「俯瞰」の意味と使い方!「俯瞰的に見る」とは?

突然ですが、「俯瞰」という言葉、知っていますか?

「俯瞰的に見る」などという表現がよく使われています。

ビジネス書や自己啓発本などにもよく出てきます。

子供のうちは使わない言葉かもしれませんが、大人になるとよく耳にすることと思います。

仕事の場でもいつ出てくるかわからない言葉です。

知らないという方は、ぜひこの機会に意味や使い方を知っておきましょう。

知っているよという方も、改めて「俯瞰」ってどういうことか、考えてみませんか?

今回は、「俯瞰」の意味と使い方!「俯瞰的に見る」とは?についてご説明いたします!

【スポンサーリンク】

「俯瞰」の意味

まず、「俯瞰」は難しい漢字ですよね。

読めない、という方もいるかもしれません。

「俯瞰」は「ふかん」と読みますので、正しく覚えておきましょう。

「俯瞰」は「高いところから見下ろし眺めること」という意味です。

「鳥瞰(ちょうかん)」とも言います。

「俯」は「うつむく」という意味の漢字です。

「瞰」は「高いところから下を眺める」という意味の漢字です。

ですので、「俯瞰」は文字どおり、「高いところから下を向いて見下ろして眺める」という意味になるんですね。

「俯瞰」の使い方

では、「俯瞰」はどういうときに使うのでしょうか。

言葉の意味どおり、高いところに登って下を眺めるときにも使います。

最近だと、ドローンで高いところから撮影するときにも使えますね。

これは物理的に「高いところから下を見る」というそのままの意味です。

しかしながら、ビジネス書などでよく出てくる「俯瞰」は、比喩的な意味であることが多いです。

「高いところから見下ろすように物事を見る」ということです。

つまりは「広い視野で、客観的な視点で、物事を見る」という意味なんです。

このように、「俯瞰」には言葉どおりの意味と、比喩的な意味とがあります。

前後の文脈やそのときの状況から、どちらの意味で使われているか判断しましょう。

【例文】

  1. タワーの展望台から俯瞰する景色は美しい。
  2. 施設全体の俯瞰図を描いた。
  3. ドローンによって俯瞰的な構図で撮影をした。
  4. 両国の関係を俯瞰し、平和に向けての具体的な取り組みを考えていこう。
  5. ときには自分の人生を俯瞰することが必要である。
  6. プロジェクト全体を俯瞰することで問題点が明らかになる。
【スポンサーリンク】

「俯瞰的に見る」とは?

ビジネスの場では、「俯瞰」は主に比喩的な意味で用いられます。

特に「俯瞰的に見る」「俯瞰的に見ろ」というような言い回しで用いられることが多いです。

では、「俯瞰的に見る」とは、どのようにすることなのでしょうか。

「見下ろす」という意味から考えると、「上から見下す」、「上から目線」のような感じがするかもしれません。

しかし、これは間違いです。

「見下す」わけではなく、「見下ろす」という意味なので、悪い意味ではありません。

先ほど見たように、「俯瞰」には「広い視野で物事を見る」という意味があります。

「俯瞰的に見る」と言われた場合、「物事を広い視野で、客観的に見る」という意味だと考えましょう。

「俯瞰」には「高いところから見下ろす、下を眺める」という意味があります。

ですので、「俯瞰的に見る」「俯瞰して見る」は「見る」ということが二重表現になり、間違いであるという人もいます。

確かに、「俯瞰する」だけで「高いところから見下ろして眺める」という意味になります。

厳密に言えば「俯瞰的に見る」「俯瞰して見る」などは二重表現ということになりますね。

しかし、例えば「歌を歌う」「体重が重い」などのように、同じ意味の言葉を二つ重ねることはよくあります。

必ずしも二重だから間違っているというわけではありません。

「俯瞰的に見る」なども、一般的に意味がしっかり通じますので、間違った表現ではありません。

安心して使ってくださいね。

まとめ

「俯瞰」は二つの意味がありましたね。

高いところから見下ろす、客観的に見る。

どちらも普段とは違った視点で見てみるという点では同じです。

仕事をしていく上で、さらには生きていく上で、時には「俯瞰」をして、全体を見直してみるということ、とても大切なのではないでしょうか。

よろしければ参考になさってみてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました!

【スポンサーリンク】

この記事が役にたったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + nineteen =