×
×
転職の基礎知識

Web(Skype)面接で落ちる原因は油断?服装や注意点を解説します!

Web(Skype)面接で落ちる原因は油断?服装や注意点を解説します!

大学卒業後、外食チェーン店を約100店舗展開する会社でエリアマネジャーとして約10年勤務し、その後、大学系列病院の総務部に転職し、総務部課長代理として勤務していました。

基本的にはWeb面接は行わないのですが、面接者の事情等を考慮して、過去に5回ほどですが、Web面接の面接官をしたことがあります。

Web面接では、Skypeを利用して面接をしましたが、面接の方もなれないWeb面接で大変でしょうが、面接する側のこちらもなれるまでは大変でした。

面接者の方には、前日までにインターネット環境が整っていて、騒がしくなく、しっかり話ができる場所を確保してもらい、Skypeの設定をしてもらいます。

念のため、前日にSkypeで連絡をとり、明日はよろしくお願いします、という形で準備はしておきました。

残念ながら、その時点で準備できなかった方にはお断りした方もいました。

面接当日、時間通りに連絡し、できるだけ当日会っているような状況を意識しながら、面接は始まります。

【スポンサーリンク】

面接官には上半身しか見えない!面接者はそこを利用すべし!

対面面接との違いといえば、どうしても、映像と音声にずれが生じて、スムーズに会話が進まないことがあり、お互いにチグハグしてしまうことがあります。

また、細かい表情や口調の変化などを感じることができないので、面接側としては、その点がとらえることが難しいです。

また、基本的に上半身しか見えないので、落ち着きのある人なのか、足先までしっかり落ち着いている人なのか見ることができません。

逆に言えば、面接者の方は、同じように会話がチグハグすることもあるかもしれませんが、必要以上に表情豊かにする必要もなく、必要以上にオーバーアクションをとる必要もありません。

上半身しか見えないということを利用して、目の周りに、正確にすぐに答えれるようにメモやノートなどの資料を置いておくことも可能です。

ただし、あまり目線をキョロキョロさせると、違和感があるので、それはやめた方がよいと思います。

服装や注意点は?裏技は白い紙を顔の下に置くこと?!

服装は必ず正装にしたほうが良いです。

画面上いくら上半身しか見えないかもしれないとはいえ、万が一ということもありますし、そこは対面面接をしているときと同じように、しっかりとした姿で面接した方が、気持ち的にもちがうと思います。

そして、できる限りスムーズな面接ができるように、スマフォの音量も事前にチェックしておいた方がよいです。

同じく、自分が映る角度も一度チェックしておいた方がよいです。

さらにいうなら、顔色や表情がきれいに映るように、白い紙を顔の下に置いておくと、照明替わりになり良いです。

あとは、充電だけはしっかりしておいた方がよいです。

途中で充電切れというのはさすがにルール違反ですので。

Web面接でも油断は禁物!面接官には画面越しに伝わると思っておく

Web面接において大切なのは、自分の考えや表情を伝えることも確かに大事ですが、微妙にずれる会話の中でも落ち着いて、しっかり相手の目を見て、コミュニケーションがとれるかどうかだと思います。

もし聞こえにくい状態になれば、正直にすぐに言って、お互いにとって、話しやすい環境になるようにお願いした方がよいです。

Web面接だからといって、どこか気持ちに隙があったり、面接官が目の前にいないことで、どこか油断したりしていると、面接官にもそれが伝わりますし、その姿が見えてきます。

そうならないためにも、あくまで、対面面接をしているつもりで、あえて、Web面接だからということを意識しないで、いつも通り面接に挑んだ方がよいと思います。

ABOUT ME
語彙力.com編集部
すべてのビジネスパーソンに向けて語彙力や仕事に関する情報を発信しています。 このサイトがあなたのビジネスパートナーになれれば幸いです。