「とりあえず 」はビジネスメールではNG?言い換え方は?

会社でメールを送る時に悩むのが、敬語ですよね!

丁寧な言葉を使った気になっていても、間違った敬語を使ってしまうと失礼になってしまいます。

取引先から来たメールに対し、自分では判断しかねる内容に対し、「とりあえず検討させてください」などと返答してしまったことはありませんか?

実は、「とりあえず」は敬語ではないため、とても失礼な文章になってしまうのです。

でも、「とりあえず」って便利な言葉ですよね。

言い換えるなら、どんな言葉があるでしょうか?

という事で、今回は「とりあえず 」はビジネスメールではNG?言い換え方について説明致します!

【スポンサーリンク】

「とりあえず」はビジネスメールではNG?

「とりあえず」は「急いで、間に合わせの処置として。まずさしあたって。一応。」という意味です。

先ほども述べたように、「とりあえず」は敬語ではありません。

メールを送る相手に、「一応」と言う意味のある「とりあえず」という言葉を使うのは素っ気ない感じがして、失礼ですよね。

また、意図していなくても、適当だったり、妥協している印象を与えてしまいかねないです。

ビジネスメールでは、間違って使わないように気を付けましょう。

あいまいな表現にも注意

メールだけでなく、ビジネスの会話の中で「とりあえず」の他にも「一応」「だいたい」「たぶん」など、あいまいに聞こえる表現を使うのは適切でないとされています。

なぜ「とりあえず」「一応」「だいたい」「たぶん」などのあいまいな言葉がビジネスでは適切ではないのでしょうか?

それは自信の無さを表してしまうからです。

また、失敗する事が前提であるような印象を与えてしまいます。

そんな会社と取引をしたいと思う人はいませんよね。

また、上司に何かを報告する際にも、あいまいな表現は避けた方が良いです。

ビジネスシーンで使わないように注意しましょう。

「とりあえず」の言い換え方は?

「とりあえず」をそのままメールで使うと、失礼になってしまいます。

それでは、「とりあえず」を言い換えるなら、どんな言葉が良いでしょうか?

言い換えるなら「ひとまず」や「まず」「取り急ぎ」を使うのが良いでしょう。

「とりあえず、ご案内まで。」を敬語に言い換えると、「まずは、ご案内まで。」になります。

「本来であれば、お目にかかってご案内するところですが、とりあえず」という意味が込められています。

「取り急ぎ」も「とりあえず」の言い換えとしてよく使われています。

しかし、「取り急ぎ」は「とりあえず」の意味合いが強いため、目上の人には使わない方が良いとされています。

また、「取り急ぎ、御礼まで。」という言い方も、御礼をする相手に対して失礼になってしまいますので、気を付けましょう。

「取り急ぎ」を目上の人に使う場合、「取り急ぎご連絡まで」と省略するのではなく、「まずご連絡まで申し上げます」、「まずご報告のみにて失礼致します」などと文章を最後まで書くと丁寧な印象を与えることが出来ます。

基本的には、「ひとまず」「まずは」を使うのが無難でしょう。

【例文】

  1. ひとまず、御礼まで申し上げます。
  2. ひとまず、ご報告まで。
  3. まずは、ご案内申し上げます。
  4. まずは、お礼かたがたご挨拶申し上げます。
  5. 取り急ぎ、お知らせいたします。
  6. 取り急ぎ、資料をお送りいたします。

【類語】

  • また
  • 改めて
  • さしあたり
  • 以上
  • それでは
  • 略儀ながら
【スポンサーリンク】

まとめ

いかがでしたか?

「とりあえず」はとても便利な言葉ですが、ビジネスメールでは失礼になってしまうんですね。

今回紹介した「ひとまず」「まずは」「取り急ぎ」などに言い換えて使っていきましょう。

また、ビジネスシーンでも「とりあえず」や「一応」など、あいまいな表現を使わないように注意しないといけないんですね。

少しの言葉の違いで、相手に与える印象は大きく異なっていきます。

ですが、形式にとらわれ過ぎず、気持ちを伝える敬語を使えるといいですね!

社会人になって、注意すべき事があって大変ですが、少しづつ慣れていきましょう!

宜しければ参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

この記事が役にたったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + 2 =