「全然大丈夫」は間違い?言い換え方は?

突然ですが、「全然大丈夫です」という言い回しについて、どう思いますか?

若い人がよく使う言葉ですね。

テレビのバラエティ番組などでもよく耳にすると思います。

普通に使っているという人も多そうですが、この「全然大丈夫」、間違った日本語だと言われているのをご存知ですか?

若者がすぐに「やばい」「わたし的には……」などというのと同じように、日本語の乱れの例としてよく取り上げられています。

「全然大丈夫」は使ってはいけない言葉なのでしょうか?

言い換えるならなんと言えば良いのでしょうか?

ちょっと気になりますよね。

今回は、「全然大丈夫」は間違い?言い換え方は?についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「全然」の意味

「全然大丈夫」は正しいのか間違っているのか。

「全然」という部分について考えてみたいと思います。

「全然」は「(あとに打ち消しの語や否定的な表現を伴って)全く。まるっきり」「すっかり。全面的に」という意味の言葉です。

ちょっと使い方の違う、二つの意味があることがわかりますね。

一つ目の方は「全然……ない」という使い方で「全く……ではない」という意味になります。

二つ目の方では「全然……である」という使い方で「全面的に……である」という意味になります。

【例文】

  1. 今日のテストの答え、全然わからなかったよ。(全くわからなかった)
  2. その意見に、わたしも全然同意します。(完全に同意します)

「全然大丈夫」は間違い?

「全然大丈夫」は、「全然」の意味としては上の二番目の意味で使っているわけです。

「全然+肯定表現」は三省堂や岩波など、主な国語辞典にも載っている用法なので、「全然大丈夫」は間違いではない、と言えるでしょう。

ですが、例文であげた「全然同意します」などにも、違和感を感じる人が多いのではないでしょうか。

たまたま手元に小学生用の国語辞典がありますので「全然」をひいてみました。

「全然」副詞。まったく。まるで。(例)全然知らない。(使い方)あとに「ない」などのことばがくる。(ベネッセ『チャレンジ小学国語辞典』より)

学校の教育では、「全然」には打ち消しを伴うと教えているんですね。

実際、「全然+肯定」の使い方は、明治時代頃には広く使われていたようですが、戦後の現代語としては「全然+否定」がもっとも一般的となっています。

「全然+肯定」は俗語として残っているような状態です。

入試や各種検定試験でも「全然」を肯定表現で用いることは不適切、もしくは誤りであるとされているそうです。

このような現状を考えると、「全然大丈夫」は限りなく間違いに近い使い方であると言えるでしょう。

【スポンサーリンク】

「全然大丈夫」の言い換え方は?

「全然大丈夫」は間違いとは言い切れませんが、現代では不適切な用法でした。

あくまでも友達同士などで使う俗語だと思った方がいいですね。

ですから、ビジネスシーンなど、敬語を使うような場面では使うべきではありません。

他の言葉に言い換えるようにしましょう。

【「全然大丈夫です」の言い換え】

大丈夫かどうか聞かれた時

  • 全く問題ありません
  • 全く問題ございません
  • 何も問題ありません
  • 全く差し支えございません

何かに誘われた時や頼まれた時

  • 承知しました
  • 承りました

他にも、「全然いい」「全然美味しい」などというのも間違いかどうかと問われると微妙なところです。

ですが、これらはあくまでも俗語ですから、ビジネスシーンで用いることは不適切です。

「問題ない」「とても美味しい」など、失礼にあたらない、「正しい」と言い切れるような表現に言い換えるようにしましょう。

まとめ

「全然大丈夫」は文法的に間違いだ!とは言えません。

ですが、現代ではほぼ間違いだと言ってもよい言葉です。

ビジネスシーンはもちろん、日常でもよほど親しい人との会話以外では使わない方がいいですね。

「全然」には「否定」と覚えておきましょう。

「全然大丈夫」が口癖のようになっている人には、他の言葉に言い換えるのはなかなか難しいかもしれませんが、ぜひ練習しておきましょう。

敬語を使うべきシーンでは適切な敬語を使い、正しい日本語を使えるようにしていきたいものですね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



この記事が役にたったらシェア!