「共々」の意味と使い方!目上の人や謝辞では失礼にあたる?

結婚式の謝辞や、様々なスピーチって難しいですよね。

特に、避けるべき表現などがたくさんあって困ってしまいます。

避けるべきマナーとして「忌み言葉」や「重ね言葉」がありますよね。

結婚や、お葬式が重ならないように「忌み言葉」や、「重ね言葉」は避けるように言われています。

それでは、「共々」という言葉も「重ね言葉」に当たるのでしょうか?

また、目上の方に使っても良いのか知っていますか?

間違えて使ってマナー違反と思われたくないですよね…。

という事で、今回は「共々」の意味と使い方!目上の人や謝辞では失礼にあたるかについて、ご説明致します!

【スポンサーリンク】

「共々」の意味と使い方

「共々(ともども)」の意味を調べてみると、「一緒にあることをするさま。また、同じようであるさま。ともに。そろって。」と出てきます。

スピーチやメール、手紙の中で「夫婦そろって」「公私ともに」という意味で、「夫婦共々」「公私共々」というように使われています。

「共々」は目上の人に使える?

「共々」は目上の人を指す場合には使えるのでしょうか?

結論から言うと、目上の人を指す場合には使わない方が良いです。

目上の人を指す際に「共々」と使うと、失礼に当たる場合が多いです。

ですから、「共々」は基本的には身内に使うのが良いと覚えておきましょう。

たしかに、目上の人に対して「 御家族の皆様共々お体を大事になさって、お元気でお過ごしください。」と言うのは、違和感がありますよね。

言い換えるなら、「ご家族様におかれましては」または、「ご家族の皆様方におかれましては」などとするのが良いでしょう。

気を付けましょう!

【スポンサーリンク】

「共々」は謝辞で使ってはいけない?

結婚式の謝辞やお葬式などの挨拶で避けるべき言葉として、「重ね言葉」があります。

一生に一度であるべき結婚式やお葬式の際には、繰り返される事が連想される「重ね言葉」を避けるのがマナーとされているからです。

では、「共々」も使ってもいけないのでしょうか?

調べてみると、「共々」は使っても良いそうです。

謝辞の中で、「○○(妻の名前)共々よろしくお願いいたします。」というのは良く使われており、問題ないとされています。

ただ、やはり気になるという方もいますよね。

そういう場合は、「○○共々」を「私ども」「私たち二人」と言い換えるのが良いでしょう。

結婚式では「忌み言葉」を避けて「ケーキを切る」ではなく、「ケーキにナイフを入れる」と言い換えますよね。

間違って使ってしまわないように、具体的な「忌み言葉」の例を見てみましょう。

【重ね言葉】

かえすがえす、かさねがさね、またまた、たびたび、わざわざ、くれぐれも、皆々さま、ますます、いろいろ、どんどん、もともと、次々、しみじみ

【繰り返しになる言葉】

重ねて、再度、もう一度

【不吉な言葉】

滅ぶ、裂く、負ける、苦しい、嫌う、悲しむ、衰える、別れる、壊れる、切る、戻る、やめる

しきたりを重んじる地域や年配者の多い式では特に注意するべきですが、過敏になりすぎるのも良くありませんよね。

気にしすぎるあまり、不自然な言葉になるのも避けたいものです。

【例文】

  1. たくさんのご祝辞や励ましのお言葉をちょうだい致しまして、○○共々、心から御礼申し上げます。
  2. 大勢の方々にお越しいただき、○○共々、大変嬉しく思っております。
  3. 今後とも夫婦共々よろしくお願い申し上げます。
  4. これからも親子共々ご指導いただきますよう、お願い申し上げます。
  5. 家内共々恐縮しております。
  6. 家族共々よろしくお願い申し上げます。
  7. 夫婦共々家族ぐるみのお付き合いをよろしくお願いいたします。

まとめ

いかがでしたか?

スピーチの原稿を作成する時は、たくさんチェックする必要があって大変ですね。

ただ、スピーチなどで、間違えて「忌み言葉」を話してしまった場合、慌てて言い直すよりも、そのまま流してしまった方が良いそうです。

意外と気にしていない人も多いからです。

何より、自分の言葉で思いを伝えれれば良いですよね。

宜しければ参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

この記事が役にたったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + 2 =