった。

「戦う」と「闘う」の類義語

「戦う」と「闘う」の類義語には次のようなものがあります。

  • 争う(相手に勝ろうとして張り合う。敵対する)
  • 競う(負けまいとして張り合う)
  • 張り合う(互いに負けまいとして競い合う)
  • 勝負(勝ち負けを決めようとして争うこと)
  • 競争(勝ち負けや優劣を人と競り合うこと)
  • 戦闘(たたかい。いくさ)
  • 抗争(さからい争うこと)
  • 闘争(たたかうこと。争い)
  • 敵対(敵として相手に対すること)
  • 手向かう(逆らって立ち向かう。反抗する)

まとめ

「戦う」と「闘う」は同じように使われていることも多いですが、厳密にはこのような違いがありました。

戦争やスポーツなど、相手がいて物理的にたたかうという時は「戦う」、困難や障害など、目に見えないものに立ち向かうという時は「闘う」となります。

ぜひ区別して使ってみてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。