ビジネス敬語

「別添」と「別紙」の違いと使い分け方!「添付」の意味も解説!

「別添」と「別紙」の違いと使い分け方!「添付」の意味も解説!

「別添」と「別紙」は仕事をしていて、資料を作るときや受け取った時などによく使うような言葉ですね。

「別添の資料」とか「別紙の資料」などとよく聞くと思います。

意味や使う場面も非常に似ている「別添」と「別紙」ですが、この二つには意味や使い方の違いがあります。

よく使う言葉だけに、改めて辞書で調べる機会もかえってないのではと思います。

ぜひこの機会に確認しておきましょう。

「別添」と「別紙」の違いと使い分け方!「添付」の意味も解説!についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「別添」の意味と使い方

「別添」は「別に添えること」という意味です。

「べってん」と読みます。

「別」と、「添える」という字を書きますのでそのままですね。

「別添」は「別に添えること」ということで、特にメインの書類に別の書類を付け加える時に使います。

【例文】

  1. 別添した資料をご覧ください。
  2. 参考文献のコピーを別添しています。
  3. 別添された資料を参照する。
「注釈」の意味や使い方!記号や書き方・英語の場合はアスタリスク?
「注釈」の意味や使い方!記号や書き方・英語の場合はアスタリスク?仕事をしていく上で、文章を書く機会もあると思います。 職種にもよりますが、手紙や書類記入だけではなく、レポートや論文といったまとま...

「別紙」の意味と使い方

「別紙」

「別紙」は「別の紙」「別に添えた紙」という意味です。

「べっし」と読みます。

これも文字通りに解釈すると、「別」の「紙」ですよね。

この意味では「別紙に書き直す」などと使います。

もう一つの意味は「別に添えた紙」ということで、こちらが「別添」と似ているわけです。

メインの書類に付け加えられた別の紙のことを言います。

「別紙」の例文

  1. 別紙の記入例に添ってご記入ください。
  2. 詳細は別紙のとおりです。
  3. 別紙3をご参照ください。

「別添」と「別紙」の違い

「別添」も「別紙」も、ともに書類などに別の資料を付け加える時に使う言葉ですよね。

非常に似ていますが、この「別添」と「別紙」の違いは、

  • 「別添」は「外部の参考資料をつける時に使う」
  • 「別紙」は「自作の資料をつける時に使う」

となります。

「別添」は、本紙に関連する資料、参考資料などを、他のものから引用したりコピーをとったりしてつけることを言います。

「別添」は内容の補足や説明で、外部のものということですね。

それに対し、「別紙」は、本紙だけでは書ききれないときや、別に書いた方がわかりやすいと思えるときに、自分で作ってプラスする紙のことを言います。

また、「別添」と「別紙」には使い方の違いもあります。

「別添」は、名詞としても使いますが、「別添する」という動詞の形でも使います。

別に資料などを添えることを「別添する」というわけですね。

一方、「別紙」の方は「別に添えた紙」ということで、その紙のことを指す名詞です。

こちらは「別紙する」とは言いません。

「別添」と「別紙」にはこのような違いがあります。

「別添」と「別紙」の使い分け方

「別添」と「別紙」の使い分け方は、

  • 外部資料を添える場合は「別添」
  • 自作の添付資料を指す場合は「別紙」

を使います。

また、上の項で述べた通り、「別紙」は「別紙する」とは使わないという違いもありましたので気をつけましょう。

  • 「別添」は「(外部の)資料を添える」という行為のこと
  • 「別紙」は「添えた紙」というもののこと

という使い分けができるわけですね。

例文で確認しておきましょう。

「別添」と「別紙」の例文

  1. 資料を別添しました。(外部の資料を添えるということ)
  2. 別紙をご覧ください。(添えてある資料ということ)
新社会人へ!会社や仕事で使うビジネス敬語と用語25選!新入社員にとって、第一の関門は「敬語」と言っても過言ではありません。 「基本的な敬語は勉強してきた!」と思っていても、いざ会社の中...

「添付」の意味

「添付」

「別添」「別紙」に似た言葉に「添付」があります。

こちらも書類をつけるときによく使う言葉ですよね。

この「添付」は「書類などに、付け添えること」という意味です。

書類に資料をつける時や、メールで「添付ファイル」をつけるときにも使う言葉ですね。

「添付」と「別添」「別紙」の使い分けは、まず「添付」は「別添」と同じように「添付する」という形で使えます。

これは「別紙」との違いですね。

さらに、「添付」と「別添」は似ているのですが、「添付」には「別」という字が含まれていませんので「別に」添えるという意味を強調したいときは「別添」を使います。

「添付」の例文

  1. 資料を添付しました。
  2. 添付ファイルを参照してください。
  3. 免許証のコピーを添付してください。

まとめ

「別添」と「別紙」はどちらも書類に資料などをつける時に使う言葉で、とても似ていましたね。

どちらでも意味が通じることも多いとは思いますが、細かく見ていくとこのような違いがありました。

ぜひ意識して使い分けてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました!

ABOUT ME
三角 彩子
大学卒業後、出版社にて秘書・経理補助などの職種を経験。 退職後は塾講師、高校国語(現代文、古文、漢文) の添削指導員などを経て、長女を出産後は在宅でライターをしています。 社会人経験や国語の知識を活かし、秘書検定やビジネスマナー、国語などに関するライティングを主に行なっています。